新年の挨拶 ビジネス。 新年のご挨拶メール例文【ビジネス】

ビジネス英語(挨拶編):新年の挨拶、年末の挨拶で使える例文フレーズまとめ【2020年版】

新年の挨拶 ビジネス

新年の挨拶メール ビジネス編 まずは、ビジネスでの新年の挨拶メールで気を付けたいこととして、友人などに送るものではないので、失礼のない言葉遣いはもちろんですが、基本的には 「目上の方」に送る作法で書くことが大切です。 下記のポイントに注意して作成するようにしましょう。 「賀正」や「迎春」などの賀詞は使わない 年賀状でよく使われる 「賀正」などの 2文字の賀詞は 目下の人に使う表現とされていますので 使用しないよう注意しましょう。 目上の方に送る賀詞としては、 「謹賀新年」、「恭賀新年」また、 「謹んで新年のお祝いを申し上げます」など目上の人に適した言い回しの言葉を使いましょう。 「去年」などは使わない 年賀状などでは、 忌み言葉を避けるようにするのがマナーです。 そのため、 「去る」「滅びる」「絶える」「衰える」「破れる」「失う」「枯れる」「倒れる」「病む」など縁起の悪い表現は避ける必要があります。 年賀状などで「 去年は大変お世話になりました」などと書いてしまう方もいますが、失礼な表現ですので、 「旧年」「昨年」などの言葉を使いましょう。 「元旦」の使い方に注意する 「元旦」とは、 新年の最初の朝、つまり 一月一日を指している表現ですので、「一月一日元旦」と書くと、「一月一日」を繰り返して書いている表現になってしまいます。 元旦は上記のような意味合いから、一月一日に送るメールに限定されます。 一月一日以降に送るメールには使えませんので注意しましょう。 一斉送信は避ける ビジネスの場面だと、共有する情報を 「CC」や 「BCC」などで送付することも多いものですが、新年の挨拶メールは「CC」や「BCC」などを使って一斉送信することは避けましょう。 一斉メールは先方も 「一斉メールだな」と分かってしまうことです。 ちょっとしたことですが、ビジネスマンとして差が出るポイントでもありますので、面倒ではありますが、本文はコピペなどで使い回しでも構いませんが、 件名や宛名はきちんと送付する相手に合わせて送るようにしましょう。 件名にも気配りをする ビジネスの場面でメールを活用していると怖いのが 「ウイルス」です。 特に年末年始にかけてはウイルスメールが増える時期でもありますので、お互いに安心できるよう 「件名」にも気配りが必要です。 個人宛に送る場合には「御中」は使わない 「御中」は会社宛や部署宛に送る際に用いるもので、特定の人に送る場合は使用しません。 地域によっては 1月15日までを松の内とするところもありますが、 新年の挨拶は早めに済ませるのがマナーでもありますので、 1月7日を目途にするほうがおすすめです。 また、ビジネスの場面では 「仕事始めの日」に送る方もいらっしゃいます。 「仕事始めの日」が松の内であれば問題ありませんが、会社のお休みの関係で松の内を過ぎるようであれば、 松の内までに新年の挨拶メールを送り、「仕事始めの日」に改めて「本日より仕事始めとなりました・・・」といった形でご挨拶のメールを送るほうが、より丁寧でしっかりとした印象を与えます。 特に、新年の挨拶というのは「遅くなりすぎる=失礼」となりますので、「取り急ぎ」として新年の挨拶メールを簡単でもいいので先に送るほうがおすすめです。 旧年中は公私にわたりご親身なご指導ご鞭撻を賜り、 誠にありがとうございました。 com …………………………………… 上司の方には、出来れば1月1日にご挨拶できるようにするのがおすすめです。 日頃の感謝を忘れずに入れるとともに、今後とも変わらぬご指導をお願いする文面です。 今後の目標や上司のご家族の方への心配りを見せる一文を添えることで、グッと好印象になります。 年賀状の場合、 区切りをつけないという意味合いから句読点は用いないとされます。 ですが、 メールの場合は句読点がないと読みづらい場合もありますので 「読みやすさ」を優先させ句読点を用いても問題はないでしょう。 日頃の親身なご指導に深く感謝申し上げます。 昨年は新しいプロジャクトを任され、実りある貴重な経験ができました。 今年は、より一層の責任感を胸に積極的な姿勢で業務にあたりたいと思っております。 本年もよろしくご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。 旧年中はひとかたならぬご高配にあずかりまして誠にありがとうございました。 貴社のご繁栄を心からお祈り申し上げますとともに、 本年も倍旧のお引き立てのほど切にお願い申し上げます。 仕事始めとなりましたら、また改めてご挨拶にお伺いする所存でございます。 昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。 本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何卒変わらぬご愛顧を賜わりますようお願い申し上げます。 早速ですが、新年のご挨拶に伺いたいと考えております。 ご都合をお聞かせいただければ幸いです。 年明けの慌ただしいところ恐縮ですが宜しくお願い申し上げます。 取り急ぎメールでの新年のご挨拶になり申し訳ありません。 皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 com …………………………………….

次の

【新年の挨拶】ビジネス文例!上司やお客様へのメールや年賀状

新年の挨拶 ビジネス

POINT• 年始の挨拶回りはビジネスチャンス• 年始回りの際は手土産のマナーをチェック• 担当者の不在時には名刺が活躍 そもそも、年始の挨拶回り「年始回り」の意味とは? 日頃、特にお世話になっている方のところへ、手土産(お年賀・年賀品)を持って新年の挨拶に伺うのが「年始回り」です。 本来は、正月に親族が本家に集まって年始の挨拶を交わし、祝い善を囲む行事を指していたため、今でも一般的には実家や親戚宅に伺うケースが多いでしょう。 しかし、江戸時代には、商売をしている家の主人が、手土産を持って出入り先に新年の挨拶に行くことも「お年始」と呼ばれるようになりました。 そのため現在でも、取引先の会社や、仕事でつき合いのある方のお宅へ出向いて挨拶をするのは、特にスモールビジネス(フリーランス、個人事業主、中小企業、起業家)の場合、忘れてはいけない大切なしきたりとされています。 なんて人もいるかもしれません。 けれど、やはりビジネスシーンにおいて挨拶はとても重要なもの。 年始回りをしっかり行うことで、自分も先方も晴れやかな気持ちで新年をスタートすることができます。 もちろん基本的には電話やメールで済ませるのではなく、お世話になった方のところに直接顔を出して挨拶をするほうがいいでしょう。 年始回りの際は、できれば事前にアポイントを取っておくことをお勧めします。 「挨拶のみですぐに失礼いたしますので」と伝えておきましょう。 ただ、年始は多忙な時期であり、先方に空き時間がなかったり、訪問を断られたりするケースもあり得ます。 その場合にまで無理に押しかけるのは逆効果です。 年賀状での挨拶に切り替えるなど、ぜひ相手の立場を慮った行動を取ってください。 なお、自分が喪中の場合に年始回りを控えることは、決して失礼には当たりません。 また、先方のお身内に不幸があって間もなく新年を迎えた場合、年始の挨拶どころではない状況も考えられます。 訪問先が喪中の場合も、事前に訪問の可否を確認しておくのがいいでしょう。 年始の挨拶はビジネスチャンス?挨拶だけで終わらない工夫とは? 挨拶は、自分の人間性や気配りが意外によく出るもの。 そのため、仕事先への年始回りは、あなたという人間のよさをさりげなくアピールできるビジネスチャンスにもなります。 挨拶だけで終わらない工夫として、仕事の提案を狙っている場合などは、「それでは、次の打ち合わせはいつ頃がよろしいでしょうか?」と、一歩引いた表現で次回のアポイントを決めてもらうと、年始回りを次の仕事につなげられるかもしれません。 また、あなたが持っている仕事上のヒントやアイデアを「ちょっと思いついたことがあったので」と伝えておくだけでも、先方から感謝されるかもしれませんし、向こうはあなたに仕事を頼みやすくもなるでしょう。 こまめさはビジネスの武器になります。 挨拶後の帰り際には、「貴重なお時間をいただきありがとうございました」「お会いいただき光栄でした」など感謝の気持ちを述べると、先方も自分を大事に扱ってくれたことをうれしく思うはず。 それが新たなビジネスの始まりになる可能性も高いです。 取引先へは「先方の仕事始めから2~3日の間」に訪問 元日は自宅で歳神様を祀る日なので、年始回りには出かけません。 お世話になった人のお宅に伺う場合は、本来は1月2日か3日、それが難しい場合は遅くとも7日までに、先方の都合を確かめてから訪問します。 その際は、基本的には早朝や食事時を避けるのがマナーとされています。 日中の11~16時頃に、昼食時を避けて訪問するのがいいでしょう。 年始回りでは長居もNGとされているので、玄関で挨拶をするだけでも充分です。 できれば先方のお宅に上がることは避けてください。 上がるよう勧められた場合も、長居は禁物。 20~30分程度で、おいとまする旨を申し出るようにしましょう。 取引先の会社などに伺う場合は、先方の仕事始めの日から2~3日の間、遅くとも1月15日までに、先方の都合のいい時間帯を確かめてから訪問しましょう。 手土産は何を選べばいい?のし書きは必要? 年始回りでは、手土産を持参し、手渡しすることが基本です。 訪問先の人数などにもよりますが、相手の負担にならないよう、2000~3000円程度を目安に、菓子折りや飲み物、果物などの手軽な「消えもの」を選ぶのが主流です。 以下に、食べ物を贈る場合のチェックポイントをまとめました。 特に会社の場合、関係部署に何人くらい人がいるのか把握しておき、数が足りるように手土産を選んでください。 会社によっては、職場に冷蔵庫を置いていないところがあります。 冷蔵庫の有無が事前にわからないときは、ケーキなどの生菓子は避け、要冷蔵でないものを選んでください。 また、先方の立場に立って考えると、年始は贈り物が増えるため、賞味期限を確認し、できるだけ日持ちするものを贈るのが喜ばれます。 個包装されているものが分けやすいので好まれますが、「死」や「苦」を連想させる4個入りや9個入りのものを贈ると、「縁起が悪い」と気にする方もいるので、念のため気をつけておきましょう。 という買い方をついしてしまいがちな人もいると思います。 しかし、「間に合わせ」では相手への感謝の気持ちなどが伝わりません。 マナーとして避けておくべきパターンです。 事前のリサーチとして、「先方の好きなものは何か?」「相手の好きなものを売っている評判のお店は?」「流行や話題になっているものは?」という3点を押さえておくといいでしょう。 条件面で問題がないなら、できたてのサンドイッチや鯛焼きなども喜ばれるかもしれません。 ただし、事前のリサーチなどが難しい場合は、万人に喜ばれやすい「クッキー、チョコレート、ラスク、煎餅、饅頭、季節限定のスイーツ、紅茶やコーヒー」などが無難です。 万が一、食品系の会社へ年始回りに行く場合は、先方の競合会社の商品は選ばないように注意しましょう。 先方が、誰からもらったものか判別できるよう、のし紙の中央下部に自分の名前や会社名を小さく入れておきましょう。 表書きは「御年賀」「御年始」「賀正」など。 目上の方には「御慶」を使うと、礼儀正しさが伝わります。 もし1月7日を過ぎて渡す場合は、「寒中見舞い」と書いてください。 【関連記事】 ・ 食べ物以外を贈る場合 「実用的に喜ばれるもののほうがいい」と考えて、食べ物以外のものを贈りたいと考えるケースもあるでしょう。 その場合は、誰でも使いやすい「タオルや手ぬぐい」、年始の挨拶だからこその「干支グッズ」などが人気です。 ただし、食べ物以外の贈り物は、マナー違反になってしまうものが多い傾向も見られます。 例えば靴下などは、「相手を踏みつける」という意味合いに取られてしまう恐れがあります。 1つずつ調べるのが面倒なら、年始回りの手土産に食べ物以外のものを選ぶのは避けておくほうがベターだといえます。 また、昨今ではコンプライアンスが厳しくなっており、「食べ物でも食べ物以外でも、そもそも贈答品を受け取れない決まりになっている」という会社もあります。 可能であれば、先方に確認しておくといいポイントかもしれません。 いざ、年始回りへ!年始回りの挨拶例 年始回りは、長居は禁物なので、口頭での挨拶も冗長にならないよう気をつけておきたいところです。 基本的には、以下の4種類を押さえておきましょう。 新年を祝う言葉...... 「明けましておめでとうございます」など。 日頃のお礼や感謝を伝える言葉...... 「昨年中はお世話になりまして、ありがとうございます」など。 今年の仕事での目標を伝える言葉...... 今後も変わらぬ交誼をお願いする言葉...... 「今年もよろしくお願いいたします」など。 長らく直接会っていない相手の場合は、相手の無事を喜ぶ言葉や、無沙汰を詫びる言葉を伝え、簡単な近況報告をするのもおすすめです。 また、先方の状況や、周りを取り巻く社会情勢、その年に予定されているイベントの話などを挨拶に取り入れるのもいいでしょう。 手土産の渡し方、渡すタイミング、渡すときに添える言葉は? 手土産をお店の手提げ袋のまま渡してしまうケースを見ますが、これはNGです。 「気持ちを包む」という意味で、きちんと風呂敷で包んで持っていきましょう。 手土産は本来、玄関、あるいは部屋に通された時点で渡すものです。 簡単なお伺いの挨拶をした後に風呂敷から出し、品物を回転させて、相手に正面を向けて差し出します。 一昔前は手土産を渡すときに、謙遜のニュアンスで「つまらないものですが」という言葉を添えたものですが、最近は適切な表現ではないという考え方が主流になってきています。 それより、相手に喜んでもらいたいという気持ちをストレートに表現するほうが、受け取る側も気分がいいものです。 「お好きと伺いましたので」「お気に召すとうれしいのですが」「お口に合うかどうかわかりませんが」などの一言を添えて、「ぜひみなさんで召し上がってください」と手渡すようにしましょう。 席へ案内された!上座と下座はどっち?手土産の位置 基本的には玄関でおいとましたいところですが、先方に部屋に案内していただくケースもあります。 失礼がないよう、上座と下座をしっかり理解しておきましょう。 洋室の場合 基本的に出入り口のドアから一番遠い席が上座で、近い席が下座になります。 ソファの場合は、長椅子のほうに客人が座り、一人席のほうに家人が座るのが一般的です。 洋室の場合は、先方に席を勧められるまで、下座に近い場所で立って待ちましょう。 この後は、先方が落ち着いたら、椅子に座る前に言葉を添えて手土産を手渡します。 机やテーブル越しではなく、相手と直接向き合ってから両手で渡しましょう。 和室の場合 和室の上座は、掛け軸がかけられている「床の間」や、その脇に設けられた「床脇棚」に近い席です。 床の間がない場合は、出入り口から遠い席が上座、近い席が下座になります。 先方から席を勧められるまでは、下座に一番近い場所で、畳の上に正座して待ちましょう。 立って待つのはNGなので要注意です。 また、手土産は下座により近い位置に置くのがマナーです。 席を勧められたら、座布団に上がる前に、正座のまま相手の真正面以外で風呂敷を開き、手土産を取り出してから畳みます。 そして相手に品物の正面を向けて、言葉を添えてから手渡します。 このとき、畳の上を滑らせて渡したり、机や座卓越しに渡したりするのも厳禁です。 品物を両手で胸の前あたりに持ち上げてから渡しましょう。 【関連記事】 ・ 担当者が不在!そんなときは、「賀詞」を朱印した名刺を たとえアポイントを取っていても、年始は何かと忙しいものです。 会社訪問で相手と会えなかったときのために、賀詞の朱印を押した名刺を準備しておきましょう。 訪問した事実と、訪問の意図だけでもわかるようにしておくのが丁寧です。 社員の方などにお願いして、担当者の机に名刺を置いてもらったり、帰社後に直接渡してもらったりしましょう。 どうしても話したい相手の場合は、再び訪問するか、電話やメールなどでフォローをしておくのがお勧めです。 1文字の賀詞、2文字の賀詞、4文字の賀詞• 1文字の賀詞...... 「寿」「福」「賀」「春」「禧」「吉」「安」「慶」「和」• 2文字の賀詞...... 「賀正」「賀春」「頌春」「迎春」「慶春」「寿春」「慶賀」「賀寿」「初春」• 4文字の賀詞...... 「謹賀新年」「恭賀新年」「謹賀新春」「恭賀新春」「恭頌新禧」「敬頌新禧」「敬寿歳旦」 使う賀詞はどうすれば失敗しないの? 賀詞はいろいろな種類がありますが、1文字・2文字の賀詞は表現がシンプルで、実は相手への敬意を表す文字が入っていません。 めでたい言葉なのですが、丁寧さにはやや欠ける印象があるため、目上の方が相手であれば使用は避けるほうが無難だといわれています。 一方、4文字の賀詞には、「謹」「恭」「頌」「敬」などの敬意を表す文字が入っているため、目上の方や取引先などへの使用に適しています。 失敗を防ぐには、名刺には4文字の賀詞の朱印を押すのがいいでしょう。 アポなし訪問の場合のマナーとは? 基本的には、短時間の年始回りでもアポイントを取ってから伺うことをお勧めしますが、訪問先の社風や、相手との関係性などによっては、アポなし訪問をする場合もあるでしょう。 その際は、始業直後や終業直前、昼食時、相手が忙しそうな時間帯などの時間は避けるのがマナーです。 もし対応してもらえたら、突然の訪問にもかかわらず、先方が多忙な中で時間を割いてくれたことに感謝とお詫びを述べましょう。 そして、簡単な挨拶だけで済ませるようにして、5~15分程度を目安に切り上げてください。 年賀状で年始の挨拶をする場合 年賀状の文例 遠方だったり、スケジュールが厳しかったりして、どうしても直接は年始回りに伺えない相手もいるでしょう。 その場合は、年賀状での挨拶をお勧めします。 直筆の文字には、電話やメールにはない独特のぬくもりがあり、印象に残ります。 たとえ印刷した年賀状でも、自筆の添え書きは忘れないようにしてください。 今回は、ビジネスでのおつき合い上手になるための、年賀状の文例を紹介します。 謹んで新春のご挨拶を申し上げます• 皆々様にはお健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたく厚く御礼申し上げます。 本年も倍旧のご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。 これからも微力ながらお役に立てるよう頑張ります。 賀詞は1つの文書に1つだけ使うのがマナーです。 また、「元旦」は1月1日の朝を指す言葉。 日付と一緒に使うのは重複になってしまうのでNGです。 送る相手によって、内容がふさわしいかどうか考える必要はありますが、自分を印象づけたり、相手との心の距離を縮めたりするために、添え書きで自分の周辺の出来事などを簡潔に入れておくのもいいでしょう。 また、仕事に関すること以外に、相手が個人的に話していた話題(家族のこと、趣味のことなど)があれば、それについて一歩踏み込んだ言葉を書いてください。 その言葉が自分だけに贈られたと感じると、受け取った先方はきっと好感を抱くでしょう。 【関連記事】 ・ ・ まとめ 新年の訪れとともに、日頃の気持ちを直接伝える「年始回り」という行為は、ビジネスパーソンとしての美しいコミュニケーションです。 マナーを押さえておけば、きっと仕事相手との関係が、よりいっそう素晴らしいものになるでしょう。 【関連記事】 ・・ 【参考書籍】 『大人なら知っておくべきお作法の教科書』(枻出版社) 『気配り王の人間関係大事典』(青春出版社) 『心が伝わる短い手紙・はがき・一筆箋』(主婦の友社) 『おつきあい上手になるための手紙の書き方と贈り物のマナー』(毎日コミュニケーションズ) photo:Getty Images.

次の

年始の挨拶をする期間・ビジネスメールの送り方・文例・締め方

新年の挨拶 ビジネス

新年の集まりでの挨拶、少し改まった気分で、でも堅苦しくなく短い気の利いた挨拶をしたいですね。 練習文としてお使いください。 そして、ゆったりと間合いを取ってから、笑顔で話し始めましょう 「(明るく、朗らかな声で)みなさま、あけましておめでとうございます。 (言い終わってから一礼) (改めてしっかりと顔を上げてから笑顔で) 令和2年の新年を皆様、お健やかにお迎えになったことと思います。 少し丁寧に)の年だそうです。 「庚(かのえ)」は、「金」の性質を持っていると言われています。 そして、「子(ね)」は、十二支ではネズミのことですが、 それ以外に「種子の中に新しい生命がきざし始める状態」という意味があります。 令和2年は「新たな芽吹きと繁栄の始まりであり、新しいことを始めると上手くいく」年と、 考えられるのではないでしょうか。 (顔を上げて聴き手の皆様をみましょう) 皆さまの中にも「今年は新しいことにチャンジしよう!」(台詞はリズミカルに!)と、 決意をされた方も多いと思います。 力強く!)でも、ありますね! アスリートたちの活躍からも力をもらえる、様々な良い刺激のある、躍動的な年になるのではないかと私も期待しております。 (少し間を取って、聴き手を見て、やさしくあたたかい声と表情で語りましょう) 皆さまにとって素晴らしい一年となりますよう、心からお祈りいたします。 (背筋を伸ばし、笑顔で)どうぞ皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。 (一礼)」 このコラムでは毎年、新年のスピーチの文例を声や話し方のアドバイス付きでご紹介しています。 過去のコラムもぜひご覧ください。

次の