へび つかい 座 英語。 NASAの13星座表のへびつかい座が話題に!いつから適用?!

13星座占い

へび つかい 座 英語

ホワッツ ユア (ゾディアック)サイン? あなたの星座は何ですか? と聞きましょう。 これが、星座を聞く時の一般的なフレーズです。 私の星座は〇〇です。 〇〇に自分の星座名を入れてと答えましょう。 というように答えます。 話題になっても困らないように、自分の星座を英語で答えられるようにしておくといいですね。 また、12星座に関連して、88星座を紹介しました。 占いに使われている12星座と同様に天球上の恒星をいくつかずつ組合せて、いろいろな形に見立てたもので、現在の88星座は、1928年の国際天文学連合代3回総会で承認されたものです。 古代ギリシャの星座をもととして加除整理し、現在は全天を黄道、北天、南天に区分し、黄道上に12、北に29、南に47の合計88の星座があります。 これらの星座は、日本では約50種類見ることができます。 今回は、占いに使われている12星座と全88星座を紹介しました。 夜空を眺めながら英語学習をしてみるのもいいですね。

次の

へびつかい座

へび つかい 座 英語

2016. 23 ~ 09. 12 CONSTELLATION LIST 星座・学名 〔 略号〕 - 英名 : 日本語星座名(漢字・学名のローマ字読み): 黄道 12 星座 1. Andromeda 〔 And 〕 — the Chained Maiden :アンドロメダ(アンドロメダ) 2. Antlia 〔 Ant 〕 — the Air Pump :ポンプ(アンチラ) 3. Apus 〔 Aps 〕 — the Bird of Paradise :ふうちょう(風鳥・アプス) 4. Aquarius 〔 Aqr 〕 — the Water Bearer :みずがめ(水瓶・アクアリウス) 5. Aquila 〔 Aql 〕 — the Eagle :わし(鷲・アクイラ) 6. Ara 〔 Ara 〕 — the Altar :さいだん(祭壇・アラ) 7. Aries 〔 Ari 〕 — the Ram :おひつじ(牡羊・アリエス) 8. Auriga 〔 Aur 〕 — the Charioteer :ぎょしゃ(馭者・オーリガ) 9. Bootes 〔 Boo 〕 — the Herdsman :うしかい(牛飼い・ボーテス) 10. Caelum 〔 Cae 〕 — the Engraving Tool :ちょうこくぐ(彫刻具・カエルム) 11. Camelopardalis 〔 Cam 〕 — the Giraffe :きりん(麒麟・カメロパルダリス) 12. Cancer 〔 Cnc 〕 — the Crab :かに(蟹・キャンサー) 13. Canes Venatici 〔 Cvn 〕 — the Hunting Dogs :りょうけん(猟犬・カネス ベナチキ) 14. Canis Major 〔 CMa 〕 — the Great Dog :おおいぬ(大犬・カニス メイヤー) 15. Canis Minor 〔 CMi 〕 — the Lesser Dog :こいぬ(小犬・カニス ミノル) 16. Capricornus 〔 Cap 〕 — the ( Sea ) Goat :やぎ(山羊・カプリコルヌス) 17. Carina 〔 Car 〕 — the Keel ( of the Argo Navis ) :りゅうこつ(竜骨・カリーナ) 18. Cassiopeia 〔 Cas 〕 — the ( Seated ) Queen :カシオペヤ(カシオペイア) 19. Centaurus 〔 Cen 〕 — the Centaur :ケンタウルス(ケンタウルス) 20. Cepheus 〔 Cep 〕 — the King :ケフェウス(ケフェウス) 21. Cetus 〔 Cet 〕 — the Sea Monster or the Whale :くじら(鯨・ケトウス) 22. Chamaeleon 〔 Cha 〕 — the Chameleon :カメレオン(カメレオン) 23. Circinus 〔 Cir 〕 — the ( Drafting ) Compass :コンパス(キルキヌス) 24. Columba 〔 Col 〕 — the Dove :はと(鳩・コルンバ) 25. Corona Australis 〔 CrA 〕 — the Southern Crown :みなみのかんむり(南の冠・コロナ オースト ラリス) 27. Corona Borealis 〔 CrB 〕 — the Northern Crown :かんむり(冠・コロナ ボレアリス) 28. Corvus 〔 Crv 〕 — the Crow :からす(烏・コルブス) 29. Crater 〔 Crt 〕 — the Cup :コップ(クレーター) 30. Crux 〔 Cru 〕 — the Southern Cross :みなみじゅうじ(南十字・クルックス) 31. Cygnus 〔 Cyg 〕 — the Swan :はくちょう(白鳥・キグナス) 32. Delphinus 〔 Del 〕 — the Dolphin :いるか(海豚・デルフィヌス) 33. Dorado 〔 Dor 〕 — the Swordfish :かじき(旗魚・ドラド) or Dolphinfish 34. Draco 〔 Dra 〕 — the Dragon :りゅう(竜・ドラコ) 35. Equuleus 〔 Equ 〕 — the Little Horse or the Colt :こうま(小馬・エクレウス) 36. Eridanus 〔 Eri 〕 — the ( Celestial ) River :エリダヌス(エリダヌス) 37. Fornax 〔 For 〕 — the Furnace :ろ(炉・フォルナックス) 38. Gemini 〔 Gem 〕 — the Twins :ふたご(双子・ゲミニ) 39. Grus 〔 Gru 〕 — the Crane :つる(鶴・グルス) 40. Hercules 〔 Her 〕 — the Hrecules :ヘルクレス(ヘルクレス) 41. Horologium 〔 Hor 〕 — the ( Pendulum ) Clock :とけい(時計・ホロロジウム) 42. Hydra 〔 Hya 〕 — the ( Female ) Water Sneak :うみへび(海蛇・ヒドラ) 43. Hydrus 〔 Hyi 〕 — the Male Water Snake :みずへび(水蛇・ヒドルス) 44. Indus 〔 Ind 〕 — the Indian :インデアン(インダス) 45. Lacerta 〔 Lac 〕 — the Lizard :とかげ(蜥蜴・ラケルタ) 46. Leo 〔 Leo 〕 — the Lion :しし(獅子・レオ) 47. Leo Minor 〔 LMi 〕 — the Lesser Lion :こじじ(小獅子・レオ ミノル) 48. Lepus 〔 Lep 〕 — the Hare :うさぎ(兎・レプス) 49. Libra 〔 Lib 〕 — the Scales or the Balance :てんびん(天秤・リブラ) 50. Lupus 〔 Lup 〕 — the Wolf :おおかみ(狼・ルプス) 51. Lynx 〔 Lyn 〕 — the Lynx :やまねこ(山猫・リンクス) 52. Lyra 〔 Lyr 〕 — the Lyra :こと(琴・ライラ) 53. Mensa 〔 Men 〕 — the Table ( Mountain ) :テーブルさん(テーブル山・メンサ) 54. Microscopium 〔 Mic 〕 — the Microscope :けんびきょう(顕微鏡・ミクロスコピウム) 55. Monoceros 〔 Mon 〕 — the Unicorn :いっかくじゅう(一角獣・モノケロス) 56. Musca 〔 Mus 〕 — the Fly :はえ(蠅・ムスカ) 57. Octans 〔 Oct 〕 — the Octant :はちぶんぎ(八分儀・オクタンス) 59. Ophiuchus 〔 Oph 〕 — the Serpent Bearer :へびつかい(蛇遣・オフィウクス) 60. Orion 〔 Ori 〕 — the ( Great ) Hunter :オリオン(オリオン) 61. Pavo 〔 Pav 〕 — the Peacock :くじゃく(孔雀・パボ) 62. Pegasus 〔 Peg 〕 — the Winged Horse :ペガスス(ペガスス) 63. Perseus 〔 Per 〕 — the ( Greek ) Hero :ペルセウス(ペルセウス) 64. Phoenix 〔 Phe 〕 — the Fire Bird or the Phoenix :ほうおう(鳳凰・フォエニクス) 65. Pisces 〔 psc 〕 — the Fishes :うお(魚・ピスケス) 67. Piscis Austrinus 〔 PsA 〕 — the Southern Fish :みなみのうお(南の魚・ピスケス オーストリ ヌス) 68. Puppis 〔 Pup 〕 — the Stern ( of the Argo Navis ) :とも(船尾・プッピス) 69. Pyxis 〔 Pyx 〕 — the ( Magnetic ) Compass :らしんばん(羅針盤・フィクシス) 70. Reticulum 〔 Ret 〕 — the Reticle or the Net :レチクル(レチクルム) 71. Sagitta 〔 Sge 〕 — the Arrow :や(矢・サギッタ) 72. Sagittarius 〔 Sgr 〕 — the Archer :いて(射手・サギッタリウス) 73. Scorpius 〔 Sco 〕 — the Scorpion :さそり(蠍・スコルピウス) 74. Scutum 〔 Sct 〕 — the Shield :たて(楯・スクーツム) 76. Serpens 〔 Ser 〕 — the Serpent :へび(蛇・セルペンス) 77. Sextans 〔 Sex 〕 — the Sextant :ろくぶんぎ(六分儀・セクスタント) 78. Taurus 〔 Tau 〕 — the Bull :おうし(牡牛・タウルス) 79. Telescopium 〔 Tel 〕 — the Telescope :ぼうえんきょう(望遠鏡・テレスコピウム) 80. Triangulum 〔 Tri 〕 — the Triangle :さんかく(三角・トリアングルム) 81. Triangulum Australe 〔 TrA 〕- the Southern Triangle :みなみのさんかく(南の三角・トリア ングルム オーストラレ) 82. Tucana 〔 Tuc 〕 — the Toucan :きょしちょう(巨嘴鳥・ツカナ) 83. Ursa Major 〔 UMa 〕 — the Great Bear :おおぐま(大熊・ウルサ メイヤー) 84. Ursa Minor 〔 UMi 〕- the Little ( or Lesser ) Bear :こぐま(小熊・ウルサ ミノル) 85. Vela 〔 Vel 〕 — the Sails ( of the Argo Navis ) :ほ(帆・ be ヴェラ) 86. Virgo 〔 Vir 〕 — the ( Young ) Maiden or the Virgin :おとめ(乙女・ビルゴ) 87. Volans 〔 Vol 〕 — the Flying Fish :とびうお(飛魚・ボランス) 88. 表記はラテン語(学名)で主格と所有格がある。 星座そのものを表す場合は主格、その星座に含まれる天体を指す場合は所有格を用いるという。 ヨーロッパの伝統的学術用語であるラテン語は、現在使われていないため、それぞれの国は、それぞれの国の言語で星座名を書き表すことになる。 このたび、英語の星座名を知る機会があったので、気づいたことをメモしておきたい。 最初はかみのけ座。 日本語では一般的な用語の「髪の毛」であるのに対し、英語ではある特定の人物の髪、ということになる。 ちなみにラテン語(原語)ではコマ・ベレニケで、まさしくベレニケの髪を意味する。 このように 固有名詞が一般名詞になる例が日本語訳にも、英語訳にもみられる。 かみのけ座と同じ春の星座に「かんむり座」がある。 学名ではコロナ・ボレアリスで「北の冠」を意味する。 これは「みなみのかんむり座」とペアになっている。 英語では「ノーザン・クラウン」と「サザン・クラウン」で、原語を忠実に表現している。 しかし、みなみのうお座に対し、北の魚とは、原語でもなってないので、日本語のうお座は問題ないといえよう。 また「うしかい座」というのがある。 英語ではハードマン、日本語では牛飼いで、学名ボーテスを、それぞれ忠実に一般名詞に翻訳している。 秋の星座にはエチオピア王家の物語がある。 英語が面白いことになっている。 ケフェウス座は「ザ キング」、カシオペア座は「ザ クイーン」または「ザ シーテド(椅子に座った) クイーン」、そしてアンドロメダ座は「ザ チェインド メイダン(鎖につながれた娘)」。 そしてアンドロメダを救ったペルセウスは「ザ ヒーロー」、あばれるくじら座は「ザ シー モンスター」である。 日本語でもくじら座では意味が届かないので「化けクジラ」と補足されることがある。 物語の登場人物がおもいきり一般化されている。 またオリオンは「ザ ハンター(狩人)」となっているが、ヘルクレスはそのままヘルクレスで、かならずしも一般化しているとはいえない。 英語では、みずがめ座は「水運び人」、へびつかい座は「へび運び人」となる。 テーブル山を、単に「ザ テーブル」とするのはどうだろう。 ザをつけて特別の(星座の)という意味はあるが。 英語表現を見るとうみへび座はメスで、みずへび座はオスということになる。 これは原語の語尾がその区別を表しているのか不明である。 また大熊、小熊などの大小は、「大」はほぼグレート、「小」はレッサーまたはリトルが用いられる。 ただビッグやスモールという表記もなくはない。 おとめ座は処女宮ともいわれるので、英語ではずばり「ザ バージン」かと思いきや(日本の辞書にはそうなっている)、 IAU やスカイ&テレスコープ( S & T )の星座リストでは「ザ (ヤング) メイダン」と控えめな(たぶん)表現となっている。 これは確認を要する。 英語での星座名の表記は、確定するには至っていないようにみえる。 ラテン語学名を補足説明する表現になっている。 IAU や S & T が統一を図っている段階かもしれない。 〔月光天文台〕.

次の

[メモ]アスクレピオス(FGO)/へびつかい座の神話について

へび つかい 座 英語

12星座の誕生日早見表• おひつじ座・3月21日~4月19日• おうし座・4月20日~5月20日• ふたご座・5月21日~6月21日• かに座・6月22日~7月22日• しし座・7月23日~8月22日• おとめ座・8月23日~9月22日• てんびん座・9月23日~10月23日• さそり座・10月24日~11月21日• いて座・11月22日~12月21日• やぎ座・12月22日~1月19日• みずがめ座・1月20日~2月18日• うお座・2月19日~3月20日 1年は12カ月ありますので、12星座の場合は、ほぼ毎月20日前後から次月の20日前後までで星座を区切っています。 よって、20日前後以外、例えば月末や月始めが誕生日ということであれば、概ね早見表を見なくても、星座の並びを覚えておれば、自分が何座なのか分かります。 13星座の誕生日早見表 おひつじ座・4月19日~5月13日• おうし座・5月14日~6月20日• ふたご座・6月21日~7月19日• かに座・7月20日~8月10日• しし座・8月11日~9月15日• おとめ座・9月16日~10月29日• てんびん座・10月30日~11月22日• さそり座・11月23日~11月29日• へびつかい座・11月30日~12月17日• いて座・12月18日~1月18日• やぎ座・1月19日~2月15日• みずがめ座・2月16日~3月10日• うお座・3月11日~4月18日 13星座の場合ですが、区切られている期間にばらつきがあります。 ただ星座を十三に分けるだけではありません。 おとめ座などは約1カ月半と長めなのに対し、さそり座は11月23日~11月29日と短めです。 そのため、13星座は早見表が無いと、自分がどの星座に当てはまるのか、見当がつきません。 へびつかい座は守護星が木星・冥王星で、エレメントは「水」です。 12星座では使われていませんが、13星座で新しく登場します。 へびつかい座は、理想が高い一匹狼という気質を持っています。 仕事もフリーランスなど、自分のペースで進める仕事が適しているようです。 へびつかい座について へびつかい座の神話について へびつかい座は、神話に出てくるアスクレピオスという、医術を熱心に学んだ神です。 ある時、女神アテーネが、人を殺す事も、生き返らすこともできる力をアスクレピオスに授け、それからアスクレピオスは、死人を生き返らすようになりました。 それを見かねてゼウスがアスクレピオスを絶命させ、その魂が天に上げられ、へびつかい座となったといわれています。 へびというのは、古代ギリシャの医術の象徴とも言われています。 へびつかい座の由来はこういうところからきているのです。 へびつかい座の性格 へびつかい座の性格は、一見穏やかそうですが、内に秘めた意志はとても強固です。 理性を重んじ、真っ当な性格で、自分なりの善悪の区別もつきます。 周りから見ると、よく分からないと思われる所もありますが、自分自身の中では一貫性を持って行動している崇高な理想を持つ人物とも言えるでしょう。 へびつかい座の恋愛傾向 へびつかい座の恋愛傾向ですが、意中の人には素っ気無いものの、心の中では、アプローチするチャンスを狙っています。 行動パターン、性格などを綿密に分析し、ここという場面で、自分の気持ちを打ち明けます。 結婚においては、金銭面の管理はへびつかい座の得意分野なので家計を任せられます。 13星座誕生日・まとめ へびつかい座は、本来、黄道に存在する星座で構成されている12星座が、実は13星座あり、その13星座目がへびつかい座ということで、新たに13星座が登場しました。 12星座と13星座では、鑑定できる部分も異なりますので、早見表を参照に、自分の運勢をそれぞれの星座で見てみるのも面白いものです。

次の