ポケモン ソード パーティ。 【ポケモン剣盾】パーティ構築まとめ|構築の種類【ポケモンソードシールド】|GAMY

【ポケモン剣盾】最強パーティ構築とおすすめコンビ【ソードシールド】

ポケモン ソード パーティ

ランクバトルでは、選出時に相手のパーティ構成を確認することができます。 その際、とくにランクが高めの対戦相手は、こちらの構築を見て「通りのいいポケモン」や「対策用のポケモン」を選出してくることが多いですが、これを上手く逆手に取ると 自分のパーティが本当に狙いたい「勝ち筋」を隠し、相手の選出を誘導するということも可能です。 具体的には「より優先的な対策が必要"に見える"ポケモンを入れて選出枠を圧迫する」「エース以外のポケモンで、エースが苦手な相手のポケモンを徹底的に対策する」などの方法があります。 相手の行動をコントロールするという点で、ポケモンやセオリーに対しての知識が必要な方法ではありますが、パーティ構築時に少しでも意識しておくと、より狙った勝ち筋を通しやすくなります。 その他の仕上げ段階でチェックしたいこと パーティを仕上げる際に以下の点も意識しておくと、より完成度の高いパーティになりやすいです。 ただし、すべてを完璧に揃えたパーティを作ることは難しいため、あくまでも目安として覚えておきましょう。 なるべく「こうげき」が高いポケモンと「とくこう」が高いポケモンをバランスよく入れて、さまざまな相手に対応できるようにしておきましょう。 「先手を取って相手のポケモンを倒したターンは反撃されない」など多くのメリットがあり、単純に考えれば すばやさの高いポケモンを使うとダメージレースで有利になりやすいといえます。 また、すばやいポケモンは相手の動きに合わせる必要性が薄く、まずは自分のやりたいことを優先できるため、扱いやすさの面でも優秀です。 実際に対戦してみて相手に押し切られてしまうことが多いと感じたら、すばやさの高いポケモンがパーティにいるかチェックしてみましょう。 攻撃力とすばやさが高く、色々なタイプの技を覚えるポケモンが多いなら「対面構築」。 軸の2匹が起点作り役と積みエースなのであれば「積み構築」。 ポケモン同士がタイプ相性の補完に優れ、交代しながら苦手な相手に対応するなら「サイクル構築」になることが多いです。 とくに、5匹目~6匹目のポケモンを決める際に「1匹目と2匹目の軸はどんな構築か」を意識すると、苦手な構築の対策がしやすくなります。 各構築同士の有利不利が知りたい場合は、それぞれの解説記事をチェックしてみてください。

次の

【ソードシールド】序盤におすすめのパーティ!御三家別の編成紹介【ポケモン剣盾】

ポケモン ソード パーティ

001:• 002:• 003:• 004:• 005:• 006:• 007:• 008:• 009:• 010:• 011:• 012:• 013:• 014:• 015:• 016:• 017:• 018:• 019:• 020:• 021:• 022:• 023:• 024:• 025:• 026:• 027:• 028:• 029:• 030:• 031:• 032:• 033:• 034:• 035:• 036:• 037:• 038:• 039:• 040:• 041:• 042:• 043:• 044:• 045:• 046:• 047:• 048:• 049:• 050:• 051:• 052:• 053:• 054:• 055:• 056:• 057:• 058:• 059:• 060:• 061:• 062:• 063:• 064:• 065:• 066:• 067:• 068:• 069:• 070:• 071:• 072:• 073:• 074:• 075:• 076:• 077:• 078:• 079:• 080:• 081:• 082:• 083:• 084:• 085:• 086:• 087:• 088:• 089:• 090:• 091:• 092:• 093:• 094:• 095:• 096:• 097:• 098:• 099:• 100:• 101:• 102:• 103:• 104:• 105:• 106:• 107:• 108:• 109:• 110:• 111:• 112:• 113:• 114:• 115:• 116:• 117:• 118:• 119:• 120:• 121:• 122:• 123:• 124:• 125:• 126:• 127:• 128:• 129:• 130:• 131:• 132:• 133:• 134:• 135:• 136:• 137:• 138:• 139:• 140:• 141:• 142:• 143:• 144:• 145:• 146:• 147:• 148:• 149:• 150:• 151:• 152:• 153:• 154:• 154:• 155:• 155:• 156:• 157:• 158:• 159:• 160:• 161:• 162:• 163:• 164:• 165:• 166:• 167:• 168:• 169:• 170:• 171:• 172:• 173:• 174:• 175:• 176:• 177:• 178:• 179:• 180:• 181:• 182:• 182:• 183:• 184:• 185:• 186:• 187:• 188:• 189:• 190:• 191:• 191:• 191:• 191:• 192:• 192:• 192:• 192:• 193:• 194:• 195:• 196:• 197:• 198:• 199:• 200:• 201:• 202:• 203:• 204:• 205:• 206:• 207:• 208:• 209:• 209:• 210:• 211:• 212:• 213:• 214:• 215:• 216:• 217:• 218:• 219:• 220:• 221:• 222:• 223:• 224:• 225:• 226:• 227:• 228:• 229:• 230:• 231:• 232:• 233:• 234:• 235:• 236:• 237:• 238:• 239:• 240:• 241:• 242:• 243:• 244:• 245:• 246:• 247:• 248:• 249:• 250:• 251:• 252:• 253:• 254:• 255:• 256:• 257:• 258:• 259:• 260:• 261:• 262:• 263:• 264:• 265:• 266:• 267:• 268:• 269:• 270:• 271:• 272:• 273:• 274:• 275:• 276:• 277:• 278:• 279:• 280:• 281:• 282:• 283:• 284:• 285:• 286:• 287:• 288:• 289:• 290:• 291:• 292:• 293:• 294:• 295:• 296:• 297:• 298:• 299:• 300:• 301:• 302:• 303:• 304:• 305:• 306:• 307:• 308:• 309:• 310:• 311:• 311:• 312:• 313:• 314:• 315:• 316:• 317:• 318:• 319:• 320:• 321:• 322:• 323:• 324:• 325:• 326:• 327:• 327:• 328:• 329:• 330:• 331:• 332:• 332:• 333:• 334:• 335:• 336:• 337:• 337:• 338:• 339:• 340:• 341:• 342:• 343:• 344:• 345:• 346:• 347:• 348:• 349:• 350:• 351:• 352:• 353:• 354:• 355:• 356:• 357:• 358:• 359:• 360:• 361:• 362:• 363:• 364:• 365:• 365:• 366:• 367:• 368:• 368:• 369:• 370:• 370:• 371:• 372:• 372:• 372:• 372:• 372:• 372:• 373:• 374:• 375:• 376:• 377:• 378:• 379:• 380:• 381:• 382:• 383:• 384:• 385:• 386:• 387:• 388:• 389:• 390:• 391:• 392:• 393:• 394:• 395:• 396:• 397:• 398:• 398:• 399:• 399:• 400:• 400:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:• ---:•

次の

【ソードシールド】序盤におすすめのパーティ!御三家別の編成紹介【ポケモン剣盾】

ポケモン ソード パーティ

受けループとは 受け性能の高いポケモンで組んだパーティー 「受けループ」とはパーティの構築の一つで、相手の攻撃を受けることが得意なポケモンで固めたパーティのことです。 耐久力の高いポケモンで耐久して勝つ 受けループ構築では、耐久性能の高いポケモンで耐久しつつ、隙を見て攻撃し、勝利を目指します。 相性の良いポケモンで耐久することで、相手の攻撃を回復技で対応し、攻撃のチャンスを生み出します。 回復技、相手を毒状態にする「どくどく」、定数ダメージを与える技、などを覚えるポケモンがよく採用されます。 受けループの崩し方と対策 対策は重要、役割対象を破壊して受けを崩す 受けループに対して全く対策をしていないと、突破困難な敵が現れるため、対策は重要です。 対策を行った上で、相手の役割対象のポケモンを倒し、受けの成立を阻止しましょう。 対策1. 「ちょうはつ」で補助技を無効にする 「ちょうはつ」によって補助技を出せなくさせ、受けポケモンの機能を停止させます。 受けポケモンは素早さが低いため、先制で「ちょうはつ」を打ちやすいです。 一撃必殺技で倒す 一撃必殺技は、受けポケモンに大変有効です。 受けポケモンは、時間をかけてダメージを与えてくるため、ターンには余裕があります。 その間に一撃必殺技を使用して、倒してしまいましょう。 こだわり系アイテムを押し付ける 「トリック」や「すりかえ」などの技は、相手のポケモンと道具を入れ替えることができます。 これを活用し、「こだわりスカーフ」などの、同じ技しか出せなくなるアイテムを相手に押しつけ、受けポケモンの機能を停止できます。 「たくわえる」などの自己強化を行うことで、物理と特殊どちらにも受けられるようなポケモンも存在します。 また、耐久力の高いアタッカーを採用する場合もあります。 この場合は、受け役2体とアタッカー1体を選出します。 耐久をしながらチャンスを狙い、攻撃に転じて勝利を狙います。 パーティー選出が大切 受けループでは、パーティーの選出が大切です。 使用するポケモンの役割を理解して、どのポケモンに対して受けが成立するのかを、意識して選出しましょう。 安易な受けは禁物です。 初手で、不利な相手と対面した際にも、受けの成立するポケモンに退きましょう。 隙を見て攻撃または定数ダメージを与える 受けの成立した有利な対面では、回復技などで相手の攻撃を耐えつつ、攻撃技や定数ダメージを出せる技で相手のHPを削りましょう。 余裕がある場合は、自己強化技の「めいそう」や「たくわえる」などで、自分の特防や防御をあげる手段も強力です。 相手の行動パターンをつかむ 受けループでは、安定行動が大切です。 相手の行動がわからない場合は、「まもる」や「トーチカ」などの攻撃を防ぐ技や、回復技で様子をみましょう。 また、積みアタッカーの場合は起点にされる場合もあるので、「くろいきり」などの技を活用しましょう。 技 説明 ・自分と相手のポケモン「のうりょく」を全て元にもどす。 相手のダイマックスに冷静に対応する HB特化ドイドイデと、AS特化ミミッキュで対面した場合の参考例です 受けの優秀なポケモンは、対面が有利な場合、ダイマックスを切らずとも受けることができます。 回復技や防御技を駆使して、相手のダイマックスターンをやり過ごしましょう。 自分のダイマックスはなるべく温存する 受けポケモンは火力には乏しいため、ダイマックスをしても不利な敵に交代され、簡単にいなされてしまいます。 数的有利状況を作り、相手の交代先に負荷をかけられる場合に、ダイマックスを使用するのが理想です。 また、 相手のダイマックス技による、フィールド・天候変化や能力変化で、攻撃を受けるのが厳しい場合は、ダイマックスを使用しましょう。 ダイウォールを活用して相手の攻撃を防ぎ、相手のダイマックスターンを枯らします。 TODを視野に入れて戦う 試合の残り時間が少なくなった場合は、HPをなるべく温存できる行動を行いましょう。 対戦には時間制限があり、終了時にパーティーのHP割合の残量によって勝敗が決着します。 特に、受けポケモン同士が対面した場合は、非常に試合が長引きます。 この場合はTODも視野に入れて戦うことをお勧めします。 TODとは、「Time Over Death」の略です。 対戦の総合制限時間が切れた場合、ポケモンの残りHP割合によって勝敗が決まります。 レンタルパーティー チームID 0000 0001 04VC 3F 解説付き対戦動画 受けループのレンタルパーティーで対戦を行った動画です。 解説をつけているので、実際の戦い方を是非ご覧ください。 攻略班が使用した感想 受けとして相性補完できている「ドヒドイデ」と「ヌオー」が強力です。 電気技や地面技に対しては、「ドヒドイデ」から「ヌオー」に交代することで、耐久を行えます。 相手に強力な特殊アタッカーがいた場合は「マホイップ」や「ブリムオン」を選出して対応しました。 関連記事 受けループ構築.

次の