リバース スノー エンジェル。 背筋の鍛え方は意外と少ない?自宅でも実践できる背筋の筋トレメニュー8選

背筋の鍛え方は意外と少ない?自宅でも実践できる背筋の筋トレメニュー8選

リバース スノー エンジェル

ダンベルを引き上げる時に肩甲骨をしっかりと寄せる• 背中を丸めてトレーニングしない• 上半身と地面を平行気味にする• 息を吐きながらダンベルを持ち上げ、取り込みながら下ろしていく• 支える腕は肩の真下に置く ワンハンドローイングは腕の軌道などバーベルを使った『ベントオーバーローイング』ととても似ています。 相違点は扱える重量と可動域の広さです。 ワンハンドローイングは片手でやる分、 可動域MAXでトレーニングできます。 ワンハンドローイングとベントオーバーローイングの双方の良い点と悪い点を踏まえてトレーニングしてみて下さい。 【参考記事】広背筋を鍛える ワンハンドローイング。 適度な重量のバーベルを用意する• バーベルを握る手幅は肩幅よりも少し広いくらいにしておく• 顔は常に正面を向き、足は肩幅程度に開きます• 胸を張り、膝を曲げてお尻を突き出す• ハムストリングスと背中の筋肉を意識しながらバーベルを素早く持ち上げる• そのまま肩甲骨を寄せて、胸を張ったまま持ち上げる• バーベルを限界まで上げたら、少しの間キープ• その後、ゆっくりとバーベルを下ろしていく• この動作を10回繰り返す• 残り2セット行う• 5回未満しか行えない場合、バーベルの重量を下げて再度チャレンジしてみて。 トレーニングのコツ.

次の

筋トレのメニューを考える。自宅で女性でも出来る筋トレの5選

リバース スノー エンジェル

広背筋を鍛える方法の一つに、懸垂を挙げることができます。 懸垂は、小学生の頃から行っていたという方も少なくないため、実際に大人になった今でもできるという方は少なくないでしょう。 懸垂は自宅で行うことは難しいですが、近所の公園やジムでも気軽に取り入れることができるトレーニング方法です。 懸垂をする時のコツは、腕の力だけで自身の身体を持ち上げないことです。 もし腕だけで持ち上げると、腕を痛める原因となります。 また、自重を簡単に持ち上げられるようになったら、ウェイトベルトを取り入れて負荷をプラスすることで、効率的に広背筋を鍛えられます。 更に、正しい呼吸法を把握することです。 呼吸を正しく行えないと、酸素不足になる可能性もあります。 point 311 1 懸垂やバックエクステンションと同様に、ベントオーバーローイングも効率的に鍛えることができるトレーニング方法の一つです。 広背筋だけでなく、僧帽筋も鍛えられます。 ベントオーバーローイングはバーベルを使用してトレーニングをします。 バーベルは自宅にない人は、通販で購入するか、ジムに通うことで使用が可能です。 懸垂やバックエクステンションよりも大きな負荷をかけることができるので、女性ではなく、男性が取り入れやすい鍛え方です。 ベントオーバーローイングのコツは、腰を軽く曲げバランスを取ることです。 バランスを取ることで、怪我のリスクなどを少なくすることができます。 また、現在使用しているウェイトに慣れたら、追加して更に負荷をかけることで、脂肪を筋肉に効率的に変えることができます。 point 334 1.

次の

【自重トレ】リバース・スノーエンジェルで広背筋・僧帽筋を鍛えるやり方、バリエーション種目

リバース スノー エンジェル

ちょっとお腹が気になるこの頃。 少しやせたいなと思ったとき、どうしますか? 痩せたいと思ったら、まずは「無料で」「自宅で」「手軽に」やり始めたいですよね。 それで、ある程度の結果を出したら、ジムに通いたいとか、レッスン受けたいとか、 次のステップにはなってくると思います。 今回は筋トレのメニューで、自宅で女性でも できる、お手軽なものを考えたいと思います。 ・筋トレメニュー、自宅で女性でもできる「自重トレーニング」 手軽に筋トレをやろうと思ったら、まずは 自重トレーニングをおすすめします。 自重とは、 「自分の体重を負荷として実践する」意味で、主に自分の体重だけか、家にある器具くらいで お手軽にできるトレーニングです。 これでひと月も実践・継続できれば、ある程度の変化が 期待できますからぜひやってみて下さい。 なお、女性でもできるというのは、決してナメているわけではありません。 男性に比べて女性は、 筋力においては男性に劣ってはいます。 もちろん男性にだって、女性よりも筋力が弱い人はいます。 一括りにして「女性」とした方が、多くの人に分かりやすいからです。 ・筋トレの自重トレーニング5選 筋トレでパッと思い浮かぶ箇所とは、どこでしょうか?• 腕の筋肉• 腹の筋肉 腹筋• 背中の筋肉 背筋• 脚の筋肉• 尻の筋肉 股間節回り このあたりで結果が出たら、自信もつくと思います。 これらの箇所で効果的に効く自重トレを 具体的に提案してみます。 これがつらい人は、両膝をついてみるとラクです。 床に座って両膝を立て、両腕は頭の後ろ でも、両脇につけても構いません。 天使の羽根のように、バタバタと 両腕を上下するので「エンジェル」と呼びます。 20回で1セットです。 片足を前に出して腰を落とし、逆足の膝は床に着けずに 床ギリギリにして、この位置を10秒キープしましょう。 終わったら逆足も10秒キープ、両足で1セットです。 これら一連の筋トレを3セット毎日、一カ月ほど継続してみましょう。 効果が見えますよ。

次の