俺 だけ レベル アップ な 件 な ろう。 【登場人物まとめ】俺だけレベルアップな件(日本語表記/英語表記/先行話分)

「俺だけレベルアップな件」全話&最新話ネタバレまとめ!|漫画大陸

俺 だけ レベル アップ な 件 な ろう

こんにちは、俺レベ沼に落ちたmizです! このページでは、 俺だけレベルアップな件の登場人物をまとめています。 職業やランク、分かる範囲で年齢も書いています。 英語版で読んでいる方用に、英語表記も載せております。 先行話の登場人物の記載もありますので、 ネタバレにはご注意ください。 80話超えたあたりから、ワールドワイドに話が進んでいくので、登場人物を国別に分けております。 ピッコマでは日本舞台ですが、原作は韓国舞台なので、日韓の設定が少々ややこしくなります。 原作では韓国と共闘・対立する立場で、架南島レイド編から日本が出てきます。 ピッコマではこの隣国を、 韓国ではなくDFNとしています。 (ピッコマ56話参照) 左から、 旬・賢太・最上・白川・後藤・犬飼・マー師範・右京・トーマスアンドレ 左から、葵、りん、観月、雫、旬、エジル 旬に振り回される女性たち。 笑 Contents• 父親は行方不明、母親は溺眠症にて入院、妹は受験生。 家族の生活を支えるため、危険なハンターの仕事を4年続け、何度も死にそうになってきた。 もともと人類最弱兵器と言われていたが、隠しダンジョンをクリアしたことにより、 プレイヤーとして再覚醒。 諦めない勇気と努力で、レベルアップを続け、60話時点でも 国内トップの実力になっている。 職業:魔法使い ハンターズギルドのマスター。 最終兵器と呼ばれる。 炎の魔法を使いこなし高い実力を持ち、ギルドの運営能力も長けている。 10年前、ゲートに閉じ込められた。 右京将人を簡単に打ち負かすほどの強さを持っている。 右京将人と戦った後、行方不明。 30代半ば。 後藤会長の右腕。 隠しダンジョンの生き残りとしての旬の存在を知っており、その強さにも徐々に気づいている。 ハンターではないが、かなりの実力者。 48話 松浦良平 GO MYUNG-HWAN ランク:C 職業:武闘家 レッドゲート内の生き残り。 白川に手をかけていて、宍戸課長とは仲が良くない。 実はA級ハンターとして覚醒しているが、ハンターにはならず、モデルの仕事をしている。 賢太を姉的存在。 輝かしいハンターデビューの邪魔をした旬を、敵対視?笑 死神ギルドに所属。 採掘チームメンバー 気の良いチーム長の石田、旬の指導係の木山、意地の悪い堀口、その他。 エリートが揃うハンターズギルド内で、Bチームのリーダーを務め、AランクとBランクのハンターをまとめる。 チーム内のA級ヒーラーと出来てる説ありw チームメンバーの名前は出てきませんでしたが、みんな個性的で良い人たちばかりでした。 知名度の高い韓流スターハンターのMIN-SUGを獲得。 オールバックで髭を生やした、60歳前後の男性。 旬を獲得するよう、マイケルに指示。 旬の獲得に全力で動く。 国際レベルの強さを持つ。 右京将人の兄を殺した旬に、復讐を考えている。 旬の動向、およびアリ討伐の件で、83話でハンター協会を訪れる。 107話 Liu Zhigang 長髪の中国人ハンター ランク:国家レベル 中国のヒーロー、両刀使いの肉体派戦闘系ハンター。 一振りでアリの大群を倒す強さ。 旬の獲得のため、オフィスも訪れている。 SELNER 覚醒者の能力値を上げることのできる、謎の覚醒者。 46歳のアフリカ系アメリカ人。

次の

俺「ルフィと悟空ならどっちが強い?」 バカ「能力的には悟空が上じゃないかな」

俺 だけ レベル アップ な 件 な ろう

ここからネタバレを含みますのでご注意ください あらすじ・ネタバレ 突如として現れた、 異次元とこっちの世界を結ぶ通路「 ゲート」 そして、ゲートの向こう側には、 魔物が潜んでおりその場所のことを「 ダンジョン」と呼んだ。 一定期間が経過すると、ダンジョンから魔物があふれてくるため、ゲートの中に入りダンジョンを攻略しなければならない。 だが、普通の人間では、ダンジョンを攻略することなどできない。 しかし、人類の中に、 覚醒者が現れだし、魔物を狩ることが可能となる。 その者たちのことを「 ハンター」と呼んだ。 そのハンターのうちの一人、 水篠 旬 みずしの しゅんは母の病院代を稼ぐためにハンターとなった。 ただし、低級ダンジョンですら命がけなE級ハンター。 彼のことを周りのハンターたちはこう呼んだ。 「 人類最弱兵器」と 旬は、 一般人より少し丈夫で回復が少し早いのを除けば、一般人と何ら変わらない。 そのため、 毎回傷だらけとなり、命からがらになりながらも、魔物を数匹しか倒せない。 でも、低級ダンジョンの魔物から出る魔石では、母の病院代を稼ぐことはできない。 旬がハンターを続けているのは、 ハンター協会から支払われる補助金のために、気合いで何とか耐えているのだ。 今日、旬が参加するダンジョンは D級。 ダンジョン攻略のために、17人が集まり攻略を目指すレイドが行われる。 いつものことながら、 傷だらけになりゲットできた魔石は、一つだけ。 だが、そのダンジョンはいつもと違った。 ダンジョンの中に別の入り口が存在していたのだ。 いわゆる 二重ダンジョンと言うものだ。 こういう場合は、 ダンジョンのランクが変わる可能性もあるため、ハンター協会に報告しなければならない。 しかし、そうすると他のハンターにボスを奪われる可能性があり、収入 が減ってしまう。 ボスを倒せばそれだけお金がたくさん手に入るのだ。 そのため、多数決を取り、ボスを倒しに行くかどうかを決めることになった。 8対8で票が割れる中、 最後の一人旬は、家族のためにもう少し頑張ろうと決意し、攻略に賛成した。 この選択が、旬の今後の人生を大きく変えることとなる… だが、そこで待ち受けていたボスは、D級ダンジョンにふさわしくない強敵。 A級、もしくはS級の力を持つボスが待っていた。 無論、誰もかなうわけがなく、無残にどんどん殺されていくが、ボス部屋に書かれていたカルテノン神殿の掟 1「 敬せよ」2「 神を讃えよ」3「 神を信仰せよ」の謎を解くことが生き残るカギだった。 旬は生き残るために、必死で謎を解き何とか生き残るが、その時に 特別な能力を授かっていた。 次に目が覚めるとそこは病室だった。 そして、 目の前に自分にしか見えないゲームのような画面 ウィンドウ が見えており… ここから、 人類最弱と呼ばれた旬の人類最強への成り上がりが始まる! 主な登場人物 魅力・面白さ このマンガの面白いところは、やっぱり 主人公が成り上がるところでしょう。 私自身が、成り上がりや復讐系のラノベが大好きなので、この漫画は私の好みにドストライクでした。 人類最弱と呼ばれ馬鹿にされていたが、過酷な状況を何とか乗り切り、特殊能力を身に着け成り上がる。 一度、 どん底を味わっているからこそ、強さをどん欲に求める。 旬が、 どのように強くなっていき、周りがそれに対してどのような反応を示すのか、それが楽しみですね。 私もビッコマで一日一話ずつ読んでいるのですが、まだ20話ぐらいまでしか読めていないので、続きがとても気になります! それに、 一話一話が長いので、読みごたえもあります。 また、ビッコマでは、 全てカラーで読めるのがいいですね。 アプリならではの良さですね! 最後に ラノベが好きな方にはぜひおすすめしたい漫画ですので、この記事を読んで少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。 ビッコマと言うアプリで無料で読めますので、ぜひ一度読んで見て! 最後までお読みいただきありがとうございました.

次の

俺「ルフィと悟空ならどっちが強い?」 バカ「能力的には悟空が上じゃないかな」

俺 だけ レベル アップ な 件 な ろう

ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」 関連記事 名無しの読者さん 2019-07-05 00:50 なろう系が流行ろうが、文学系が流行ろうが、アングラ系が流行ろうが別にそこに関しては何にも言う気はないけど、なろう系って聞くとオレツェーハーレムって感覚になっちゃうから、あんまり見ない。 見るのは『日本国召喚』ぐらい。 最初は違うから良いけど、それ以降、特に中盤が似てる展開が多過ぎて、だったらこれでいいんじゃない?って感覚になっちゃう。 要するにやってることが、80年代のアクション映画的で筋肉ムキムキの男が美女連れてマシンガンぶっぱなすって大枠に色々設定やら葛藤やらを足してる感じを今風にしてるだけだから、好きな人は好きだけど嵌まらないとトコトン嵌まらない。 そして言おう。 私の好みはもう少し淡泊で大味でスキル云々の設定よりもノリで突き進む感じの物語だから、あんまり合わない。 てか、最近はスキル云々の話が出てきた時点で嫌。 盾の勇者はそれを逆手に取って、ゲームって印象が強いから現実の認識が薄いって描写もあるから、嫌じゃないけど.

次の