モグワン イギリス。 モグワンとピッコロを比較!シニア犬におすすめなのはどっち?

モグワン ドッグフードを専門家が評価!怪しい噂や口コミ評判/初回半額制度を解説

モグワン イギリス

2020年4月9日 高品質なドッグフードといえば累計販売数100万袋を突破している「モグワン」があげられます。 しかし、販売数や品質とは裏腹に、 悪評の口コミやステマサイトもあることをご存知でしょうか? 販売数が多いからこそ良い口コミ・悪い口コミどちらも多くなってはしまいますが、だからこそどの意見を信用していいのかわからなくなってしまいますよね。 そこで今回は、モグワンについて特徴や安全性を始め、気になる口コミの真相や愛犬に与えてみた私なりの評価についてまとめてみました。 チキンとサーモンがメインの高タンパクフード• 栄養バランスの取れたヒューマングレード品質• グレインフリーで無添加• コスパが良い• カナガンと同じ会社が開発したドッグフード チキンとサーモンがメインの高タンパクフード モグワンのメイン原料となるのは、イギリスで平飼いされた新鮮なチキンの生肉と、ヨーロッパ産の上質なサーモンです。 栄養バランスの取れたヒューマングレード品質 現在の犬は肉食に近い雑食なので、肉だけでは補いきれない必須の栄養素もあります。 そのため、肉のタンパク質だけではなく、サツマイモ・ココナツオイル・バナナ・カボチャなど、 肉にはない栄養価の高い原料をバランスよく配合しているのもこだわりのポイントです。 だからこそ、モグワンは全犬種の子犬・成犬・シニア犬に対応したドッグフードなのでしょう。 さらに、モグワンは人間が食べても問題ない品質、つまりヒューマングレードの原材料を使用して作られているのも安心できる特徴です。 グレインフリーで無添加 犬にとって穀物は消化を困難にさせる要素であり、 添加物は身体に悪影響を与えてしまう成分です。 そこで、 モグワンには穀類・香料・着色料不使用のグレインフリーで、なおかつ無添加のドッグフードとなっています。 保存料は天然由来成分のみなので賞味期間は短くなりますが、だからこそ新鮮で高品質な状態で愛犬に食べてもらうことができます。 dogfoodschool. 8kgで通常価格3,960円なので、 100gあたりに換算すると220円です。 これだけではコスパがいいのかわかりにくいと思うので、高品質なドッグフードの価格をいくつかまとめた表を作りました。 27kg/6,156円 約271円 品質がいい分、価格も高くなってしまいますが、モグワンは目立ってコスパがいいことが表をみてわかるのではないでしょうか。 ドッグフードを与え続けていく上で、コスパが良いというのは飼い主にとって選ぶ基準になるポイントの1つといえますね。 カナガンと同じ会社が開発したドッグフード モグワンはイギリスで80%以上のリピート率を誇り、あのエリザベス女王から表彰された経歴をもつカナガンドッグフードを作った会社が開発しています。 それだけ実績のある会社ですから、もちろんモグワンにも同様に品質や安全性にこだわりを持って生産しているので、累計販売数100万袋という偉業を成し遂げたのでしょう。 また、有名雑誌「CREA」で紹介され、ケツメイシさんが曲と映像を手がけたCMも放映されているので、モグワンの認知度はますます高くなっています。 モグワンの生産している工場はよりも厳しいと呼ばれる基準をクリアしているので、栄養基準だけではなく品質の安全性にも信頼ができるものとなっています。 ただ、原料が獲れる時期によってはアジア諸国で輸入をしていることを明かしており、その際に中国産原料が使われている「可能性がある」ようです。 しかし、国産の材料だけでなく輸入してきた原材料も、 残留農薬や化学物質を製造前・製造後の2度に渡り厳密検査をしているので、中国産原料といっても品質に信頼できるものしか輸入していません。 私は個人的に中国産原料を使っている可能性があるという点は少し気になりました。 モグワンは怪しい?悪評から見るステマ疑惑の真相に迫ってみた モグワンの良い口コミを見ていて、「明らか褒めすぎているし丁寧な説明でみるからに怪しい・・・」と感じたことはないでしょうか。 いわゆるステマ疑惑のある口コミになりますが、そうなると途端にモグワンは本当に良いドッグフードなのか疑ってしまいますよね。 そこで、モグワンの真相はどうなのか私なりに考察をしてみました。 モグワンのステマ疑惑 ランキング形式で大絶賛しているwebサイト達はアフィリエイト広告を貼っていました。 アフィリエイトとは、皆さんがwebページに掲載されている、特定の画像やテキストをクリックして商品を購入すると、アフィリエイト広告を提供する会社を介して、広告主よりwebサイト運営側に報酬が入る仕組みになっています。 もしやと思ってA8 アフィリエイト広告を提供する会社 の管理画面で報酬額を調べてみると ランキングの正体は金額の高い順でしたw このサイトでは、「モグワンがアフィリエイトでの報酬が高いために、商品を詳しく調べもしないアフィリエイターの方々がランキング1位に位置づけしている現状に注意しろ」ということを記事にしていました。 正直なところ、愛犬にとって良い影響が出るのであればステマかどうかは関係ない、というのが私の意見です。 大切なのは飼い主がドッグフードについて知識を蓄えて常に情報収集を怠らない、ということではないでしょうか。 モグワンが合わない子がいるのも当然ありますよね。 症状や食いつきから考えられる原因を探し出して、愛犬にとって合うか合わないかを考えるのが賢明でしょう。 dogfoodschool. 切り替え時の給餌量は適切か• 与える前の愛犬の体調はどうか• 従来のドッグフードの影響で便が硬くなっていただけではないか 原因を探るともしかしたら飼い主の行動や観察不足の場合もあります。 dogfoodschool. 信用しないで良い部分もある また、モグワンの 公式サイトでは「84%の獣医師が方がモグワンドッグフードを食べさせたいと回答しました」と記載されているのですが、対象人数は43人の獣医師です。 「これでは絶対的に母数が足りないので、84%はあまり参考にならないかもしれないからあまり期待しなくて良い」といった具合に、品質・安全性を吟味する上での判断材料にしていきます。 愛犬に与えたときの結果が悪い方向に出たときにステマのせいにしてしまうのも対応が甘すぎるのかなと感じました。 dogfoodschool. 株式会社レティシアンという代理店から定期購入しています。 まあ宣伝や売り方についてはステマっぽいしアフィっぽいし怪しいとは思いますが、それは今回は置いておいて、、 単にドッグフードとして、品質は良いものなんですよね?それが知りたいです。 うちの子は2年くらい?続けて食べてますがその個体に合う合わないあると思います。 それも置いておいてとにかく製品としては犬にとって良いものなのかを教えてください。 モグワンの成分や安全性をみると、製品自体には怪しさを感じません。 ただ、モグワンは セールスの仕方によって製品自体の価値を下げてしまっているのというのが正直な感想です。 やはり、悪い口コミも乱立してしまっている状態でランキング1位はおかしいので、アフィリエイトするにしてもアプローチ方法を改善するべきでしょう。 また、唯一製品自体に問題があるとすれば、輸入中の品質劣化です。 モグワンはイギリスの工場で生産されて日本に輸入されるので、輸入される間に温度などの影響によって品質が劣化してしまう場合があります。 品質が劣化することによって香りが失われてしまうからこそ、食いつきが悪いなどのデメリットが出てきてしまうのではないのでしょうか。 国内の工場で国産原料を使用した方が同じ製造方法でも圧倒的に香り・味・品質がキープできますからね。 株式会社レティシアンという販売会社について 株式会社レティシアンは、輸入代理販売を主として活動する会社で、モグワン以外にも以下のようなドッグフードを取り扱っている会社です。 カナガン• ネルソンズドッグフード• アランズナチュラルドッグフード• ピッコロ 株式会社レティシアンの親会社であるにドッグフードを取り扱っている旨が記載されています。 株式会社レティシアンの公式サイトがないことや、海外の有名なドッグフードを独占販売しているので、怪しいと思われることも多いのではないでしょうか。 しかし、 レティシアンのスタッフの中には動物栄養管理士の資格をもつ方もおり、日本の犬に合わせて作られたのがモグワンというこだわりもあるようでした。 株式会社レティシアンの口コミというのが少なく、事実かわからない情報も多かったので、正直なところ、会社の信用性は良い・悪いの判断をすることができませんした。 現状は会社というより、モグワンの製品にフォーカスを当てて良し悪しを判断するのが賢明でしょう。 モグワンは怪しい口コミもあるが良い口コミもある モグワンには、褒めすぎでは!?という怪しい口コミもありますが、良い口コミもしっかりあります。 実際にモグワンを愛犬へ与えているリアルな口コミを紹介しますので、是非参考にしてみて下さい。 モグワンの良い口コミ はじめました😘 あげた瞬間たべよるし 食いつき良すぎ。 💩しっかりしてるし 涙やけも少し良くなったような。 やはり、犬に必要な栄養が豊富に入っているので、与え続けていると身体の内側から健康になってコンディションもよくなるといったところでしょう。 公式サイトで口コミをもっと見る モグワンを実際に与えてみた モグワンを私の愛犬に実際に与えてみてわかったことをまとめていきます。 よかった点もあれば悪かった点もあったので、ぜひ購入の判断材料にしてみてください。 香りは若干少なめだからこそ犬によって食いつきが分かれる オイルコーディングをしていないため、安全性においては高評価ですが、香りが少なめなのが気になりました。 香りは食いつきに関わってくることですし、口コミでも食べてくれないという意見があったので、香りの強さが影響しているのであればモグワンの数少ない残念なところでしょう。 ノンオイルコーディングで無添加のドッグフードは香りが弱いため、そのための工夫をすればさらによくなるのではないかなといった印象です。 ちなみに愛犬はそこまで食いっぷりはよくないものの、しっかりと食べてくれました。 ジップが付いているので保存が楽 2018年1月にパッケージがジップ付きになったそうです。 購入当初からジップが付いていたので私にとってあまり影響はありませんでしたが、2018年以前に保管方法に悩んでいた方にとってはメリットなのではないでしょうか。 また、もともと香りが少なめなので、空気に触れることによってさらに香りが落ちてしまうことを防ぎやすくなったとも考えられますね。 ジップをするときは袋の中の空気をしっかりと抜いて保管するようにしましょう。 うんちは最初だけ気になったが後は問題なし 愛犬はモグワンが合うタイプだったのかもしれませんが、 モグワンを与え始めは少し柔らかめのうんちをいつもより多い回数でしていました。 その後、よく観察しながら少しずつ前のフードと混ぜて与えていましたが、段々と落ち着いていたので、お腹がびっくりしたのかなという印象です。 中にはずっと下痢をしてしまう、うんちの量が多くて血便になってしまったという人もいたので心配でしたが、与え続けても問題なかったので一安心しました。 一方、 カナガンはチキンをメインにしているドッグフードなので、運動量が多い犬におすすめできるフードです。 また、対象年齢に関しても違いがあり、モグワンはオールステージに対して カナガンは生後2〜3ヶ月からとなっています。 対象年齢の違いも子犬の頃の方が必要摂取カロリーが多いため、カナガンの方が小さい時期からおすすめということなのです。 価格に関しては表をみてもらえるとわかるように、若干カナガンの方が安いという程度なので、さほど コスパに付いては変わりはないでしょう。 栄養についても、どちらも犬に必須な栄養素をバランスよく配合しているので、選ぶとするなら運動量や食材の好みによって分けてみるといいかもしれませんね。 カナガンドッグフードについては下記を参考にしてください。 モグワンドッグフードの評判まとめ モグワンはステマも多いドッグフードではありますが、 品質や安全性においては信頼できる食材・工場で生産されていることは確かです。 食いつきに関しては、香りが少し弱いなと感じたので、好みが分かれるところでしょう。 大切なのはステマだから選ぶ・選ばないではなく飼い主のドッグフードに対しての知識で安全性を見極めることです。 全てステマのせいにするのではなく、ドッグフードの原材料や良い口コミ・悪い口コミをみて、総合的な正しい判断をできるようになりましょう。

次の

モグワン だめ!悪評が大炎上!コレはチェックしないと最悪の事態!

モグワン イギリス

1kcal ただモグワンとカナガンは、レビューで悪い評判がちらほら。 どちらも良い意見ばかりで怪しいというイメージをお持ちの方もいると思います。 怪しい?モグワンとカナガンの口コミ評判は? 実際モグワンカナガンが怪しいかどうか、モグワンカナガンを愛犬に与えたことがある方の意見を見ていきましょう。 モグワンとカナガンの口コミ評判 今回は、モグワンとカナガンを犬猫に与えている方を対象に、 怪しいと思うかどうかアンケートを実施しました。 モグワンとカナガンはドッグフードとして怪しいと思うか?その答えと理由を聞いてみました。 1人目【怪しくない】 【モグワンは怪しいと思う?】 いいえ 【その理由は?】 一般的にホームセンターで市販されているフードの方が安価で危険な材料が使われているのでそちらの方が悪いフードだと思います。 モグワンは安心して与えられるフードだと思います。 【カナガンは怪しいと思う?】 いいえ 【その理由は?】 モグワンと同様。 2人目【怪しい】 【モグワンは怪しいと思う?】 はい 【その理由は?】 周りのペット関係の仕事の人が言っていたから 【カナガンは怪しいと思う?】 はい 【その理由は?】 アフィリエイトなどの噂をよく聞くからです。 たしかに世の中には広告収益で運営しているサイトは数多くあります。 当サイトもその類いですが、サイトは信用こそが第一のため、 自分たちで徹底調査したうえで「本当に良い」と判断した商品しか紹介はしていません。 ドッグフードに関して嘘の情報を発信するのはNGなので、モグワンとカナガンは質が悪いドッグフードではないことはたしかです。 3人目【一部怪しい】 【モグワンは怪しいと思う?】 いいえ 【その理由は?】 日に日に目やにが酷くなり毛質も脂っぽくなっていき、困っていたところモグワンの広告を見て家族で話し合い一袋だけ購入。 与え続けていくうちに目やにも減り、毛質もほどよいツヤツヤになりました。 ニオイがきつく、先住犬の方は 最初は食いつきが悪かったのですが3日も立たず食べるようになりました。 サイトは怪しいと思いましたが、購入してよかったと思います。 【カナガンは怪しいと思う?】 はい 【その理由は?】 あまりにもゴリ押し過ぎて怪しいと思いましたが、グレインフリーかつナチュラルフードとのことで購入に踏み切りました。 モグワンとカナガンの食いつきに関する評判は? モグワンとカナガンは食いつき良さも売りにしていますが、実際与えた方に、ドッグフードの食いつき具合や満足度を聞いてみました。 ただモグワンカナガンは、より多くの 犬が好みやすいニオイや味などを研究し、日々食いつきアップの工夫をしています。 【与えてよかった点はなんですか?】 アレルギー症状がおさまったことです。 どちらのドッグフードにも悪い評判と良い評判があり、レビューだけでは判断が難しいです。 ただ コスパなど本当に細かい点を見ていくと、モグワンとカナガンで多少差があることは分かりました。 長期的にみるとカナガンのほうがコスパが良い モグワンとカナガンの1日の給与量からコスパで比較してみると、カナガンのほうがモグワンより「若干餌代が安くなる」という結果となりました。 もっとシンプルに、体重3kgの成犬が1日70gのドッグフードを食べ続けた場合1日餌代がどれだけかかるか計算していきます。 98=138. 8kg 2kg 1袋使い切る期間 約26日 約29日 1日あたりの餌代 154円 139円 1日ドッグフードを70gずつ与えたとすると、まずモグワンとカナガンを食べきるまでに3日差が出ました。 そして結果1日あたりにかかる料金を計算すると、 カナガンの方が15円安いです。 たかが15円の差か…と思われるでしょうが、1ヶ月だと477円、 1年だと約5,621円違ってきます。 長期的に与えると想定したとき、カナガンの方が コスパは良くなりますね。 ちなみにモグワンとカナガンの 販売会社 株 レティシアンのスタッフさんに、正直モグワンとカナガンどちらのほうがお得なのか聞いたところ、カナガンのほうが コスパは良いと販売会社の方もお話していました。 モグワンとカナガンどちらも栄養価は十分 カナガンは、主原料としてイギリス国内にてストレスフリーの平飼いされたチキンが使われています。 チキンには動物性タンパク質、ビタミン、リンなど愛犬の筋肉維持、 毛並みや健康的な皮膚の維持など、身体づくりに必要な栄養素が豊富に含まれていて、モグワンのメイン食材でもあります。 加えてカナガンは野菜や果物、ハーブ類などもバランスよく配合されており、さらには 骨・関節サポートに必要なグルコサミン・コンドロイチンも豊富に含まれています。 反対にモグワンは、チキンだけでなくサーモンも使って香りを高め、肉と魚どちらの好みにも対応できるように工夫されています。 カナガンデンタルケアフード 通常のカナガンと同じくドライフードタイプで、海藻成分がたっぷりな「カナガンデンタル」という商品があります。 しっかり特許を取得している商品なので、長く続けて身体の内側から効果的な健康をサポートできます。 また通常のカナガンでは割引がありませんが、カナガンデンタルは初回1袋半額で購入できるメリットもありますよ。 ドライフードとは原産国が違いますが、原材料に使われている素材も新鮮なチキンの生肉を使用するなど品質の高さにも違いはありません。 なので、ウェットタイプのみを主食として使用することも、他のフードをトッピングしたりアレンジすることも可能です。 82kcal 参照: ビスケット おやつ タイプ カナガンには、サーモンが主原料のドッグビスケット サーモンがあり、魚のアレルギーがない子に、おやつとして与えることができます。 そのためメインのドッグフードではなく「 良いおやつをお探しの方」にもおすすめできるのです。 ただしおやつを与えた場合は、与えた量に応じて主食のドッグフードの給与量を減らし、 1日の食事量が一定になるように調節する必要があるので要注意です。 1kcal 原材料の数値まで細かく書かれているのはカナガン モグワンとカナガンの原材料を見比べてみると、モグワンとカナガンには原材料の表記の違いが見られました。 片方のフードにしか使用されていない原材料は オレンジ色にしています。 一見安全性に不安を感じるかもしれませんが、人工添加物を使用していないため、愛犬の健康への配慮は怠っていないと回答をいただきました。 モグワンとカナガンの基本情報 モグワンとカナガンの評判を色々ご紹介してきましたが、改めて2つのドッグフードの基本情報や成分を詳しく見ていきましょう。 モグワン カナガン 特徴• 魚が好みな犬の食い付きアップが期待できる• 老化防止効果が期待できるココナッツオイルを配合• チキンメインでタンパク質が多い• 関節サポート成分のグルコサミン、コンドロイチンが豊富 価格 税抜 3,960円 3,960円 内容量 1. 25kcal 原産国 イギリス イギリス 対応犬種 全犬種 全犬種 対応年齢 生後4ヶ月~シニア 生後2ヶ月~シニア モグワンとカナガンの基本情報を見てみると、どちらも 「イギリス」原産のドッグフード。 イギリスやドイツなどはペット先進国であり、 ドッグフードの品質は人間の食べ物と同じくらいしっかり管理されています。 モグワンには原材料に サーモンも含まれているので、「うちの子は魚のほうが好み」など食いつき具合に合わせて選んであげられますよ。 モグワンとカナガンの成分比較 モグワンとカナガンの成分を詳しく比較すると、関節サポート成分量がはっきり違い、どちらがどんな愛犬に向いているかがもっと具体的に分かります。 成分分析値を比べてみると、 グルコサミン・コンドロイチンの含有量に大きな差があります。 グルコサミンとコンドロイチンは、骨・関節サポートの役割をもっているため、子犬の身体作りやシニア犬の健康サポート、腰に負担がかかりやすいダックスなどに重要な栄養素です。 モグワンのパッケージや公式サイトでは、 「グルコサミン」「コンドロイチン」「リン」「マグネシウム」「ナトリウム」「カルシウム」「カリウム」の成分分析値は、 株 レティシアンに実際問い合わせて分かった内容です。 モグワンとカナガンはじつは開発元が違う モグワンとカナガンは、 株 レティシアンという会社が取り扱っているドッグフードなのですが、じつは開発元が違います。 モグワンは、 株 レティシアンとイギリスのドッグフード生産工場の専門家と共同開発したフードです。 そしてカナガンは、イギリスの Symply Pet Foods シンプリーペットフーズ 社が開発したドッグフードで、もともとイギリス国内で販売されているものを日本でも販売しています。 モグワンとカナガンはどちらも原産国がイギリスで、生産工場も同じという共通点はありますが、開発元自体は違うので、 元々別物として開発されたドッグフードだと覚えておきましょう。 補足 のドッグフードである「アランズナチュラルドッグフード」「ピッコロ」も同じ生産工場で作られています。 モグワンとカナガンのお得な購入方法は同じ! モグワンカナガンともに通常購入といわれる 「単品購入」と、決まった周期でフードが届く 「定期コース購入」「 まとめ買い」という3種類の購入方法があります。 気に入らなければいつでも休止できて、 しつこいドッグフードの勧誘がないのは安心できるところです。 不定期開催の100円モニターの裏側 モグワンカナガンどちらも「 100円モニター」が不定期で募集されます。 公式サイトでの募集はなく、モグワンとカナガンの「100円モニター」のバナー広告か 株 レティシアンのバナー広告から応募することができます。 ドッグフードとはまったく関係のないサイトでバナー広告が現れることもあるので、具体的に、どこのサイトでバナー広告が出現するかについてはレティシアンさん自身もわからないとのことです。 100円モニター募集の広告を見つけられるかは「運」といえます! レティシアンさんにうかがったところ、100円モニターの募集が不定期的に行われている理由は、 各ドッグフードの在庫量が関係しているそうです。 なのでドッグフードの在庫量により100円モニター募集人数も変わり、時期的なねらい目は、ほかの時期と比べ在庫量が多い「 夏 7~8月 」です。 ただし、暑さで食欲不振の愛犬にお試しで与える飼い主さんが殺到する可能性もあります。 また、ペット博などペットに関するイベントが数多く開催される春 3~4月 は在庫量も少なくなるため、すぐ限定人数に達して終了してしまうことが多いので注意しましょう。 レティシアンが販売する他のドッグフードと値段を比較 株式会社レティシアンが販売しているドッグフードは種類が多く、モグワンカナガンと比較してどのように違うのかも見ていきましょう。 今回はパッと見て比べやすくするため、あえて価格だけを比較してみました。 価格 税抜 内容量 ¥3,960 1. 8kg ¥3,960 2kg ¥7,800 5kg ¥3,960 1. 5kg ¥3,960 2kg 単純なコスパで見ると、ネルソンズが5kgで7,800円なので一番レティシアンのドッグフードのなかでお得に見えますね。 ただネルソンズは大粒のフードでどちらかというと大型犬向け。 小型犬に新鮮なまま与えることを考えると、1. 8kg3,960円のモグワンがコスパNO1と言えます。 まとめ:モグワンとカナガンは2つとも市販のドッグフードよりはるかに安全 モグワンとカナガンには悪い評判もありますが、 市販のなにを使っているのかよく分からないドッグフードより栄養価は高いドッグフードなのはたしかです。 怪しいのはあくまで宣伝方法で、ドッグフード自体の質が悪いわけではありません。 モグワンとカナガンに優劣を付けるのは実際難しいですが、改めてモグワンとカナガン2つのフードでどちらが「どんな愛犬に向いているか」まとめました。

次の

ステマの噂の真実!モグワン・カナガン悪評の裏側|レティシアンって怪しい会社なの?

モグワン イギリス

そもそも私がモグワンに興味を持ったきっかけは、 イギリスのカナガンスタッフと日本の会社レティシアンの開発チームが共同で作った商品だと聞いたことでした。 カナガンはうちのワンコ達に一番いいと思って食べさせてきた無添加ドッグフード。 そこに日本人の感性がプラスされたと聞けば期待しちゃいます。 モグワンという商品名も日本的でかわいいですし。 でも、モグワンの口コミを調査すると、良い評判ばかりではなく「食いつきが悪い」「ステマだ」などのネガティブな声もあるため、本当はどうなの?と混乱している飼い主さんも多い気がします。 確かにネットには実際に試したことがないのに大絶賛している、逆に悪評を広めているドッグフード紹介サイトもあるので、実態がつかみにくい面があると思います。 その後に「肉類(鶏・七面鳥)」「動物性脂肪」などのイマイチ由来がはっきりしない動物性タンパク質源の表記が続きます。 でも、犬は穀物の消化が苦手であり、特にトウモロコシ・小麦は消化不良やアレルギーの原因になりやすい素材です。 5%、水分8. 5%、100gあたりエネルギー361kcal 同じイギリス産の平飼いチキンが使用されている点、消化がよく食物繊維豊富なサツマイモが使用されている点、海藻やハーブが効果的に使われている点、穀物不使用、無添加などの類似点が数多くあります。 でも大きな違いは モグワンには魚(サーモン)の肉が使われているところ。 サーモンは低アレルギーで、アスタキサンチン(老化や病気の一因になるサビと戦う働きで注目の成分)を多く含む食材です。 鶏肉に特化したカナガンに対して、サーモンが使われているためか、成分表示を見ると モグワンの方がかなり低脂質。 肥満にお悩みのワンちゃんの他、シニア犬にもモグワンの方が合うと思います。 また、モグワンにはバナナ、パパイヤ、カボチャ、トマト、ショウガ、アスパラガスなど、 カナガンには使われていないフルーツや野菜も多く含まれています。 ただ、そもそもドッグフードの匂いって、人間がスゴく美味しそうと感じるものじゃない気がします。 犬と人では好むニオイが違いますので・・・ 特にモグワンは市販の多くのドッグフードと違い、合成香料を使ってません。 これが 素材の本来の香りです。 良質な素材を使っているから、人工的に匂いを調整する必要がないんだと思います。 カナガンもそうなんですが、実はこの素材本来の香りこそが犬が自然に食欲をかき立てられるニオイなんですよね。 あと、ドッグフードの臭いがそのまま口臭に出るわけじゃありません。 モグワンを食べさせて、もう半年以上経ちますが、上の子も下の子も口臭は気になりません。 モグワンにはそのような素材が一切含まれていないので安心かと。 もし本当に食いつきが悪いなら・・・ うちは2匹ともガツガツ食べるので実感が湧かないのですが、もし「食いつきが悪い」「食べない」というワンちゃんがいるなら、それは魚(サーモン)の匂いに慣れていないせいかもしれません。 好き嫌いがあるのは人間だけじゃなく犬も一緒。 モグワンの食いつきが良くない子には、鶏肉に特化したの方が合う可能性があります。 うちの子達はカナガンも大好きです。 また、中にはチキンアレルギーのワンちゃんもいるので、その場合はラム肉ベースのがいいかも。 下の子の食いつきはモグワンとほぼ変わりません。 上の子はモグワンやカナガンの方が好きみたいですけどね。 万能なドッグフードはないってことだと思います。 モグワンの給餌量について ドッグフードの給餌量はグラム当たりのカロリー量の他、ワンちゃんの年齢や運動量などによっても変わります。 うちの場合、1日当たりのベストなモグワン給餌量は、2. 6kgの上の子で約45g、2. 0kgの下の子で約35g。 これを基本にしながら、月1回程度体重を測り、その結果によって微調整しています。 これはカナガンとほとんど同じ給餌量ですね。 でも、例えばファインペッツやオリジンのようにグラム当たりのカロリーが高いと、器がスカスカに見える少量しか与えられず、ちょっと気の毒になってしまいます。 コスパ的には必要なカロリーを少量で摂取できるフードの方がいいという選択もありますが、うちの子達はお皿を置くと一気に完食…。 量が少ないとあっという間に食べ終えてしまうので食後の満足感が心配なんですよね。 1日の適正な摂取カロリーは犬それぞれで決まっているので、量を増やすわけにもいきません。 なので、カナガンからモグワンにして何か大きな変化があったかと言えば、特別ないです。 そのままの良い健康状態を維持できている感じですね。 モグワンで下痢をしたという口コミも見かけますが、うちの場合はむしろ市販のフードより、ずっと体調がいいのでイマイチ実感できず・・・。 ただ、どんなドッグフードでも切り替える時は、以前のブランドに少しずつ混ぜながら1週間以上かけて徐々に慣らしていくことが推奨されています。 それをいきなりスパッと切り替えてしまうと、ストレスや胃腸への負担からお腹をこわすことがありますよ。 また、今までが質の悪いドッグフードだった場合、体の中の悪いものが排出される課程で下痢を起こすこともあると聞きます。 これは体が良い方向に向かっている好転反応(デトックス)ですね。 あとはモグワンに含まれている原材料の何かにアレルギー反応を起こしている可能性でしょうか。 先程も触れたようにチキンアレルギーの子もいます。 品質評価で解説したように、モグワンは安価なドッグフードの多くに使われているような不明瞭な原材料・合成添加物・小麦やトウモロコシなどの穀物は一切使われておらず、人間も食べられるレベルの食材で作られた安心品質です。 繰り返しになりますが、それでも万能なドッグフードはないんですよね。 万が一、3日以上下痢が続くようなら、モグワンが合わない可能性の他、別の病気の可能性も考えて、獣医さんに相談してみることをおすすめします。 ちなみに上の子はペットホテルに預けると、そこで与えられた市販のドッグフードで、だいたい下痢します・・・。 なので現在は、預ける時のゴハンは必ずウチで用意してお願いするようにしてます。 モグワンの使い勝手について 細かい点ですが、ジッパー部分がよくある細いタイプではなく幅広で、とっても閉めやすい。 他のドッグフードも採用してくれればいいのにと思うぐらいです。 この辺り、日本人らしい細やかな配慮を感じます。 また、裏面表示も英語と日本語が併記されている他の輸入品と比較すると、私達が見てとても分かりやすい記載になってます。 ここも犬には関係のないところですが、飼い主として好感が持てますね。 モグワンドッグフードの価格評価 モグワンは1. 8kgで税込3,960円。 1kgあたり単価は2,200円です。 「値段が高い」という口コミもあり、確かに「安かろう悪かろう」なドッグフードは山ほどある中では、そう感じる飼い主さんもいると思います。 でも、モグワンの品質と実際に食べている愛犬達の健康状態を考えると、私的にはコスパに納得してます。 ただ、カナガンは2kgで税込3,960円、1kgあたり単価1,980円です。 モグワンの方が食材や包装にコストがかかっているのかもしれません。 給餌量はほとんど変わらないので、年間の餌代はモグワンの方が10%ほど高くなる計算です。 例えば、カナガンで年間3万円かかるなら、モグワンの方がプラスで3,000円ぐらい多くかかるってことです。 私はモグワンの栄養バランスにより魅力を感じているのと、上の子が6歳になったのでそろそろ低脂質がいいかなと思い、モグワンをメイン、カナガンをサブでローテーションしてますが、食費の負担を少し抑えたい方にはの方がおすすめですね。 モグワンにはカナガンと同じく 定期コースとまとめ買いで最大20%割引になる制度があります。 給餌量とお届けの周期を考えて、うまくやり繰りすると最大1kgあたり単価1,760円まで下がります。 ネットのお買い物でありがちなトラブルですよね。 でも、モグワンなら、そんな心配は必要ありません。 まず、以前は定期コースには最低3回以上継続という縛りがあったのですが、現在はなくなりました。 フードが合わないと思えば1回でも解約できます。 解約手続きも本当に簡単です。 マイページで、解約理由を選択してボタンを押すだけ。 これですぐに配送もお支払いの引き落としも止まります。

次の