ペイパル 登録 できない。 PayPal(ペイパル)はデビットカードを登録できる!できないときは?

PayPal(ペイパル)の登録と本人確認手続きの方法

ペイパル 登録 できない

実は『PayPal』での登録はクレジットカードを利用するのが基本となっていますが、『海外のサイトにクレジットカード情報は登録したくない』という方も当然いることでしょう。 もちろんあまり知らないサイトですから不安になりますよね。 そんなときに使えるのがデビットカードです。 しかし『PayPal』に登録することはできるのでしょうか?答えは、問題なく登録することができます。 ただし、VISAやJCBといった国際ブランドを持つデビットカードに限りがあります。 つまり 日本独自の決済システムであるデビットカードの一つでもある『J-debit』では登録することはできませんのでデビットカードの『J-debit』をお持ちの方で『PayPal』を使いたいという方は注意点として覚えておく必要があります。 また、J-debit以外にも『ジャパンネット銀行』のデビットカードはPayPalに登録することができません。 これはジャパンネット銀行の公式サイトにも記載されている情報です。 理由は、ジャパンネット銀行のデビットカードが「ワンタイムデビット」だからです。 「ワンタイムデビット」とは、「決済時に『トークン』と呼ばれる付属の機械で、 一時的なパスワードを発行して決済をしなければならない」という特徴を持ったサービスです。 これもJ-debitと同じように通常のデビットカードやクレジットカードとは異なります。 日本独自のサービスでもあるのでデビットカードの『J-debit』はPayPalに登録することができないのです。 そもそも、クレジットカードを持っているのであれば、わざわざデビットカードを選択肢としてあげる必要なんてありません。 しかし、「クレジットカードを持っていない」「クレジットカードは持っているが、やはり海外サイトでの利用には抵抗がある」というのもありますよね。 そんなときはクレジットカードでの登録は避けたいと思うはずです。 特に、信用情報がブラックの人はクレジットカードは作れませんが、デビットカードなら作ることができます。 そういった事情の場合だと、そもそもクレジットカードという選択肢は存在しないのです。 実は、デビットカードでもPayPalに登録することができます。 デビットカードも「カード情報」を持っており、デビットカードを登録することで クレジットカードを使わなくても代わりに利用してインターネット決済ができるのです。 「PayPalを利用して代金を支払ったのに、商品またはサービスが届かなかった。 」もしくは、「届いた商品またはサービスが、説明や紹介されている内容と著しく異なっている。 」といった手違いというのもインターネットショッピングならあり得ますよね。 そんなときに役立つのが『買い手保護制度』です。 『買い手保護制度』とはクレジットカードで払い済みならこういうとき何の役にも立ってくれませんが、PayPalで支払ったものであれば、「問題解決センター」や「クレームのエスカレーション」等が可能です。 これはPayPalにある『買い手保護制度』によるものです。 買い手保護制度は 代金を支払った日より180日以内であれば利用できます。

次の

PayPayの登録ができない?!SMS認証で1日かかった事例

ペイパル 登録 できない

決定 海外の通販でものを買うときに良くある決済手段のひとつとして、PayPalと言う支払い方法があります。 これはPayPalを中継してクレジットカードで支払うことでオンライン決済をより簡単に安全に行おうと言うサービスです。 しかし、PayPalは支払いが上手くできないなどといったトラブルが発生することがたまにあります。 今回はPayPalで支払いができないときの良くある原因と対処法について見ていきます。 この記事はこんな人におすすめ この記事は、次のような人におすすめの内容になっています。 paypalの利用を考えている人• paypalの支払いができない原因を知りたい人• paypal決済がうまくできない人 記事の目次• PayPalとは PayPalは自分が通販などで使いたいクレジットカードをあらかじめペイバル口座と結び付けて登録しておくことで、オンライン上で取り引きしている相手にカードの情報を伝えることなく取り引きができると言うサービスです。 Paypal決済サービスは、このシステムによって必要以上に個人情報を盗まれると言うリスクが少なくなり、比較的安全にショッピング利用などのオンライン取り引きができます。 特にアメリカの大手オークション会社であるeBayなど海外の通販で導入されています。 Paypalを使うと購入した商品が届かなかったり、注文した商品と違うものが届いたりといったときに返金などの補償を受けられることもあり、使っている人も多いです。 また、22種類の通貨に対応しているため、海外での支払いに使いやすいと言う利点もあります。 国を問わずいろいろな場所で使われているとそれだけトラブルも発生するもので、ペイパルを利用した支払いが上手くできないと言うトラブルもまれにあるようです。 上手く払えないときの原因は? ペイパルで上手く料金を払えないときの原因は状況ごとに様々ですが、良くある原因はいくつかあります。 ペイパルでうまく決済できないときの良くある原因を見ていきましょう。 クレジットカードの認証をしていない ひとつ目はカードの認証という手続きをしていない場合です。 クレジットカード情報を認証していなくてもPaypalを使えることもあるようですが、認証していないと言うことは本当に本人の持っているカードか分からないと言うことになります。 そのため、ペイパルを利用したいくつかの取り引きに制限がかかったり、ショッピングなどの支払いのときに使えなかったりと言うことがあります。 カードを認証するためには、まずPaypalから自分が使いたいカードに200円の請求がされるので、そのときに利用明細に併記された4文字の暗証番号を入力します。 カードの認証手続きが完了するか一定期間を過ぎると、ペイパルから請求された200円は自動的に返金処理されるので、ここで200円取られてしまうと言うことはありません。 請求されてから利用明細に表記されるまでには通常数日から1か月ほどかかることがあるので、ペイパルの利用前に余裕を持ってカード認証をしておく必要があります。 本人確認手続きをしていない カードの認証と似たような原因ですが、本人確認をしていないためにペイパルで支払い手続きができないこともあります。 ペイパルでは基本的に10万円以下の利用で送金の受取などをしない場合は、本人確認をしなくても利用できるのですが、不審な利用を疑われると普通の支払いもできなくなることがあります。 これを解消するには本人確認の手続きが必要で、もし本人確認の手続きをしていないのであれば返金などを受けるために必要な手続きでもあるので早めにしておくことをおすすめします。 ペイパルの本人確認の流れは自分で本人確認書類を画像でアップロードして、Paypalの側で確認が取れると暗証番号の書かれた書類が郵送されてくるので、それを入力すると言うものです。 このときペイパルで自分の名前をローマ字で登録していると、ローマ字の併記されているパスポート以外の本人確認書類では確認が取れないため、サポートセンターに連絡して名前を日本語に変更して貰う必要があるようです。 また、本人確認書類についてもいくつか指定された場所を黒塗りしてからアップロードする必要があり、で塗りつぶす場所や使える本人確認書類が確認できるので併せてチェックしておきましょう。 日本のアカウントはダメ? 出品者の中にはPaypalアカウントがアメリカ以外のものの場合に支払いを拒否するような設定にしている人もいます。 そうした特殊な設定が入っている出品であることに気付かずに誤って商品を落札してしまうと支払いができずに、出品者に設定を変更してもらうか別の支払い方法を指定してもらわない限り支払えなくなってしまいます。 こうなってしまった場合の対応は、出品者に問い合わせて設定や別の支払い方法への変更、もしくは注文のキャンセルなどと言った対応をしてもらうしかありません。 ただ、場合によっては未払いとしてペナルティを受けてしまう可能性もあるため、注意が必要です。 こういった出品には基本的に落札条件が書いてあるので、落札するときには条件の見落としがないように気を付けましょう。 カード会社に決済を拒否された カード会社が何らかの理由でPaypal支払いでの決済を拒否したような場合も支払えないことがあります。 カード会社に原因があるときは、オンライン決済に対応していなかったり、カード会社で何か問題が発生していたりすることなどがあります。 また、限度額まですでに使ってしまっていたり、自分の使っているネットワークが不安定で上手く通信できていなかったりと言うような、自分自身に原因がある理由も考えられます。 ネットワークに不調を感じているのであればインターネット環境を変えたり、そうでなければ登録しているカードではなく別のカードを使ったり、カード会社に問い合わせるなどといった対応をする必要があります。 ちなみに、アメックスのクレジットカードを登録している場合は他のブランドに比べて決済できる通貨の種類が少ないので注意しましょう。 利用限度額に制限がかかった 先に少し触れましたが、paypalに登録しているクレジットカード自体の利用限度額に制限がかかると、たとえ取引額が少額でも決済ができなくなります。 クレジットカードの限度額がいくらなのかを利用明細などで確認してみましょう。 必要に応じてクレジットカードの利用限度額を変更する手続きをすれば、paypalの決済が利用できます。 paypalでの決済を急ぐ場合は、別のクレジットカードをpaypalに登録して対応する方法もあります。 有効期限の設定ミス paypalに登録したカード番号に対する有効期限の設定に不備があるとうまく決済できないので注意が必要です。 有効期限の年と月を逆にして登録してしまう人が多いので、落ち着いてpaypalに入力するようにしましょう。 Paypal側に原因がある可能性も ユーザーではなく、paypal側に原因があるケースもあります。 時間が経過すると復旧されることがほとんどですが決済を急ぐ場合は、paypalのホームページから問い合わせをしたり、電話でサポートセンターに確認をしたりするといいでしょう。 一度ログインし直す ページの有効期限切れなどの理由でうまくpaypalと通信できていない状態になっている可能性もあります。 少し面倒ではありますが、一度ページからログアウトしてログインし直してみましょう。 ログイン手段を変更する 普段paypalのアプリからログインしている人は、ログイン手段を変更してブラウザからpaypalのWebサイトログインしてみると決済がうまくいく場合があります。 逆に、普段ブラウザからログインしている人はアプリからログインしてみましょう。 それでも払えないときは? ここに書かれていること以外が原因だったり、払えないこと以外にも困っていることがあったりといった場合はPaypalのサポートに相談するのがいいでしょう。 Paypalのサポートは基本的に朝の9時から夜の20時まで対応しています。 電話番号は0120 271 888で、もし携帯からかけるのであれば03 6739 7360にかけるとつながります。 その他にもPaypalにログインして、メールや電話で問い合わせもできます。 また、Paypalののサイトでは起こったトラブル別に簡単な解決方法を示してくれます。 Paypalを使っていて困ったことがあったときにはこういったものを活用するといいでしょう。 関連記事をチェック! まとめ 近年のキャッシュレス決済の流れがある中で、paypalの決済サービスも注目を集めている支払い方法のひとつです。 世界各国でpaypalが利用されているために、トラブルや不調が見られることが多いですが今後のキャッシュレス決済の加速に備えて調整がされていくと考えられます。 paypalを利用した支払いがうまくいかない原因は、今回紹介した通り様々です。 いずれの原因もpaypalに帰属するわけではなく、利用者自身にある場合もあるので落ち着いて対処するようにしましょう。 今回紹介した方法を試してもpaypalの利用ができないときは、できるだけ早めにpaypalのサポートセンターに連絡することをおすすめします。

次の

【図解】PayPal(ペイパル)のアカウント作成方法。

ペイパル 登録 できない

この記事の目次• PayPal(ペイパル)のアカウント作成方法 まず最初に、以下のURLからPayPalにアクセスします。 PayPalのトップページの右上もしくは左下の『新規登録』のボタンをクリック。 以下の画面に切り替わるので、【パーソナルアカウント】にチェックを入れて、下部の『続行』ボタンをクリックする。 なお、海外のサイトやebayから商品を「購入」するだけであれば、たとえそれがビジネスだとしても【パーソナルアカウント】で問題ありません。 逆に、ebayに商品を「出品」したり、PayPalでお客さんからお金を受け取る場合は【ビジネスアカウント】にする必要があります。 ただしビジネスアカウントにするには少し手間がかかるのと、後からいつでもビジネスアカウントにアップグレードできるので、最初は【パーソナルアカウント】で登録される事をおすすめします。 続いて以下のページに、「メールアドレス」と「パスワード」をそれぞれ任意で入力し、『続行』ボタンをクリックしてください。 以下の画面に切り替わるので、必要事項を上からそれぞれ入力していきます。 なお、名前は英語(ローマ字)で入力する事をおすすめします。 海外から商品を購入する際は、名前も住所も英語でPayPalに登録しておく必要がありますが、住所は後で簡単に英語に変更できます。 しかし、名前は後から変更するのが、手続き的に非常に面倒なので、名前のみ英語(ローマ字)で入力しておきましょう。 一通り入力が終わったら、『同意して、アカウントを作成』をクリック。 ここまでが、PayPalアカウント作成の流れになります。 続いて、ここで作成したPayPalアカウントに決済用のカードを登録します。 PayPalアカウントに決済用のカードの登録 上記までの流れで『同意して、アカウントを作成』をクリックすると、以下の画面に変わります。 PayPalに登録したい「クレジットカード」もしくは「デビットカード」の番号を入力し、「カードを登録する」をクリックします。 理由があってクレジットカードが作れない方でも、審査不要のデビットカードにてPayPalに登録できます。 なお、今後PayPalで決済した場合は、ここで登録したカードがその決済に利用される事になります。 このカード自体は後で追加したり、変更したりできますが、少し手間がかかるので、この段階で、決済したいカードを登録するようにしましょう。 以下の画面になるので、『マイアカウントに移動』をクリックします。 これにて、PayPalへのクレジットカードもしくはデビットカードの登録が完了になります。 次に、登録メールアドレスの本人確認を行います。 登録メールアドレスの本人確認 上記の流れで、マイアカウントに移動すると、以下のPayPal管理画面に切り替わります。 この画面で、『メールアドレスを確認』をクリックしてください。 以下のように、PayPalに登録したメールアドレスに対して本人確認用のメール送信を促す画面になるので、『メールの送信』をクリック。 上記のメールアドレスにPayPalからメールが届くので、そのメールを開き、『メールアドレスの確認』をクリックしましょう。 続いて以下の画面に切り替わるので、PayPal登録時に設定したパスワードを入力し、下部のボタンをクリック。 これでメールアドレスの本人確認が完了です。 次に、PayPalに銀行口座を登録します。 PayPalに銀行口座の登録 PayPalのアカウントに銀行口座を登録する事で、PayPalでお買い物をした際、何らかの理由で返金がある場合等に、その返金のお金を登録口座にて受け取る事ができます。 忘れずに登録しておきましょう。 まず、メールアドレスの本人確認が終わった後、PayPalの管理画面トップに戻ります。 以下の画面から、メールアドレスが確認済みのステータスになっている事を確認し、『銀行口座の登録』をクリックしてください。 以下の画面で、登録したい銀行口座の情報を上からそれぞれ入力し、『続行』ボタンをクリック。 これにて、PayPalアカウントへの銀行口座の登録が完了になります。 最後に、登録住所を「英語」に変更する作業に移ります。 PayPalの登録住所を英語(ローマ字)に変更 登録住所を英語(ローマ字)に変更するのは、PayPalにて海外から商品を購入する際は、必須の作業とお考えください。 というのも、PayPalで決済をした段階で、そのPayPalアカウントに登録されている住所がそのまま「売り手」に通達される形になるので、その住所が日本語表記だった場合、海外の「売り手」が住所を理解できず、トラブルになる可能性があるからです。 ですので、海外から商品を購入する場合は、必ず英語表記の住所をPayPalに登録しておきましょう。 さて、PayPalの登録住所の英語表記への変更方法ですが、まずはPayPalの管理画面を開きます。 以下の画面の赤枠で囲まれた右上の設定ボタンをクリックします。 『言語』を英語に変更した後、右上のログアウトボタンを押して、一旦ログアウトしてから再度ログインをし直してください。 言語を変更して後、ログアウトしてからログインし直さないと、言語の変更が反映されないからです。 再度ログインをすると、以下の画面のように表記が英語になっているはずです。 続いて、右上の赤枠で囲んでいる設定ボタンをクリックしてください。 なお、この段階で表示されている住所は、PayPalアカウント作成時に登録した日本語表記の住所になります。 続いて、以下の画面にて、住所を上から英語表記でそれぞれ入力していきます。 住所を入力し、チェック欄にチェックを入れたら、下部の『Add Address』をクリックします。 例えば、入力する住所が、 「東京都渋谷区渋谷1-1-1 ゆのきちビル602号室」 という住所だった場合、英語で入力する場合は後ろの方から住所を記載するので、英語表記の場合は、 「YUNOKICHI BUIL 602 , 1-1-1 , Shibuya , Shibuya-ku , Tokyo」 という順番での記載になり、住所のそれぞれのかたまりを「,」で区切ります。 部屋番号の前には「 」を入れるのが一応のルールになっています。 「Streed name , streed number」の入力欄は、市区町村の後の部分の住所になるので、上記の場合は、 「YUNOKICHI BUIL 602 , 1-1-1 , Shibuya 」 までを「 Streed name , streed number」に入力し、「 Shibuya-ku 」や 「 Tokyo」は、それぞれ「 City」と「 Prefecture」の欄に入力しましょう。 住所を入力し、下部の『Add Address』をクリックして登録すると、以下の画面のように、英語表記の住所が追加されています。 これにて、PayPalの住所の英語表記への変更が完了し、PayPalのアカウント作成作業も一通り完了となります。 なお、この段階ではPayPalアカウント自体は作成が完了しているものの、このままではPayPalを利用した決済はまだできません。 次のステップとして、 「PayPalに登録したクレジットカードもしくはデビットカードの本人確認」 という作業をする事によって、PayPalに登録したカードを利用してのPayPal決済が可能になります。 PayPalアカウントの作成が終わったら、ぜひその記事をご覧になって本人確認を済ませましょう。 最後までお読みくださり、ありがとうございました。

次の