生理 レバー 状 の 塊。 生理中に出るレバー状の血の塊の正体とは? 医師が教える原因と対策|「マイナビウーマン」

不正出血

生理 レバー 状 の 塊

生理の経血は子宮内膜が剥がれ落ちたもの 女性のカラダでは、生理が終わってからだんだんと子宮内膜が厚くなっていき、生理前になると約 1cmになります。 この子宮内膜は、細胞や毛細血管などが含まれた組織。 内膜の表面が剥がれ落ちて出血が起こり、生理となります。 内膜がはがれて出血が起こり、一度かたまった血液が酵素の作用で再度溶かされて経血として排出されるのですが、内膜が厚すぎると酵素の働きが追い付かず、うまく血液が溶かされないため、レバー状の塊として出てくるのです。 子宮内膜を厚くするのは女性ホルモンの働きによるもの。 そのため、 レバー状の塊は女性ホルモンの分泌が活発な20代後半から30代によく見られます。 頻繁にレバー状の塊が出る場合は婦人科へ 生理の時に、経血に混じって小さなレバー状の塊が出るのは特に珍しいことではないので、心配はいりません。 ただし、レバー状の塊が頻繁に出てきたり、サイズがかなり大きかったり、ナプキンを1時間に 1回替えなければもたないほど経血の量が多かったりする場合は、経血量が異常に多い「過多月経」の可能性があります。 出血の多い日が 7日以上続く場合も同様です。 経血量には個人差がありますが、だいたい 1回の生理期間で 20〜 140mlくらいと言われています。 過多月経には体質的なものである場合のほか、病気が原因である可能性もあります。 また、経血がたくさん排出されることによって、鉄欠乏性貧血になることも。 もし、 頻繁にレバー状の塊が出る、 500円玉以上の大きさの塊が出るなどの症状がある場合は、一度婦人科を受診しましょう。 子宮筋腫や子宮腺筋症の可能性も 頻繁にレバー状の塊が出てくる場合は、子宮筋腫や子宮腺筋症の可能性もあります。 子宮筋腫は、子宮にできた良性の腫瘍です。 できる位置や大きさ、数によっては過多月経を起こし、経血がレバー状の塊となって出る可能性があるのはもちろん、そのほかの生理トラブルの原因にもなります。 一方、子宮腺筋症は子宮内膜と似た組織が子宮の筋肉の中にできる病気です。 子宮が増大してくるため、子宮内膜の面積も大きくなっていきます。 そのため過多月経を起こし、レバー状の塊が出ることがあります。 婦人科を受診する際は、前回の生理の開始日と日数、経血の状態、生理痛の有無などを詳しく医師に伝えられるようにしておきましょう。

次の

生理のときに出る血の塊、放っておいていいの?

生理 レバー 状 の 塊

生理の時に、ドロッとしたレバー状の血の塊が出るときがあります。 このような塊が出るのには、どのような原因があるのでしょうか。 生理中にドロッとレバー状の血の塊が出る原因 子宮の内側には、細胞や毛細血管などが集まっている子宮内膜という組織があります。 月経の周期に合わせて子宮内膜は厚みを増していき、生理前には1cmほどの厚さになり、月経が始まると表面の組織がはがれ落ちて、経血として外に流れ出されます。 これが月経時に出血する仕組みです。 このとき、酵素の働きにより、固まった血液が溶かされて体外へ流れ出ます。 ところが、子宮内膜に厚みがあり過ぎると、酵素の量が足りなくなることがあります。 すると血液が十分に溶かされずに、レバー状の塊になって出てくるというわけです。 このような状態になるのは、子宮内膜を成長させる女性ホルモンの分泌が多いことが主な原因です。 性的に成熟している女性にありがちで、20代後半から30代によく見られるといえます。 月経中に1~2度ほど血の塊が出ることは一般的ですから、心配する必要はないと考えられます。 血の塊が多いときは病気の可能性も レバー状の塊が頻繁に見られるときや、通常の月経時とは何かが違うと感じる状態が2か月以上続くようなときには注意が必要です。 子宮筋腫や子宮内膜症などの異常が発生している可能性がありますので、早めに診察を受けるようにしましょう。 子宮筋腫とは、子宮にこぶができる病気です。 こぶの数は人によって違い、1個の場合もあれば数十個できることもあります。 子宮筋腫になると出血量が増えて、血の塊が出やすくなるのです。 子宮内膜症は、子宮内膜の組織が子宮の内側以外の場所で増殖してはがれ落ちる病気です。 子宮以外の場所にできた子宮内膜は、正常に出血することができません。 そのため、月経がくるたびに症状が悪化してしまいます。 子宮内膜症になると過多月経が起こり、500円玉ほどの大きなレバー状の塊が見られるでしょう。 月経時の出血の状態は、他人と比べることができません。 しかし、このように異常を見つける重要な役割もはたしています。 以前と少し様子がおかしいと感じたら、婦人科などを受診するようにしましょう。

次の

更年期の生理で血の塊・レバー状の経血がでる原因!病気の可能性も?

生理 レバー 状 の 塊

生理のときのドロっとした経血に不快な思いをしたことのある女性は多いでしょう。 実はあの現象、子宮からのサインかもしれません。 今回は、ドロッと経血の正体をあばいて、解決する方法をご紹介します。 子宮内膜は、血液が固まらないようにする働きをもっていますが、経血の量が多すぎると、処理しきれないことも。 そのとき、 ゼリーのような、ドロッとした血のかたまりが出てくることがあります。 小指の先ほどの小さなかたまりや、通常の月経期間に2度ほどの回数ならば、とくに心配はありません。 ですが、レバー状の大きな血のかたまりが頻繁に出る場合は、ホルモンバランスの異常や子宮筋腫の可能性も。 心当たりがある場合は、婦人科で検診を受けるようにしましょう。 血行に滞りがあることを「於血(おけつ)」と呼びます。 生理機能の低下、重い生理痛や子宮の病気などは於血が原因となっている場合が考えられます。 子宮内の血行が良く、血液を固まらせない働きが整っていると、経血は分解され、さらっとした状態で出てくるもの。 ドロッとした経血が出る、生理不順、生理痛が重いなどの症状があるときは、於血の状態かもしれません。 寒い環境にいることはもちろん、姿勢の悪さ、生ものや冷たいものを食べたり飲んだりすること。 大量の汗をかく運動、長時間同じ姿勢でいることも体を冷やす原因に。 また、過度なストレスを感じると、血管が収縮し、血流が悪くなります。 これは、喫煙でも同じ状態に。 2)やった方がいいこと イライラを感じたら、ゆっくりと深呼吸をし、緊張を和らげる習慣をつけましょう。 体の力を抜いて、筋肉を緩め、血流を促すように意識するだけでも違います。 また、下半身を温めることも大切です。 ふくらはぎは血液のポンプ役をしていますから、膝下(ひざした)が十分に隠れるくらいの足湯や半身浴がよいでしょう。 全身の血流を良くし、代謝を整えるためには、適度な運動も効果的です。 軽く息が切れるくらいの有酸素運動やストレッチを習慣にしましょう。 体を温める作用のある、しょうがやトウガラシ、根菜類(いも類以外)などを積極的に摂るのも、寒い季節にはオススメです。 ドロッとした経血が出るときは、子宮の血流が悪くなっていることが考えられるんですね。 毎月の子宮の状態を教えてくれる経血。 よく観察して、子宮の健康に役立ててくださいね。

次の