テテ vs カシメロ。 ゾラニ・テテvsジョンリエル・カシメロ 井上尚弥との統一戦に向かうのは誰だ!

井上尚哉とテテに勝ったカシメロが試合?ドネアより強いの?試合はいつ?

テテ vs カシメロ

天性最後の逸材との愛称をもち、その強さはファン以外でも認めるところ。 長いリーチはかなりボクシングには有利です。 テテのリーチは182センチとかなりパンチが伸びます。 しかし今回のこの試合では全くテテらしいパンチもみられず終わってしまいました。 確かに、手を伸ばすと相手よりかなりリーチがのびているのはわかるのですがヒットはしませんでしたね。 3ラウンドという早めに試合が終わったのも相手にとってはよかったのかもしれません。 ゾラニ・テテ敗北!負けで井上戦はどうなる?カシメロ対井上選手? 次の井上選手の対戦相手として有力だったテテ選手はこれで消えたことになります。 カシメロ選手が次に井上選手と試合をする可能性が高くなりましたね。 ゾラニ・テテ敗北!負けで井上戦はどうなる?(動画)テテのビッグマウス! テテはこのカメシロ戦で勝利する予定で、次の井上選手との試合に意欲をみせていました。 「この試合の後、次は井上尚弥との戦いになる。 カシメロを倒せば、井上戦に1歩近づく。 来年には井上に会えるだろう」 出典: もうすでに井上選手と闘う気満々といった感じですね。 カシメロ選手との試合が終わる前から井上選手との試合にばかり目がむいているのはすこしカシメロ選手にも失礼なのでは?と思いますよね。 また、テテ選手は以前に 「井上は俺の試合から逃げている」と発言しています。 なんだかすごく感じ悪いコメントですよね。 これで日本のボクシングファンからの印象が悪くなってしまったテテ選手。 ゾラニ・テテ敗北!負けで井上戦はどうなる?(動画)ネットの声 それでは今回のテテの負けを知ってファンの方の反応はどうだったのでしょうか? みていきましょう。 あれ程切望していたビッグマッチの夢も潰えた。 ここから再浮上は相当困難だろう。 テテKO負けで井上の相手から消滅。 まぁやる前から大口叩くとこうなるw テテ負けてて草 テテ陥落? えー? とは思ったけど、 テテはそんなに打たれ強いタイプではないし、カシメロも暫定チャンプなので、メチャクチャ大きな番狂わせではないですね。 フィリピンは層が厚いなぁ。 やっぱねー。 大事な試合の前に肩壊すような奴だし、1発に脆かったな。 11秒KOだって、井上尚弥が運が良かっただけですよ笑って鼻で笑ってたし笑 井上尚弥の次戦有力候補だったWBO世界王者テテが衝撃KO負けで王座交代。 新王者カシメロが急浮上!(THE PAGE) 日本ではテテ選手のイメージがあまりよくなかったので今回、テテ選手の敗北を残念がる日本のボクシングファンはあまりいませんでしたね。 カシメロ選手と井上尚弥選手の試合が楽しみになってきました!.

次の

井上尚弥 対 ジョンリル・カシメロ戦

テテ vs カシメロ

11月30日のゾラニ・テテVSジョンリエル・カシメロ、テテが勝ってバンタム級統一バトルに参戦するのが本来の筋のような気がしますが、ノニト・ドネアという同胞、先輩に感化されたのはカシメロの方じゃないか、スパーリングなどをしたことはあるのだろうか。 でも今は脇役のカシメロの言葉は見当たりません。 ずっと前に、ゾラニ・テテを破って本当の王者になりたい。 それからバンタム級のその他のビッグネームに絡んでいきたいというような記事をみかけた気がするくらい・・・ 個人的にカシメロに一票いれたのは万馬券狙いだ。 天然の素質、パッキャオっぽさが少しある。 パンチ山下だかが日本人で初めてカシメロに挑みましたがやはり圧倒されました。 テテとやってもあそこまで一方的かというほど・・・カシメロは面白い選手です。 3階級王者でもあります。 ドネア、カシメロ、ガバリョ・・・フィリピンは凄い、団体戦なら勝てないな。 テテ 「カシメロの試合をたくさんみたけど最近の3試合で改善している。 でも昔の悪いクセも残っているからその傾向に対処したい。 カシメロは攻撃的で決して楽な戦いをさせてくれない。 十分危険なファイターだ。 怪我でWBSSを辞退した時は失望なんて言葉では言い尽くせないくらい悲しくて、悔しくてヒステリックに泣いた。 決勝にいきたかったことは言うまでもなく、自分のキャリアのためにも是非ドネアと戦いたかった。 怪我は肩の使い過ぎによるものでした。 医者の言うことを聞いて今は練習時から注意している。 紹介された理学療法士による治療で手術は回避できました。 13か月のブランクは長すぎましたが完全に治りました。 井上VSドネアは何年もボクシングをみてきた中でも最高の戦いでした。 ドネアは勇猛果敢に立ち向かい、リングで将軍になりました。 井上は勇気を出して全力で対処せねばなりませんでした。 井上は決して無敵ではない。 勝てない相手ではない。 カシメロに勝ったら、できればアメリカで、いや、井上が戦いたいというところならどこでもいいから戦いたいです。 」 フランク・ウォーレン 「ゾラニに最大の戦いを与えてやりたい。 彼にベルトを統一してもらいたい。 井上はとても激しい戦いでドネアという伝説に素晴らしい勝利をした。 準決勝でテテとドネアを戦わせたかった。 テテも同様にドネアを破っただろう。 来年にはベストの2人が出会うことになるだろう。 残った勝者には必然の戦いが待っている。 」 チャンス少なく、その少ないチャンスも自ら逃し、不憫で遠回りな道を歩んでいるとおもいますが、真っ当に全てに対処して、誰からも相応しいといわれる立場になってバンタム級の頂上を目指したいというテテ、その決意、態度は間違ってはいないとおもう。 しかし取りこぼしを恐れて、かなり慎重なファイトをしそうだな。 カリメロ on ロドリゲスに関してのコメントが伸びてロドファンの僕としてはうれしい!それほど多くない試合観戦数だけで選手の本当の分析をするのは難しいと思います。 その分選手は与えられた試合でいいパフォーマンスを見せない…• ダイスケ on これはたまらないマッチメイク!! 強い選手同士が鎬を削ってこそ見ていて面白いのに最近はビジネス優先過ぎる…。 それにしてもエルガシェフすごい身体。 マイティ on プログレvフッカーは、さながら敗者復活戦の様相を呈してましたが、決裂してたんですね。 カノ相手でも筋の通ったマッチメイクですが、まさかここでエルガショフが登場するとは思わなかったです。 テイラーに敗け…• 匿名 on 試合1週間前に尿検査やるべき。 薬物やっている可能性高い。 不正のないボクシングの試合が見たい。

次の

カシメロの戦績と年齢は?テテや山下賢哉との試合結果や内容について。 | アスリート情報局

テテ vs カシメロ

今年は4試合もこなして全部KO勝ちしてるカシメロ。 相当なタフガイでもあるね! 井上尚弥vsカシメロどっちが強いか予想 テテ戦が英国での1戦だったことや母国ファンも多いためか、やや 「カシメロびいき」が目立つ海外の反応。 では カシメロ選手の戦績や強さを振り返っておきましょう。 カシメロ選手はライトフライ級でキャリア開始。 同級で WBO暫定王座とIBF王座、フライ級で IBF王座、そして今回バンタムに上げて王者となったため、 3階級制覇となりました。 世界各地で世界戦経験も豊富。 戦績は33戦29勝(20KO)4敗と 高いKO率を誇ります。 オーソドックスの構えから 左右フックを振り回す 剛腕タイプ。 テテ戦しかり、その前のラミレス、山下戦でも 大振りのフックやアッパーを炸裂させ撃沈しています。 では 井上尚弥選手と対戦した場合の予想はどうでしょうか。 カシメロ選手は 体格的にはほぼ井上選手と同じでハードパンチャーぶりも共通。 下の階級から上げてきた点も似ていますが、それだけに 技術・スピード・当て勘・距離・クレバーさなど 全てに優れる井上選手相手で、どこまで持ち味を出せるかが鍵に。 対ドネアではフィジカルの強さや間合いの巧さに苦労した印象の井上選手。 確かに、まともにカシメロ選手のパンチを浴びれば 非常に危険ですが、井上選手は 「自分の距離」を保つ冷静な試合運びで臨むとみられ、カシメロ選手が〝ドネア流〟に簡単に強いパンチを当てられるとは、考えにくそう。 逆にドネア選手のような 「打たれ強さ」がなければ、早々に 「怪物の餌食」になる可能性も十分あり得るのではないでしょうか。 井上尚弥次戦相手に急浮上したWBO新王者カシメロ• テテ鮮烈KOで海外反応も「井上倒せる新怪物」と絶賛• 強烈フックの剛腕だが冷静な井上にどこまで通じるか カシメロ選手の勝利はタイミング的にも絶妙でした。 折しも都内でWBO総会が開かれ、何とトップランク幹部、カシメロ陣営トップのパッキャオ選手も出席。 3者が前向きで、井上・カシメロ両選手も熱望していることから、5日にも対戦にスピード合意する可能性があるそうです。 実は井上選手はカシメロ選手と因縁もあり、14年に初世界戦として当時IBFライトフライ級王者のカシメロ選手に挑もうとしたところ、IBFが安全面から「10戦以上経験が必要」と許可しなかったそうです。 それから5年、立場が完全に変わって相まみえる二人。 全てが〝符合〟するこの試合は、まさに「神の導き」なのかもしれません。

次の