冷凍 肉 団子。 【業務スーパー】冷凍肉団子の2種類を比較!お弁当・シチューに便利な食材。

業務スーパーの肉団子がコスパ抜群!アレンジレシピもあわせて紹介!

冷凍 肉 団子

業務スーパーの肉団子には、 1袋におよそ500gの肉団子が詰め込まれています。 個数にすると、だいたい34個程度の肉団子が入っているとのことです。 お値段はその時々により多少変動しますが、 直近の販売価格は160円(税抜)だったそうです。 ということは、肉団子1個当りは約4円程度という計算になります。 肉団子が1個4円と考えると、そのコスパの高さがどれほどのものかが良く分かるはずです。 外食先で肉団子定食を注文した場合、使用数はいいとこ10個前後でしょう。 にも関わらず、会計額は1,000円程度となる筈です。 当然外食先と自宅ごはんを同列に考えるわけにはいきませんが、比較することで如何にこの商品がCPに優れているかが判ります。 以前はこの500g入り以外に、1kg入りの肉団子が販売されていたそうです。 ただ、現時点では明確な販売情報が無く、現在も取り扱われているかどうかは定かではありません。 業務スーパーの肉団子:一袋• ゴマ油またはサラダ油:適量• 玉ねぎ:一玉• 片栗粉:小さじ1• 水:60cc• うずらの卵:15~20個• 刻みネギ:適量• 肉団子を解凍する。 玉ねぎをみじん切りにする。 フライパンに油を入れ、玉ねぎを炒める。 玉ねぎが半透明になったら肉団子を入れる。 先程合わせた調味料を投入し、煮込んでいく。 中火にしてうずらの卵を投入する。 全体に味が良く染み込んだら火を止め、水溶き片栗粉を回しかける。 改めて火にかけ、グツグツとしてきたら出来上がり。 【パスタ】• パスタ:2人前• 塩:パッケージに書かれてる量 【ミートボール】• 業務スーパーの肉団子:10個〜15個• にんにく:1かけ• オリーブオイル:適量 【トマトソース】• トマト缶:1缶• 塩コショウ:少々• 砂糖:大1• 牛乳:大2• ケチャップ:大3• とんかつソース:大3• バジル or イタリアンスパイスミックス:お好みの量• コンソメ:1個 【お好みで】• とろけるチーズ or パルメザンチーズ:好きなだけ• パスタを茹でる。 トマトソースの材料をミキサーまたはフードプロセッサーに入れ、形がなくなるまで混ぜる。 フードプロセッサーにかけたトマトソースをソースパンに入れ、弱火で煮込む。 煮込みながら味見をして、味を調整する。 フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくを香りが出るまで炒める。 肉団子を入れて、にんにくの香りと焼き色をつける。 程よく焼き色がついた肉団子を、フライパンまるごと全部トマトソースの中に入れる。 トマトソースの中に茹で上がったパスタを入れ、混ぜ合わせたら出来上がり。

次の

肉団子のカロリーは?鍋物や冷凍の肉団子、甘酢肉団子やミートボールのカロリーをご紹介

冷凍 肉 団子

こんにちは。 業務スーパーに通いつめること10年以上のヨムーノライター、相場一花です。 業務スーパーでは、おかずのアクセントに大活躍するコスパの良い食品も数多く取り扱っています。 食費が気になる食いしん坊家族としては、ありがたい限り。 今回は、使い勝手の良い「なんこつ入り国産鶏だんご」と「たれ付き肉だんご」をご紹介します。 業務スーパー歴10年以上の私は、業務スーパーへ通い始めた頃に「業務用 冷凍肉だんご」を購入していたことがあります。 しかし、業務スーパーの「業務用 冷凍肉だんご」は、肉よりもつなぎ部分が強調されていてイマイチ……。 友人たちに意見を求めると、私と同じように感じている人が多数いました。 友人たちが言うには「業務用 冷凍肉だんごは、アレンジありきで購入するものだよね!」とのこと。 確かに「業務用 冷凍肉だんご」に甘酢タレを付けて炒めたりカレーに入れたりしてアレンジすれば、それなりの味に仕上がります。 しかし、リピートしたいかと問われると個人的には微妙なところ。 ある日、業務スーパー店内の冷凍食品をのぞいていると「業務用 冷凍肉だんご」以外にも様々な種類の肉だんごを発見!10年越しに業務スーパーの肉団子をレジまで運びました。 リピート決定!「なんこつ入り国産鶏だんご」• 業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」250g・168円(税別) 業務スーパーで販売されている食品は大容量というイメージが強めですが、業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」は、250gと少量タイプ。 我が家は食いしん坊4人がいますので、1回で使い切りました。 パッケージの中には、「なんこつ入り国産鶏だんご」が14個入っていました。 つまり、1個あたり12円。 かなりコストパフォーマンスに優れていますね。 製造元は「株式会社ウェエルハムフーズ 宮崎工場」 とても安い肉団子ですが、製造元を確認すると「株式会社ウェエルハムフーズ 宮崎工場」との記載がありました。 株式会社ウェエルハムフーズは本社を東京に構え、肉製品や加工品の自社製造及び販売などを行っている企業です。 業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」をアレンジ! 肉団子入り生姜味噌鍋の作り方 業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」を使って、生姜味噌鍋を作ってみました。 【材料】• 業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」• 野菜(にんじん、たまねぎ、キャベツ、じゃがいもなど)• 味噌・醤油・みりん・生姜・にんにく(適量) 【肉団子入り生姜味噌鍋の作り方】• 切った野菜と、業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」を鍋の中にいれる。 この時、鍋に少々の水を入れておく。 鍋の蓋をしてから、弱火で野菜が柔らかくなるまで煮る• 火を一旦止めて、味噌・醤油・みりん・生姜・にんにく(適量)で味付けする• 再び弱火で10分程煮ると完成 寒い日にぴったりな肉団子入り生姜味噌鍋ができました! 中まで味が染みておいしい! 味噌や生姜、野菜の味が肉団子の中までよく染みていました。 肉団子の中に入っているにんじんやたまねぎもいいアクセントになっています。 また、なんこつが入っているためコリコリしていますが、4歳と2歳の子ども達が気にする様子はありません。 口の中にコリコリしたなんこつが残ることもなく、幼い子ども達にも安心して食べさせられました。 業務スーパー「なんこつ入り国産鶏だんご」超アタリの肉団子ですね。 コスパもかなり良いので、リピート決定です。 失礼ながら「業務用 冷凍肉だんご」のイメージがあったため、こんなにも業務スーパーの肉団子がおいしいとは思いませんでした。 (笑) 子どもには大好評!業務スーパー「たれ付き肉だんご」• 業務スーパー「たれ付き肉だんご」500g・187円(税別) 大きなミートボールのような見た目が美味しそうな業務スーパー「たれ付き肉だんご」。 肉団子は真空パックされてくしゃくしゃになっていて不格好です……。 パッケージから出して数えてみたところ、1袋に28個の「たれ付き肉だんご」が入っていました。 計算すると1個あたり約6円!びっくりするほど安い……!食費が気になる家庭では本気で助かる肉団子ですね。 製造元は「トリゼン食鳥肉協同組合」 「値段が抑えられ過ぎなので、国内製ではないだろう……」とパッケージを確認したところ、国内製造でした。 食品の国際標準規格であるISO22000認証の取得をしています。 きっと業務スーパーは私達の知らないところで、企業努力をしているのかもしれませんね。 業務スーパー「たれ付き肉だんご」の調理方法• 肉団子を数回に分けて食べる方は、事前に真空パックや保存容器を用意しましょう。 少しずつ取り出して食べられないのはちょっと不便に感じました……。 たれはおいしいけれど…… 肉団子の表面は、しょうゆや砂糖をベースとした甘めのたれがかかっていて、ミートボールを食べているような感覚。 4歳と2歳の子ども達にはかなり好評でした。 1回では完食できずに余ったため、翌日4歳の子どものお弁当に入れたら喜んでいました。 ちなみに、「たれ付き肉だんご」はかなり大きめサイズです。 320mlの幼児用お弁当箱には入らなかったので、お弁当箱に詰める時には肉団子を半分にカットしました。 子ども達には大好評でしたが、私と夫の感想は「たれ付き肉だんごはイマイチ」です。 前述の業務スーパー「業務用 冷凍肉だんご」と同じく肉っぽさをあまり感じ取れなかったこともあり、子ども達とは対照的に食が進みませんでした。 たれは美味しいと感じましたが……。 食品添加物が気になる 「たれ付き肉だんご」の味も気になりましたが、食品添加物が多く含まれているのも気になりました。 パッケージで確認したところ、増粘剤・グリシン・pH調整剤が入っていました。 加工食には様々な食品添加物が入っているものですが、今回一緒に購入した「なんこつ入り国産鶏だんご」には、先ほど記載した食品添加物は入っていませんでした。 そのせいなのかわかりませんが、業務スーパー「たれ付き肉だんご」の後味があまりよろしくなく、イマイチな印象を受けたのかもしれません。 業務スーパーでコスパの良い肉団子を探そう! 業務スーパーには有名な「業務用 冷凍肉だんご」だけでなく、様々な種類の肉団子を取り扱っています。 私が知っている限りでは、本記事で紹介した肉団子の他に「ミートボール」も。 店舗によっては、もっと種類があるかもしれません。 いずれにしても、業務スーパーの肉団子はコストパフォーマンスに優れており、高い食費をどうにかしたいご家庭にはありがたい商品であることは変わりません。

次の

業務スーパー肉団子のアレンジレシピ6選

冷凍 肉 団子

解凍方法はそのまま500Wの電子レンジで約4分30秒温めるか、湯煎で解凍するかの2種類の解凍方法があります。 湯煎の場合は、凍った袋ごと熱湯で15分ほど加熱することで食べられる状態になります。 袋ごと加熱するだけで食べられるので、その他の付け合せやお料理に時間がで使えて、時短料理ができる点がとても便利ですよね。 お値段は1つ102円 税込 ですので、かなりコスパは高いです!味付けの手間もかからないので、本当に楽ちん&美味しいハンバーグです。 サイズ感がかなり大きいので、お子様には1つを半分に切ってちょうどよい大きさかもしれません。 チーズ好きの方には気に入って頂ける一品となっているのではないでしょうか。 こちらのハンバーグステーキは塩コショウがベースのベーシックな味付けのハンバーグです。 目玉焼きや、温野菜、デミグラスソースなど一緒に食べてみてください。 コンビネーションが最高においしいですよ。 こちらはソースなどを作るひと手間が必要ですが、ハンバーグは出来上がっているので、味つけにこだわりを持って作りたい時や、ソースに時間をかけて作りたい方には、ハンバーグを作る時間を短縮できるので便利ですね。 材料は牛肉と鶏肉のミックスで、ベーシックなハンバーグです。 こちらのハンバーグもとても重量感があるので、充分にお腹が満たされますよ。 重さは約140gなので、数字だけを見ると1人前には少し量が少ないかもと感じるかもしれません。 しかし、ハンバーグのお肉感が強いので、満腹感があり充分に満足できるはずですよ!お肉好きの方に満足して食べて頂ける一品です。 お値段は1つ102円 税込 で、先程と同じく加熱すればすぐに食べることができます。 自分で好きな味付けを試されたい方にオススメのハンバーグです。 シンプルな味が好きな方にもおすすめ!ソースがない分カスタマイズできるので、調理の幅が広がります。 買い置きにとても向いていますね。 こちらも先ほどのチーズ入りトマトソースと同じく国産製品となっています。 どんぶりにしてしまうと、洗い物も少なくなってさらに、家事が楽になる点も良いですね。 たまにはとことん楽をしても良いですよね。 かなり軽めのハンバーグですので、お子様や、お弁当にもぴったりです。 材料は鶏肉がベースに豚脂をつなぎとして使用されています。 なので、ふわっとした食感で、柔らかく食べやすい印象。 混ぜ込んだ玉ねぎも甘みが感じられて、野菜嫌いなお子さんでも食べやすいのではないでしょうか。 重量は116gでソースも合わせると160gとなります。 こちらもハンバーグステーキと同じく国産です。 3種類のおすすめのハンバーグをご紹介しましたが、気になるハンバーグはありましたか?すべてが1つ102円(税込)とお得尚値段ですので、是非一度お試しください。 唐揚げは多くの人が好きなおかずのひとつですよね。 業務スーパーには冷凍の唐揚げのラインナップが6種類ほどあります。 今回は、和風味がおいしい唐揚げをご紹介。 鶏もも肉を使用した、柔らかいお肉の唐揚げです。 ジューシーさもあり、満足感を感じられる唐揚げですよ。 和風テイストですので、くどくなく、さっぱりと召し上がれます。 醤油ベースの味付けで、それほど好みは別れず、多くの人がおいしいと感じられる味となっています。 醤油とほのかに香る生姜が食欲を更にそそります。 パサパサ感全くなく、白米との相性も抜群です!量が多い為、飽きがきてしまうことが心配ですが、オーソドックスな味と食べ応えになっているので、様々なシチュエーション活躍してくれる一品です。 内容量は500gで、税込429円となっています。 数にすると大体15個から16個ほどの量が入っています。 調理方法は170度の油でこんがりするまで揚げる方法がおすすめです。 唐揚げがおいしいのは揚げたてが一番だと思います。 サクサクでジューシーな唐揚げになりますよ。 しかし、揚げ調理ずみの商品ですので、手軽にサッサと調理したい場合は、電子レンジの調理も可能です。 電子レンジだと、3個当たり2分から2分半加熱すれば食べることができます。 電子レンジだと、衣がしなっとして柔らかい食感になります。 好みもあると思いますので、お好みで調理してください。 冷凍の唐揚げは1㎏の商品が多い中で、こちらは500g入り。 冷凍庫の大きさが限られている家庭だと、スペースの確保にもちょうど良いサイズ感かと思います。 こちらは原産国;中国で、神戸の会社が輸入している商品となっています。 詳しい調理方法は、170度に熱した油に凍ったままのフライを投入して、5分ほど揚げれば完成です。 生パン粉に含まれる水分と共に揚げることで、サクサク感が出るそうですよ。 肝心のチキンも、パサパサ感はなく、ジューシー!柔らかい食感の鶏肉ですが、鶏肉をそのまま使用してあるので、食べ応えはしっかりとあります。 チキンカツは、白ごはんとたっぷりのキャベツと共にソースで食べるのがベーシックな召し上がり方ですね。 素材が引き立つので、十分においしく召し上がれますが、たくさん容量が入っているので、別の食べ方も楽しみたい方は、アレンジもおすすめです。 卵といっしょに綴じてかつ丼なんかもおいしいですし、ふわふわなパンにはさんでチキンカツバーガーなどもオススメです。 プルコギは韓国の料理で味付きの牛肉を炒める料理です。 この、プルコギのタレがとてもおいしくて、ご飯がススムおかずですが、お肉をタレに浸けておく時間が結構手間になってきてしまいます。 それが、業務スーパーのプルコギなら料理が簡単!A5サイズほどの袋入りですので、そのまま流水にさらしてまずは解凍させます。 袋から出してフライパンで、炒めれば調理完了です。 こちらのプルコギはつけ込んだお肉のみが入っていますので、お好みの野菜と一緒に調理するのもオススメです。 パッケージには野菜の量は350gを一緒にプルコギと共にフライパンに投入し、蓋をして中火で4分ほど待つと記載があります。。 4分経ったら蓋を外して、野菜とお肉を一緒に強火で炒めます。 簡単ですね! 容量は袋入りで、500g。 大体4人前の量だそうです。 お値段は税込399円とお得感があります。 プルコギは、様々な常務スーパーで商品が出品されています。 コストコにも同じようなプルコギの商品がありますが、コストコだと100g当たり約147円(税込)、業務スーパーは100g当たり約80円(税込)ですのでかなり格安に感じます。 お肉の大きさもコストコはかなり細めですが、業務スーパーのお肉の大きさは食べ応えありと、業務スーパーのプルコギが断然オススメです。 牛肉はオーストラリア産を使用していて、加工は国内の会社がしているようです。 プルコギとしての食べ方以外にも、韓国風のスープにしてみたり、ビビンバのお肉に使用したりと様々な韓国料理を作る際に重宝してくれる商品となっています。 1㎏と大容量のフランクフルトがとってもおいしいと話題です!こちらのフランクはただのフランクではなく、「生」フランク。 大体のフランクは、ひき肉を腸詰めした後茹でます。 その茹でた状態のフランクが販売されていることがほとんどだと思います。 しかし、こちらの商品は茹でずに腸詰したあとのフランクをそのまま冷凍して販売しています。 茹でずに販売することで、どのようなおいしさを体感できるかというと、茹でた時にでる肉汁を楽しむことが出来るんです。 小籠包などと同じように、お肉のうまみが肉汁と共に溢れ出てきます。 それと、同じ楽しみ方ができるということですね!調理方法は簡単。 パッケージには冷蔵で3時間ほど解凍したのち、熱湯したお湯で15分ほど茹でるだけと記載があります。 茹でたてのおいしさを楽しめます。 「ケーシング」と呼ばれるフランクの皮の部分ですが、こちらは人工ものが多く一般的にフランクに使われているようです。 しかし、こちらの生フランクには天然のケーシングが使われているそうで、材料も本格的です。 容量は1㎏で2本につながったフランクが5本、連結部分を切ればフランク自体の本数として10本入っています。 お値段は754円(税込)で国産です。 かなり食べ応えがあります。 食感も天然のケーシングを使用しているため、切れにくく感じるほど弾力を感じます。 ナイフとフォークで召し上がるほうがスムーズかもしれません。 ハーブ入りなので、香りからとってもおいしいです。 しっかりお肉感がありますが、ハーブのおかげでさっぱり頂けます。 シンプルにマスタードで頂くのもおいしいですし、茹でた後フライパンでソテーして焦げ目をつけても更にこんがりして、おいしさアップです。 タレがたっぷりかかっていますので、そのままおいしく食べることが出来ます。 炭火と商品名に記載されている通り焦げ目がついていて、とても美味しそうです。 タレの味はかなり濃いめについているので、物足りなさは感じられません。 レンジ調理なので食感はかなり柔らかく、鶏皮はぷるぷるの食感です。 パリパリの鶏皮が好きな方だと、あともうひと手間かけて、バーナーで炙ったりフライパンで炒めてみたりして、パリパリ食感を再現するのも良いですね。 串から外して、ごはんのおかずにするのもとてもおいしいですよ。 甘いタレですので、お子さんと一緒にも食べることができる一品ですね。 お酒のおつまみや、ごはんのおかずと以外と幅広い使い道が出来そうな商品です。 つくね団子は業務スーパー内に豊富な種類がラインナップしていますが、今回はお鍋に入れても、そのまま味付け無しで食べてもおいしいつくね団子をご紹介します。 レンコンと軟骨が入ったつくね団子を食べた感想は、ふわっとした食感に野菜と軟骨の食感がアクセントでとてもおいしいつくねです。 団子には鶏の胸肉が使用されていて、野菜はレンコンのほかにもニンジン、玉葱が入っています。 ニンジンのオレンジが見た目のおいしさもアップしてくれています。 容量は500gで、個数にすると26個ほどはいっていました。 一つの大きさは直径3cm程で、小さすぎず大きすぎずで一般的な肉だんごのサイズ感です。 お値段は213円(税込)でお値段がかなり安いですが、量は十分に入っています。 調理方法はお好みの調理方法で召し上がることが出来ますので、幅広い料理に使用できます。 一番簡単に調理できる方法をご紹介します。 凍ったつくねのまま、熱した油につくねを投入して揚げるだけです。 さつま揚げのような感じの、こんがりとしたキツネ色に揚げあがって、とてもおいしそうですよ。 ソースなど何もつけずに食べても、意外としっかり味付けされているので、とても美味しいです。 揚げたてはふんわりした食感と、軟骨がコリコリした食感を楽しめます。 晩ごはんのちょっとしたおかずを手短で作ることが出来ますし、お弁当にも添えるのにちょうどいいですね。 その他の料理でいうと甘酢あんかけやお鍋に投入しても美味しいですし、カレーなどに入れてもおいしいです。 様々なレパートリーで料理に大活躍してくれる、つくね団子のご紹介でした。 冷凍の馬肉が好評です。 馬刺しはお肉屋さんでしか食べることが出来ないし、そもそも調達が難しい商品でもありますよね。 少しお値段が張るイメージの馬肉ですが、業務スーパーの馬肉はもちろんお買い得で高コスパ商品でした。 内容量50gで、税込267円というお値段。 お手軽に手が出せますね。 産地はカナダのお肉を使用していて、加工は長野県の会社。 馬肉加工の老舗として長年馬肉を取り扱っている株式会社大成が請け負っているようです。 日本国内での加工は安心ですね。 馬肉は生で食すことを考えて、購入されると思います。 生で食べるための準備はとても簡単。 解凍するのみです。 氷水を用意して、その中に袋ごと入れて解凍するだけ。 食べる30分前につけておけばちょうど良いとの事です。 今回は業務スーパーのハンバーグとお肉に焦点を当てて、ご紹介いたしました。 冷凍されている食品は、本当に長持ちするし、何より調理時間の短縮ができ、お手軽に調理が可能ということがメリットですよね。 お弁当や普段の食事に使用すれば、家族の食事を支えるお母さんはもちろん楽に料理できますし、ひとり暮らしの忙しい方にも簡単に料理することが出来るのでおすすめです。 業務スーパーに行くと本当にいろんな種類の食品があるのでとても悩んでしまいますが、今回の記事を参考にして、日々の食事を楽ちんで美味しくしてみてください。 お得感のある業務スーパーでのお買い物も楽しんでください。 普通のスーパーではお見掛けしないレアな商品も多く置いてありますよ。

次の