ツヴァイ ランス。 (追記あり)ツヴァイの上場廃止と株主優待、配当金、株主の今後について

《クリスタル・ツヴァイランサー》

ツヴァイ ランス

Ver 1. 06 Regulation 1. 08 武器種別 特大剣 攻撃属性 斬撃 物理攻撃力 180 物理カット率 70. 0 魔法攻撃力 0 魔法カット率 10. 0 炎攻撃力 0 炎カット率 50. 0 雷攻撃力 0 雷カット率 50. 0 闇攻撃力 0 闇カット 35. 0 毒効果 0 毒カット率 25. 0 出血効果 0 出血カット率 25. 0 カウンター力 130 石化カット率 25. 0 強靭ダメージ 50 呪いカット率 25. 0 射程距離 0 受け能力 45 詠唱速度 0 耐久度 60 エンチャント 可 重量 12. 引き換えに攻撃力は控えめで、補正の伸びもあまり良くはない。 初期状態の補正は技量の方が優れているが、強化することで伸びるのは筋力の方。 両手強攻撃の突きは当てた相手をふっ飛ばし、強制的にダウンさせる。 攻略ではこの突きを使うことで、タイマンならば敵を封殺することも出来る。 突きを当てても吹っ飛ばない敵もいるが、 アーロン騎士長や獄吏など一部の敵は突きを食らうと大きく仰け反る。 この間はスタブ攻撃が可能なので、覚えておくと戦いの幅が広がる。 突きを持つ特大剣はいくつかあるが、その中でもツヴァイヘンダーはリーチが長いのが強み。 火力面で若干の不安はあるが、 装備条件が緩くてモーションも素直でありつつ、特大剣らしいリーチと豪快さも兼ね備えているため、 特大剣にはじめて触れるときなどに使ってみると良いだろう。 装備条件は厳しいがトップクラスの火力を有するグレートソードよりも入手が遅くなりがちなのが悔やまれる。 やや出が遅いが、右後方から判定が発生するので攻撃範囲は広い 二段目 左側へ剣を振り切った状態から、右側にぶん回す。 一段目に比べて格段に出が早く、正面と右側を完全に網羅できる攻撃範囲だが読まれやすく、パリィされやすいので過信は禁物 R2 一段目 後方で剣を引きずりつつ少し踏み込んだあと、正面に打ち下ろす。 リーチは長いが判定が狭く、攻撃判定の発生も遅いので扱いが難しい。 使うタイミングは良く考えよう。 二段目 叩き付けた剣を背負い込み後方に叩きつける。 正面へのリーチは絶望的で自分の後方に剣を振り下ろすため攻撃を当てるのは困難。 一応チェインするが、当てにくい上に後隙も大きいので封印するのが吉。 ローリング 一歩踏み込んでから正面に剣を叩きつける。 見た目よりも判定の出がやや早く、振り下ろす前に攻撃判定が出ているので至近距離では不意打ちに有効。 ただし攻撃判定が狭いのには注意。 ダッシュ 体を左へ半回転させたあと、剣を肩に担いだ状態から正面を右から左へなぎ払う。 途中で剣先を引きずるので徐々にリーチが短くなる。 攻撃範囲は広いが出が遅く、リーチも他の攻撃に比べて短めなので使い所が難しい。 リーチ威力共に優秀な上、ロックオン状態で使用した際には異様なほどのホーミング力を発揮するが、スタミナ消費が大きい 両手持ち R1 一段目 片手持ちと同じように右から左へ弧を描くなぎ払い。 両手持ちになったことでだいぶ出が早くなったが、攻撃がやや小振りになったため片手持ちにあった右後方への攻撃判定は消えている 二段目 こちらも片手持ちと同じ左から右へのぶん回し。 片手持ち同様優秀な攻撃だが、片手と比べると僅かに出が遅い。 さらに特大武器の二段目攻撃という性質上、スタミナ切れを起こしやすく、後隙も長めなのでバックスタブに対する警戒を忘れないようにしたい。 R2 一段目 担いでいる剣を右側に下ろした後、正面に突き出す。 モーションの関係で少しだけ右前方にも判定があり、ダウン効果もあるので一度当てることができればその後の展開で有利に立ち回れる。 二段目 体を右に半回転させたあと、少し溜めてから左下から右上に向かって振り上げる。 出が遅く右側への判定が弱く、スタミナ消費も大きいので一段目の突き攻撃と相まって、生半可なスタミナで使用すればまずスタミナ切れを起こしてしまう。 その扱いづらさからあまり使われないため、突き攻撃の隙を攻めてきた相手の意表をつけるかもしれない。 ダウン効果があるのでもし当てることが出来れば、相手にプレッシャーを与えられる。 ローリング 体を左に回転させたあと、右下から左上に向かって振り上げる。 出が早く前進しつつ攻撃するため、扱いやすい性能。 ただし左側への攻撃判定は少し弱い ダッシュ 走りこみつつ体を左へ半回転させて剣を叩きつけて、そのまま剣を少し引きずったあと勢いよくかち上げる。 出は遅いが体を屈ませるため一部の攻撃をすかせる。 また、攻撃タイミングが分かりづらいためか相手が回避をミスりやすい模様。 相手を上に吹き飛ばす効果がある。 動きは遅いがR1攻撃に繋げるとモーションが高速化する。 この効果は両手持ち時にのみ発揮される これを利用して、こちらのガード崩しがスカったことで自分のターンが来たと勘違いして近づいてきた相手に想定外の一撃をかますことが出来る。 ただし、相手も馬鹿ではないので同じ相手に通用するのは一度か二度が限度だろう。 乱用すればすぐに読まれて遠距離攻撃やローリング回避後のバックスタブで手痛い反撃を受けてしまう。 だがそれを読み返してジャンプ攻撃で叩き潰す手もある。 受け能力と物理カット率はそこそこなので、割と頼りになる。 パリィ判定が出るのは遅いが、持続は長いのであらかじめ置くように出せば成功しやすい。 ツヴァイヘンダーの攻撃モーションは特大剣の中では扱いやすい部類で、同様の攻撃モーションを持つ武器は俗にツヴァイ系と呼ばれる。 2020-06-27• 2020-06-24• 2020-06-23• by 名無し ID:7LWnJUgv8w• 2020-06-22• by 名無し ID:s996vieOAw• 2020-06-21• by 名無し ID:gNoU4ZGJBA• 2020-06-18• by 名無し ID:kpr7MNYGJw• by 名無し ID:FvRDZRTWJg• 2020-06-17• by 名無し ID:8EtnCA0vvA• 2020-06-15• by 名無し ID:NRzSCpO5PQ.

次の

マルバ・アーケイ、再起する

ツヴァイ ランス

ガルスとツヴァイの戦いは、続いていた。 「竜魔将……お前の力は強大だ……」 「ツヴァイ」 そこでツヴァイは、自身の持っている槍を地面に突き刺した。 「故に、俺も禁じ手を使わざるを得ないようだ」 「禁じ手だと……」 ツヴァイは、口の端を歪めている。 ガルスは、その様子に何かがあるの感じていた。 「鎧魔奥義……」 「何……?」 ツヴァイの体に、闘気と魔法、二つの力が纏われる。 「それがお前の本気という訳か……」 「その通り……これこそが俺の力。 平時なら、闘気のみで鎧を強化するが、今は魔闘気による鎧を作り出させてもらった……」 ツヴァイは槍を引き抜き、そこに雷を纏わせていく。 「 雷の槍 ( サンダー・ランス )!」 さらにガルスに、一直線で向かってきた。 「来るか!」 ガルスは態勢を低くし、攻撃に備えた。 「はああっ!」 「ぬんっ!」 ツヴァイの突き刺した槍を、ガルスはゆっくりと躱しながら、その懐に入り込んだ。 「 竜人拳 ( リザード・ナックル )!」 そして、拳を振るい、その鎧に攻撃が当たった。 その瞬間、ガルスは目を丸くした。 「ぐわあっ!」 攻撃したはずのガルスが、逆に叫びをあげていた。 その鎧の固さと魔闘気によって、ガルスの拳の方が、ダメージを負ったのだ。 「ふふっ!」 「ぐううっ!」 ツヴァイは、ガルスの首を掴み、持ち上げた。 「この鎧は、攻防一体の鎧。 攻撃してきた者を傷つける、最強の鎧なのだ」 「ぐっ!」 「竜魔将……これで終わらせてやろう」 ガルスの首を絞める力が、強くなっていく。 このまま、勝負を決めるつもりなのだろう。 そこで、ガルスは、両手でツヴァイの腕を掴み取った。 魔闘気によって、その手が傷ついていくが、ガルスはそれを気にしてはいなかった。 「ふん、無駄な足掻きを……がっ!?」 余裕な態度だったツヴァイは、その手に強烈な痛みを感じた。 そのため、ガルスを掴める力を緩めてしまい、その隙にガルスに逃げ出されていた。 「な、何が起こったというのだ……?」 自身の完璧だったはずの鎧が、破られたことで、ツヴァイは動揺する。 ガルスは態勢を立て直しながら、ゆっくりと口を開き始めた。 「闘気には色々な使い道がある……」 「何……?」 「肉体の強化、遠距離攻撃、そして、俺が使ったのは鎧の内部に闘気を伝わせる攻撃……」 「内部攻撃だと……」 ツヴァイは驚愕した。 闘気の使い道で、内部への攻撃など、かなりの繊細なコントロールが必要なはずである。 それを、あの状態で成功させるガルスが、異常だとしか思えなかった。 「敵として戦うと、ここまで厄介とはな……」 「ふっ……! それはこちらも同じことだ……」 ツヴァイは、ガルスが万全の状態でなかったことに、感謝した。 もし、万全なら、とても勝てるとは思えなかったからだ。 「だが、お前のダメージも限界近いはずだ……」 「ふん……」 ガルスは今までの攻撃で、かなり消耗していた。 そもそも、傷ついた体で戦っていたガルスは、限界も早いだろう。 だが、ガルスは笑っていた。 「俺をあまり舐めてもらっては困るな……」 ガルスの両腕に闘気が集中していた。 何か大きな攻撃が来るのだと、それはツヴァイにも予測させた。 「いくぞ! 竜人 ( リザード・ ) 爆裂波 ( ショックウェーブ )!」 「ぬうっ!」 ガルスの両腕から、闘気が放たれた。 ツヴァイは、思わず防御の構えをとったが、それは間違えであると、すぐにわかった。 「何……?」 その攻撃は、鎧によって、いともたやすく受け止められたからだ。 そして、その隙にガルスに接近されていた。 「ぬん!」 ガルスは両手を地面につけ、体を押し上げ、ツヴァイを蹴り上げた。 足が、鎧によって傷ついたが、それも気にせず、ガルスはツヴァイを追い飛び立った。 「ぐうっ!」 「いくぞ!」 ガルスは、頭が下になるように、空中でツヴァイを捕まえた。 「 竜人落とし ( ドラゴン・ドロップ )!」 「ぬがああ!」 ガルスはそのまま、落下する。 それと同時に、鎧による攻撃で、ガルスの体は傷ついていく。 しかし、ガルスも闘気を内部に伝わらせて、ツヴァイを攻撃した。 「ぐあはっ!」 ツヴァイの体が、床に衝突する。 その衝撃と、鎧によるエネルギーによって、床が砕けていく。 「くっ……!」 さらに、ツヴァイの魔闘気の鎧には、ひびが入っており、その絶対防御が崩れ始めていた。 ガルスは、大きく後退しながら、ツヴァイと距離を取っていた。 「馬鹿な……あり得ん。 この俺が、ここまで……」 「ツヴァイ……お前の防御もここまでのようだな」 「ぐぬうっ……!」 ガルスとの攻防によって、ツヴァイの防御は破られてしまった。 そのため、ツヴァイの優位が絶対ではなくなったのだ。 「だが、お前も、最早限界のはずだ……」 「ふ……」 ガルスも鎧を攻撃したことによって、その手も足も、ボロボロになっていた。 しかし、ガルスは笑っていた。 なぜなら、ガルスはわかっていたからだ。 「ガルス……」 その時、一つの声が響いた。 「そろそろだと思ったぞ……」 「ああ、ありがとう……おかげで、かなり回復できた」 「くっ!」 ツヴァイは、苦悶の表情を浮かべる。 「勇者アンナ……」 ガルスの隣には、アンナが立っていた。 アンナは、二人が戦っている間に、体力を回復させ、さらには、聖闘気をかなり練れていた。 「ツヴァイ……ここからは、私が相手しよう」 「ぐっ……!」 アンナの聖闘気は、ツヴァイにすらわかる程、強大になっている。 ツヴァイにとっては、かなり驚異的な状況だ。 「まだまだ、負けんぞ……この俺の力は、こんなものではない……」 「ツヴァイ、終わらせよう……」 アンナが聖剣を構えると同時に、ツヴァイも槍に雷を纏わせる。 聖闘気と魔闘気、二つの力が今、ぶつかり合おうとしている。 「 雷の槍 ( サンダー・ランス )!」 ツヴァイはアンナに向かいながら、雷を纏った槍を突き刺した。 アンナもそれに合わせて、剣を振るう。 聖闘気を纏った一撃は、今までよりも進化している。 その状態で放つのは、アンナの最大の剣技である 十字斬り ( クロス・スラッシュ )だ。 それは、聖なる攻撃に変わり、新たなる技になる。 「 聖なる十字斬り ( セイント・クロス )!」 「何!?」 十字の一撃目で、ツヴァイの槍が切り裂かれた。 二撃目が十字の形となって、一撃目と重なり合った。 二つの斬撃は、眩い光を放ちながら重なり合って、ツヴァイの鎧を切り裂いた。 「ぐううっ!」 アンナの攻撃の威力に耐え切れず、ツヴァイの体に纏われた、魔闘気の鎧が砕け散っていく。 「ぐああっ!」 衝撃によって、ツヴァイの体は大きく後退した。 「おおおおっ!」 アンナは、それを追いかけながら、さらなる攻撃を放つ。 ガルスのおかげで、聖闘気はかなり練れていた。 そのため、アンナの攻撃は、全て聖闘気によるものである。 「 聖なる十字斬り ( セイント・クロス )!」 「ぐううううっ!」 聖なる光を放ちながら、十字の攻撃がツヴァイを襲う。 砕けていた鎧が、さらに割れて、見る影もなくなっていた。 「がはっ! ば……馬鹿な!」 ツヴァイは、自身の体に起こった変化に戸惑いながら、衝撃によって、壁に叩きつけられた。 「はあ、はあ……」 アンナによる新たな最大の攻撃によって、ツヴァイの鎧は完全に消さった。 アンナは、疲労しながら、ツヴァイを見つめる。 ツヴァイは、なんとか態勢を立て直しながら、槍を構え直していた。 まだ、完全に折れた訳ではないようだ。 「まだだ、負ける訳には……いかんのだ!」 「ツヴァイ……」 二人は、見つめ合いながら、対峙する。 恐らく、これからの攻防が、この戦いの最終局面となるだろう。 二人の、それぞれの闘気がぶつかり合って、空気を揺らしていた。

次の

ツヴァイ

ツヴァイ ランス

の意味/品種 ツヴァイゲルト(Zweigelt)とは、オーストリア原産の用ブドウ品種。 比較的寒冷な地域でも栽培可能な品種で、オーストリアで最も広く栽培される赤ワイン用品種。 でも東北以北で栽培されている。 1922年にクロスターノイブルグにおいてフリッツ・ツヴァイゲルト博士により開発された新品種で、ブラウフレンキッシュとサン・ローランの交配種である。 耐寒性に優れ、比較的新しいながらオーストリアにおける最も普遍的な品種になっており、特にカルヌントゥムとノイジードラーゼー周辺で良質のワインが造られている。 ツヴァイゲルトの特徴 この品種から造られるワインはやや紫がかった赤色をしており、の強いワインとなる。 各種のベリー、そして控えめなスパイスの、際立ってフルーティな香りが特徴。 十分に熟成するとサワーチェリーの風味を持つワインとなる。 木樽での熟成をしない早飲み用の若々しいワインもあれば、小で熟成される傑出した高級ワインまで幅広いスタイルを生み出す。 ツヴァイゲルトの主な産地 ツヴァイゲルトはカナダのオンタリオ州ナイアガラ半島やブリティッシュコロンビア州で栽培されている。 やチェコでも小規模ながら栽培されている。 チェコではツヴァイゲルトレーベと呼ばれ、この品種の栽培は全体の赤ワイン用ブドウ品種の栽培のうち3番目に多く、全体のワイン用ブドウ耕作地の4. スロバキアではこの種はおよそのワイン生産地で栽培されている。 2010年以降はベルギーやポーランドでの栽培も開始された。 日本でも寒冷な地区で栽培されている。 北海道の十勝ワイン、小樽ワイン、岩手県のエーデルワインなどの寒冷なワイン産地で栽培されている。 「ツヴァイゲルトレーベ」や「ブラウアー・ツヴァイゲルト」とも呼ばれる。 214• 320• 1,147• 120• 234• 387• 148• 105•

次の