ノルウェージャン・フォレストキャット 購入。 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史、特徴、性格、飼い方

【もふもふ】ノルウェージャンフォレストキャットの性格、特徴、大きさは?|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

ノルウェージャン・フォレストキャット 購入

ノルウェージャンフォレストキャットの年齢別の特徴 年齢 人間の年齢 特徴 生後10日 生後1ヵ月 まだ目が開いていない 生後2週間 生後6ヵ月 目が開く 耳が曲がり始める 生後1ヵ月 1歳 歩き出す 乳歯が生え始める 生後2ヵ月 3歳 離乳が終わる 生後3ヵ月 5歳 動きが活発になる 生後6ヵ月 10歳 発情期を迎える 毛吹きが始まる 生後7ヵ月 12歳 永久歯が生え始める 1歳 15歳 骨格や毛並みが整い始める 2歳 24歳 体重推移が緩やかになる 3歳 28歳 骨格が安定し始める 6歳 40歳 白髪が出てくる 7歳 44歳 シニア期 肥満に注意 9歳 52歳 老猫となる 10歳 56歳 歯が抜け始める 12歳 64歳 病気にかかりやすくなる 14歳 72歳 白内障などが出てくる 16歳 80歳 痴呆症が出てくる ノルウェージャンフォレストキャットの成長過程については生活環境や体質による個体差があるため上記の表はあくまでも目安ではありますが、その成長過程には一般的な大きさの猫と異なる部分が多くあります。 まず、一般的な大きさの猫は生後9ヶ月頃に成猫とほぼ同じ大きさになり、生後1年を過ぎると成長が止まることが殆どです。 しかし、大型に分類されるノルウェージャンフォレストキャットの場合は2年~3年、個体によっては4年以上成長を続けます。 つまり、成長期が長いということですね。 また、ノルウェージャンフォレストキャットは生まれてすぐに長毛であるわけではありません。 生後5ヶ月頃までは短毛であり、生後6ヶ月~1年頃に始まる毛吹きによって徐々にゴージャスでもふもふな毛並みへと成長していきます。 体格や体重はもちろん、毛並みも数年を掛けて成長を続けるため、全身状態の把握を常に心がけましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの平均体重は、オスで5. この平均体重を見てもわかるようにノルウェージャンフォレストキャットの体重は性別や個体の体格などによって差が大きいため、愛猫にとっての適正体重の見極めが重要となります。 生後9ヶ月を過ぎると将来的なおおよその体格を推測することが可能となることが多いため、かかりつけの動物病院などで体重管理について相談しておくと安心です。 成長期が長いノルウェージャンフォレストキャットですが、やはり急激に体格が成長するのは生後1年頃までです。 大きく健康で丈夫な体作りの基礎となる時期でもありますので、自宅での体重測定を習慣づけておきましょう。 性別による性格の違い ノルウェージャンフォレストキャットは、性別によって性格に違いがあるといわれています。 もちろん個体差はありますが、主に以下のような違いが挙げられます。 オスの性格 ノルウェージャンフォレストキャットのオスの性格は、わんぱくで人懐っこく、甘えん坊な性格が多いとされています。 これはノルウェージャンフォレストキャットに限らず言えることですが、オスの性格は去勢手術が大きく関係することもあり、去勢済のオス猫の場合はいつまでも子猫のような性格であることが多いようです。 メスの性格 ノルウェージャンフォレストキャットのメスの性格は落ち着きがありクール、自立心の高い性格をしていると言われています。 もちろん、全く甘えることがないというわけではなく所謂「ツンデレ」といったような猫らしい性格であることが多いようです。 ノルウェージャンフォレストキャット、アメリカラインとヨーロッパラインの違い ノルウェージャンフォレストキャットには「アメリカライン」と「ヨーロッパライン」の2つの系統が存在します。 これはノルウェージャンフォレストキャットのルーツに深く関係しており、簡単に言えば各血統登録団体の定めている基準に沿って個体の持つ身体的特徴を参考にアメリカとヨーロッパどちらで育種された血統であるかを分類します。 ノルウェージャンフォレストキャットはもともとヨーロッパのみで繁殖が行われていました。 後にアメリカへと輸出され繁殖が行われるようになったことで、アメリカラインとヨーロッパラインの2系統に分かれるようになったと言われています。 2系統それぞれの特徴に関してはヨーロッパラインの場合、がっしりとした骨格に長めのボディと尾、真横から見ると額と鼻先までのラインが一直線になっており、全体的にたくましい野性的な印象を持ちます。 対してアメリカラインはヨーロッパラインに比べて華奢な体つき、ボディも短く顔立ちも柔らかい雰囲気を纏います。 ヨーロッパラインは「Wild(野性的)」、アメリカラインは「Pretty(可憐)」といったところでしょうか。 現在、日本国内で飼育されているノルウェージャンフォレストキャットの殆どがアメリカラインであるとされています。 ペットショップ ノルウェージャンフォレストキャットの子猫をペットショップからお迎えする場合のメリットには、いつでも自由に子猫の見学をすることが可能であることやすぐに自宅へ連れ帰れること、同時に必要な猫用品を購入できることなどがあります。 ノルウェージャンフォレストキャットは日本国内でも人気の高い猫種ではありますが、ペットショップでの販売については地域によっても偏りがあるため、事前にノルウェージャンフォレストキャットを販売しているペットショップをチェックしておくと良いですね。 また、ペットショップからノルウェージャンフォレストキャットをお迎えする場合は、ペットショップの衛生管理状態だけでなく、必ず出生元のブリーダーや親猫、健康状態など子猫の来歴について確認するようにしましょう。 この時に曖昧な返答をする場合、健全なブリーダーの元で生まれた子猫ではない可能性もあるため注意してください。 ブリーダー ノルウェージャンフォレストキャットは日本国内でも人気の高い猫種であるため、全国にブリーダーやキャッテリーが存在しています。 ブリーダーやキャッテリーからノルウェージャンフォレストキャットの子猫をお迎えするメリットには、事前に子猫が生活する環境や親猫を見学させてもらえることやアフターフォローの期待などがあります。 また、優良ブリーダーの元で生まれた子猫は健全な離乳はもちろん、適齢期まで母猫や兄弟猫と共にのびのびと暮らせることから社会性が高く、性格の良い個体が多いとも言われています。 ただ、残念ながらすべてのブリーダーが優良ブリーダーというわけではなく、悪徳ブリーダーと呼ばれる存在もあります。 理由なく事前見学を拒否したり、親猫についての質問をはぐらかしたりするブリーダーには十分に注意してください。 里親 ノルウェージャンフォレストキャットを迎え入れるとき、血統に強いこだわりがないという場合は里親制度を利用するというのも一つの方法です。 人気の高い猫種であるが故に、ブリーダー崩壊や飼育放棄、やむを得ない事情などで新しい家族を探しているノルウェージャンフォレストキャットは全国に数多く存在しています。 ただ、里親募集しているのは子猫よりも成猫が多く、なかには虐待などを理由に心に傷を負っている子もいます。 また、お迎えするためには家族構成や年収、住居環境などの個人情報の提供が必要になることもあるためそれらを覚悟しておく必要があるのも事実です。 しかし、ノルウェージャンフォレストキャットは非常に穏やかで人懐っこい性格をしているため、成猫からお迎えしても問題なく慣れてくれたというケースも多々あります。 事前の見学やトライアルなどが可能な場合もありますので、まずは近隣でノルウェージャンフォレストキャットの里親募集がないかどうかだけでも是非チェックしてみてください。 環境 ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかな性格をしていながらもハンターの気質を持ち、高い場所に登ったり、じゃれ合いっこやハンターごっこをしたりするのが大好きです。 特に本棚や食器棚など高い場所に強い興味を示すことが多いため、安全管理は徹底しなければなりません。 遊び好きであるためあまり狭い環境での飼育は向いておらず、高い場所で安全に寛げるように大きめのキャットタワーやキャットウォークなどを準備してあげるのがおすすめです。 また、屋外を好む個体も多いためリードを装着してお散歩に連れ出す飼い主さんも多いようです。 ただ、ノルウェージャンフォレストキャットのお散歩は必ずしも必要なわけではなく、かえって脱走癖などに繋がる可能性もありますので個体の性格や生活環境に応じて慎重に行ってください。 シャンプー ノルウェージャンフォレストキャットのゴージャスなダブルコートの被毛は日々のブラッシングが欠かせません。 シャンプーに関しては必ずしも必要というわけではありませんが、防水性に長けた被毛は皮脂で覆われているため、長期間放置していると皮脂汚れが溜まったり、被毛のもつれの原因となったりする場合もあります。 胸周りやしっぽなど汚れやすい部分の被毛も長く、換毛期には毛球症の心配もあるため、子猫期からシャンプーに慣れさせておくと良いかもしれません。 ただ、あまりに頻繁にシャンプーをするのは愛猫の負担になりますので、できるだけブラッシングなど毎日のケアで被毛を清潔に保てるよう心がけましょう。 また、ノルウェージャンフォレストキャットを自宅でシャンプーする場合は必ず猫用シャンプーを利用するようにしてください。 ノルウェージャンフォレストキャットの子猫の飼い方 ノルウェージャンフォレストキャットの子猫はわんぱくで遊び好きな個体が多いため、様々な遊びを通してコミュニケーションを図りましょう。 大型に分類されるノルウェージャンフォレストキャットの見た目は一般的な大きさの猫に比べて早い月齢で赤ちゃんっぽさが抜けてきますが、生後1年頃まではまだまだ悪戯盛りです。 高い場所に登るのが好きで、自分では降りられない場所に登ってしまうこともありますので、子猫が過ごす室内の安全管理に気を配りましょう。 また適応力や社会性に長けたノルウェージャンフォレストキャットは、子猫期から知らない猫や動物、知らない人などと触れ合うことで少々のことでは物怖じしない性格になる可能性を秘めています。 お家や家族に慣れてきたら、あまり過保護にせず色々な音を聞かせてみたり、友人に遊びにきてもらったりと社会性を伸ばすための経験を積ませてあげるのも良いでしょう。 生後1年間はノルウェージャンフォレストキャットの丈夫で大きな体の基礎づくりとなる大切な時期です。 この時期は少々目安量より食べ過ぎることがあっても特に問題はありません。 むしろ、目安量を下回って食べないことや体重が増えないことの方が心配なため、良質な食事をたっぷり与えることを意識してください。 また、猫は生後6ヶ月までに食べたものしか受け付けなくなる「ネオフォビア現象」がしばしば見られるため、子猫のうちに様々な種類のフードに慣れさせておくと良いですね。 成猫 ノルウェージャンフォレストキャットは一般的な大きさの猫に比べて成長期が長く、成猫とされる生後1年を過ぎても成長を続けます。 そのため成猫用フードへの切り替え時期の見極めは慎重に行わなければなりませんので、かかりつけの獣医師と相談しておくと安心です。 また、ノルウェージャンフォレストキャットは食欲旺盛な個体が多いものの、運動量が少ないと太りやすい体質を持つため肥満には十分に注意しましょう。 また、エサ選びについては皮膚や被毛の健康、毛球症対策(ヘアボール)、関節サポートなどノルウェージャンフォレストキャットの特徴にあわせたものを選ぶのがおすすめです。 生後1年を過ぎれば食事回数は1日2回でも問題はありませんが、あまりに何度も催促するようであれば3回程度に分けて与えるのも一つの手です。 一般的な猫よりも大きな体を持つノルウェージャンフォレストキャットは、食費や雑費が高額になることも珍しくありません。 また、年齢を重ねるごとに健康診断は半年に1回、病気を患えば高額な治療費が必要になる可能性も。 ただ可愛いというだけの安易な気持ちで迎えることは絶対に避け、一生に責任を持つことができるのかをしっかり考慮してからノルウェージャンフォレストキャットをお迎えしたいですね。 グリコーゲン貯蔵病(糖原病) 猫のグリコーゲン貯蔵病(糖原病)とは、グリコーゲンと呼ばれる筋肉や肝臓に溜め込まれる糖分がうまく利用されず、過剰に貯蔵され続けることで全身に様々な症状を及ぼす遺伝性疾患です。 その症状は筋力の低下や運動時の過剰な疲労、低血糖などがありますが、他の遺伝性疾患と比べて発症が稀であるため、まだまだ情報が少ないのが現状です。 しかし、症状が進行することで低血糖による昏睡や肝臓肥大などを引き起こし命に関わる可能性があるため、早期対応が重要となります。 他の純血種と比べても遺伝性疾患が少なく、丈夫な猫種とされるノルウェージャンフォレストキャットですが、何か少しでも異変を感じたらすぐに動物病院を受診するようにしてください。 眼瞼内反症 猫の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは、眼瞼(まぶた)が内側に反り返った状態のことをさします。 内側に曲がったまぶたはまばたきをする度に眼球を刺激し、傷つけるため目ヤニや充血などの結膜炎、角膜炎症状や、まばたきの回数が増える、目を執拗にこする、まぶたの痙攣などの症状が現れます。 眼瞼内反症の治療方法としてはまぶたの被毛を剃ったり、内反矯正手術と呼ばれる外科的治療が用いられます。 眼瞼内反症の原因には遺伝性や外傷、慢性的な眼病などがあるため、どの年齢のノルウェージャンフォレストキャットでも発症する可能性があります。 少しでも目を気にする様子があればしっかりと観察し、なるべく早く動物病院を受診しましょう。 毛球症 ゴージャスなダブルコートの被毛を持つノルウェージャンフォレストキャットは、日々のブラッシングなどを怠るとグルーミング(毛繕い)の際に飲み込む毛量が過剰になり、毛玉を吐いたり、排便したりすることも困難になる毛球症(ヘアボール)を引き起こす可能性があります。 毛球症そのものはすぐに寿命に関わるような重篤な病気ではありませんが、症状が悪化すると外科手術で毛玉を除去しなければならなくなる可能性もあります。 初期症状としては食欲不振や便秘、お腹まわりを触られることを嫌がる、吐きそうな素振りを見せるなどがあります。 軽度な毛球症であれば、ヘアボールコントロール対応のフードやおやつ、猫草などを利用するだけで改善できる場合もありますが食欲不振が続く、排便できないなどの症状がある場合は早急に動物病院を受診してください。 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史 北欧を代表する猫種ともいえるノルウェージャンフォレストキャットは、スコグカッテル(Skogkatter)、スコウカッテル(Skaukatter)、さらに「ノルウェーの森林ネコ」という意味を持つノシュク・スコグカット(Norsk Skogkatt)などと呼ばれます。 「ノル」「ウェジー」「NFC」などの愛称も。 非常に古い歴史を持つ猫種であり、北欧神話に登場する「雷神トールでさえ持ち上げられなかった猫」や「女神フレイヤが車を牽かせるために用いた2匹の猫」などのモチーフもノルウェージャンフォレストキャットであると考えられています。 「森の妖精」と表現されるゴージャスで愛らしいその姿はノルウェーの地への自然適応で誕生したものであり、1930年代頃まではノルウェーで広く愛されたものの、品種としての認識はなかったようです。 後にノルウェーの愛猫家がノルウェーを代表する猫種としてノルウェージャンフォレストキャットの保護、保存に乗り出しますが、第二次世界大戦の影響によりそれらは中断、1970年頃までには絶滅の危機に陥ることとなります。 しかし、愛猫家の尽力により絶滅の危機を逃れ、1977年にはヨーロッパの猫種登録機関へ登録。 1979年にはアメリカへと渡り新天地での繁殖が開始、1984年には正式に品種として公認されることとなりました。 この時に原産国であるヨーロッパと新天地となったアメリカでそれぞれ繁殖、育種された血統をヨーロッパライン、アメリカラインの2系統として分類、呼称します。

次の

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史、特徴、性格、飼い方

ノルウェージャン・フォレストキャット 購入

ノルウェーではよく知られた存在のノルウェージャンフォレストキャット。 日本でも人気の猫種ですが、「大きくてふわふわもふもふ」というイメージしか持っていない方が多いのでは?神秘的なノルウェージャンフォレストキャット。 その性格や特徴をご紹介します。 ノルウェージャンフォレストキャットはどんな猫? ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェー、スカンディナヴィア半島を中心とした北ヨーロッパ原産の猫。 地元ノルウェーでは「スコグカッテル」、「スコウカッテル」と呼ばれていて、どちらも「森」を意味する言葉。 寒さに厳しい環境に順応して生きる彼らは「森林の猫」と呼ばれ、昔から現在に至るまで深く親しまれています。 ノルウェージャンフォレストキャットは人の手によって作られた猫ではなく、原産地ノルウェーの寒冷気候に自然に適合して発生した猫種です。 体格の大きさや長くて厚い被毛が特徴的ですが、これは全てノルウェーの厳しい気候の中で生きていくためのものなのです。 ノルウェージャンフォレストキャットの特徴は? ノルウェージャンフォレストキャットの被皮は厚くふわふわとした二層状です。 外装の毛は防水性が高く、内側の毛は密度が高く縮れることで空気を含みやすくするといった、優れた防寒防水機能を持っています。 — 2017 1月 14 8:13午後 PST また、ノルウェージャンフォレストキャットの足の裏には長い毛があります。 これは「タフト」といって、猫の長い毛の束のこと。 長毛種の猫の耳や指の間などに見られる特徴です。 このタフトは「カンジキ」のような役目を持っていて、タフトのおかげで雪原を自由に歩き回ることができます。 耳にもタフトがたっぷりとあり、長い尾はふわふわの毛に覆われホウキのようです。 厳しい環境を生き抜くために大きく逞しい体格をしたノルウェージャンフォレストキャット。 体重は、成猫のオスで4. 5-7. 0kgほど。 メスがそのおよそ半分くらいの3. 5-5. 5kg。 骨格も太く筋肉質です。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格 — 2016 12月 14 7:20午前 PST 一見穏やかで物静かで落ち着いた雰囲気を醸し出しているノルウェージャンフォレストキャット。 しかし内面は寒冷な地域にすむ野生動物の血を引くのか、忍耐強く、知的で優秀なハンターの面を見せます。 高い木の上に登り、常に首位の状況を確認することを怠りません。 抑圧にも屈せず、一見頑固にも見える強い主張を見せます。 非常に繊細な神経も持ち合わせているのもノルウェージャンフォレストキャットの性格の特徴です。 一方で、外に出る事を好み、近所に仲の良い猫がいれば進んで遊びに行くという、フレンンドリーな性格の一面もあります。 人と遊ぶことも大好きで、とても人懐こく愛情深い性格です。 物怖じせず、先住猫や犬、小さな子供にも近寄って仲良くしようとします。 ノルウェージャンフォレストキャットは人とのスキンシップを好むので、時間があるときはたっぷり遊んであげることが大切です。 見た目は優美でおっとりとした印象を受けるノルウェージャンフォレストキャットですが、実はなかなかお茶目で3枚目な性格をしているのですね。 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は? ノルウェージャンフォレストキャットの歴史は古く、11世紀にバイキングがトルコのビザンチン帝国から持ち込んだという説があります。 バイキングは、船の中のネズミをノルウェージャンフォレストキャットに退治させるために連れてきたのだとか。 また、ノルウェージャンフォレストキャットは北欧神話にも登場します。 「戦神トールでさえ持ち上げることのできなかった猫」、「女神フレイヤの車を引かせるために用いた猫」といった、なかなか猫らしからぬ様子で描かれています。 ノルウェージャンフォレストキャットの体格の大きさから、このような描かれ方をされたようです。 1930年代までは地元ノルウェーでは「いつもその辺にいる猫」といった、普通の飼い猫のノルウェージャンフォレストキャットでしたが、第二次世界大戦後から正式な品種として世界に公認されていくようになりました。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命、かかりやすい病気は? ノルウェージャンフォレストキャットを家族に迎えるなら、「長生きしてくれるかな?」「どんな病気にかかりやすいのかな?」と健康面のことを知っておきたいもの。 寿命や病気について見てみましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットの寿命は、それと比べるとやや短めの11~14歳くらいというデータがあるようです。 ノルウェージャンフォレストキャットは、自然発生した「純血種」ですが、遺伝疾患があまりない猫種です。 ただ、病気とは無縁というわけではありません。 次のような病気に気をつけましょう。 ・毛球症 ノルウェージャンフォレストキャットの魅力でもあるゴージャスな被毛が毛球症を引き起こすことがあります。 毛球症は、飲み込んだ抜け毛がお腹のなかでボール状になり、詰まって排出できなくなって苦しむ症状が現れます。 軽い症状で済めば「吐いて出す」ことも可能ですが、症状が重く悪化すると手術でしか対処できません。 ・糖原病 ノルウェージャンフォレストキャットの遺伝疾患として、糖原病というものがあります。 エネルギーとして貯めたグリコーゲンを肝臓で分解できずに、肝臓障害や神経障害を起こします。 ノルウェージャンフォレストキャットに起こり得る遺伝疾患とは言われているものの、この病気が発症することは極めてレアなケースと言われています。 ・肥大型心筋症 心臓の筋肉の壁が厚くなって、それが原因で正常の心臓の働きができなくなる病気です。 初期のころは症状がほとんどなく、気づきにくいと言われています。 健康診断で発見されるケースも多く、早めに投薬治療などで対処をすることができます。 飼い主さんが長生きできるようにケアをしていくことが重要です。 毛球症を防ぐために必要なのは、こまめなブラッシング。 特に、季節の変わり目には毛が生え変わります。 スキンシップもかねて、ブラッシングを日課にしましょう。 ワンプッシュボタンで取り除いたムダ毛をラクラクポイ!片手で操作できます。 また、さまざまな感染症やケガのリスクを防ぐには完全室内飼が理想的です。 ただ、大型の猫なので運動不足が原因で肥満にしないように気をつけましょう。 肥満になると、関節への負担が大きく、動きづらくなってしまいます。 一人でも遊べるように、キャットタワーを準備し、家のなかでもたっぷり運動できる環境づくりをしてみてくださいね。 運動すると食欲も出てくるものですが、食べさせ過ぎは栄養過多で肥満を引き起こしてしまいます。 食事の管理もしっかりおこなうことが大事です。 体のお手入れ、運動不足に注意する、食事管理を行うなど、ノルウェージャンフォレストキャットが健康で長生きできるようにライフスタイルを整えることは飼い主さんの愛情でもあります。 <総合栄養食> まとめ メイクイーンとともに非常に人気が高まっているノルウェージャンフォレストキャット。 ウールのような心地よい手触りと人懐こい性格で、これからもますます人気が沸騰しそうですね。 最大の魅力のふわふわの被毛は、毎日のブラッシング等のお手入れが必須です。 寂しがり屋な性格のノルウェージャンフォレストキャットですから、日々のお手入れも大好きな飼い主さんとのスキンシップになります。 寒い地域出身の猫ですから夏の温度調整も大切です。 最適な生活環境とお手入れで、幸せなノルウェージャンライフを満喫してくださいね! <参考サイト> — おすすめ記事 —.

次の

ノルウェージャンフォレストキャット 人気ブログランキング OUTポイント順

ノルウェージャン・フォレストキャット 購入

関連記事 ノルウェージャンフォレストキャットは運動神経抜群で、アクティブに動きまわる ノルウェージャンフォレストキャットは、ノルウェーの森を駆け巡って狩りをして生活していたため、運動能力が高い猫種です。 しっかりした骨太の大きな体は筋肉が発達しており、力が強い長い脚には丈夫な爪が生えています。 木や岩場などを登って獲物を獲ることも得意ですよ。 野外で高いところに登って視界を確保していた習性が色濃く残っており、室内でも本棚や家具、家電製品などの上といった高いところを好む傾向にあります。 屋外で運動することが大好きな猫ですが、充分に運動できるような高低差を設けた環境さえ整えてあげれば室内だけでも充分に飼育することができますよ。 ノルウェージャンフォレストキャットは温厚でフレンドリーな性格 ノルウェージャンフォレストキャットはそんな特徴とは裏腹に、温厚な性格のためペット向きの猫でもあります。 ひょうきんで人間とのスキンシップを好むフレンドリーな性格であり、寂しがり屋の一面もあります。 頭がとても良いため、簡単な芸ならすぐに覚えてくれますよ。 厳しい環境で生きてきたため、忍耐強いところもあり、小さな子供や他のペットがしつこく構っても辛抱強く相手をすることができるのもポイントです。 ノルウェージャンフォレストキャットの人気の毛色は? ノルウェージャンフォレストキャットは森に野生していた野生猫なので、被毛のカラーパターンは多彩です。 「ブラック」「ブルー」「ホワイト」などの単色、「ブラウン」「シルバー」「ブルー」「レッド」「クリーム」などのタビー、ホワイトと他の色を組み合わせたバイカラーがありますよ。 ノルウェージャンフォレストキャットの価格相場は? かかりやすい病気• 毛球症• 熱中症• 糖尿病• グリコーゲン貯蔵症• 眼瞼内反症• 尿路結石症 ノルウェージャンフォレストキャットは毛球症と熱中症にかかりやすい傾向があります。 毛球症とは毛づくろいの際に飲み込んだ自分の毛がお腹の中にたまって排出できなくなったために起きる病気です。 長毛種ゆえの傾向ですが、日頃からブラッシングをして無駄な毛を取り除き、定期的にシャンプーをすることで少しでも毛を飲み込む量を減らしてあげてください。 毛玉ケアのできるキャットフードや「猫草」を与えるのもおすすめですよ。 またノルウェージャンフォレストキャットはもともと寒い地方の猫で暑さには弱いため、熱中症対策をする必要もあります。 夏場はエアコンを28度前後の除湿運転で使い、温度を調節してあげることをオススメします。 また、夏場はサマーカットにするという方法もあります。 毛並みは冬までには完全に元に戻るので安心ですよ。 そのほか、「糖尿病」「グリコーゲン貯蔵症」「眼瞼内反症」「尿路結石症」にも注意してあげてくださいね。 詳しくは、「」をご確認ください。 モグニャンについてさらに詳しくまとめた記事はです。 アーテミス『オソピュア』 「アーテミス『オソピュア』」は、 良質な動物性タンパク質が摂取でき、ビタミンB1・カルシウム・カリウムなど猫に必要なビタミンやミネラルを多く含む「ガルバンゾー豆(ひよこ豆)」も使用されているためおすすめのキャットフードです。 また猫の身体にやさしいグレインフリー(穀物不使用)かつ無添加です。 「アーテミス『オソピュア』」についてさらに詳しくまとめた記事はです。 ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめな最高級キャットフードはからも確認できます。 浄水器 日本の水道水は、世界的に見ても安全なレベルを維持しています。 しかし、個人宅やマンション内に張り巡らされている 水道管の中には法定耐用年数(40年)を超えているものも多く老朽化により、サビや細菌の混入がないとは言い切れません。 また、人および猫などの動物に影響を与えない程度ではあるものの、消毒のための塩素の添加が義務付けられています。 3つのフィルターを備えることで高い浄化能力を実現したウォーターサーバー「ピュレスト」を活用して、水道水をより安全なものにしてみてはいかがでしょうか。 見分けるポイント• 耳の飾り毛 ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンはどちらも寒さの厳しい地域で生まれたため、とてもよく似た見た目をしています。 パッと見ただけでは判別が難しいかもしれません。 そんな2種を見分けるポイントは、「鼻筋」「耳先の飾り毛」です。 メインクーンは「丸みを帯びた鼻筋」をしているのに対し、ノルウェージャンフォレストキャットは「まっすぐに通った鼻筋」をしています。 また「リンクスティップ」とも呼ばれる、耳先から伸びる飾り毛も見分けるポイントです。 立派な飾り毛を持つメインクーンに対し、ノルウェージャンフォレストキャットは飾り毛がありません。 ノルウェージャンフォレストキャット メインクーン ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンのかわいい写真5選 メインクーン メインクーン ノルウェージャンフォレストキャット ノルウェージャンフォレストキャット 毛並みの手入れと室内温度管理ができれば飼いやすい猫種 森の妖精という愛称通りのミステリアスな雰囲気と、温厚でフレンドリーな性格から、長毛猫の人気上位にランクインしているノルウェージャンフォレストキャット。 オスは最大で60cm程度まで大きくはなりますが、毛並みの手入れと夏の暑さにさえ気を付ければ比較的飼いやすい猫です。 初心者の方や小さなお子さん、他のペットがいるお宅にも安心して迎えられる猫種ですよ。

次の