ふわふわ 言葉 ちくちく 言葉。 【朗報】ネット界隈にて『ちくちく言葉』ではなく『ふわふわ言葉』を使おうという流れが広がる

乱暴な言葉について

ふわふわ 言葉 ちくちく 言葉

『ちくちくとふわふわ』のあらすじ ねぇ、知ってる? ちくちくことばとふわふわことば。 ちくちくspiky スパイキー はぐちゃちゃした気持ち。 ふわふわfluffy フラッフィー は花まるをもらったときのような気持ち。 そんな気持ちから生まれたキャラクターです。 spiky(スパイキー)とfluffy(フラッフィー)は使えば使うほど仲間が増えていきます。 ブランコに乗っているとき、「代わってー。 」っという子がいたら、あなたならどう答えますか? 「いや。 」と言われたとき、心がちくちく痛む、ちくちくことばspiky スパイキー 「ちょっと待って、じゅんばんこね。 」っと言われた時の、心があたたかくなるような、ふわふわことばfluffy フラッフィー。 あなたはどちらを言われたいですか? ことばをつかうとき、気をつけてことばを使うようにすれば、あなたのまわりはふわふわfluffy フラッフィー でいっぱいになります。 世界をふわふわfluffy フラッフィー でいっぱいにしちゃおう。 ことばを話すとき、ちくちく言葉を使っていないかな? ことばをまなびはじめた3歳頃から「自分で言葉をえらぶちから」を学んでほしい。 これからたくさんのことばと出会っていくこどもたちが、より多くのふわふわ言葉を使えるように。 そんな思いからこの絵本は誕生しました。 幼稚園でもこの絵本は使われていて、みんなで「ふわふわことば」をみつけたり、考えたりしています。 『ちくちくとふわふわ』のおすすめポイント• ちいさい子でも「ちくちくことば」「ふわふわことば」がわかりやすい• ことばでひとをきずつけることがあることを学べる• 思いやりの心が育つ• 気軽に英語に触れられる• ことばのえいきょうりょくを考えさせられる 箇条書きにするとこんな絵本です。 絵本が問いかけ方式になっていて、かたりかけるような絵本なので、子供も反応しやすく、自然と内容が頭にはいってきます。 ちくちくspiky スパイキー とふわふわfluffy フラッフィー。 どちらが多い方が楽しいのか、子言われたらいやなことばを自分で考え、自分でことばを選ぶきっかけになるところがおすすめです。 この絵本は日本語と英語でかかれていて、英語をよりみじかなものに感じられます。 国によってことばが違うこと。 その前に、日本という国以外にも遠い所には違う国で違うことばをはなしているということを教えるきっかけにもなります。 子供たちの反応 子供と親で一緒に読むことの大切さがわかる 子供の成長ははやいもので、つい最近まで「ママ」っとしか言えなかった子が、おしゃべり上手になり。 教えてもいない言葉をすんなりと覚えてくるものです。 ふわふわ言葉もたくさん覚える。 けど、やっぱり、「ちくちく言葉」もたくさん覚えてきます。 「ちくちく言葉」はあまり使って欲しくないけど、そうはいかないのが現実です。 この絵本が素直にこどもに伝わると親として我が子が良い子に育っていると感じられた絵本でした。

次の

ふわふわ言葉について|泉佐野市立北中小学校

ふわふわ 言葉 ちくちく 言葉

「もう、イライラするな~!!!」 そう言い放った時に 「ママ。 それ、ちくちく言葉だよ!」 と娘の一言。 「なに??それ??」 聞くと、 「ふわふわ言葉」 言われて嬉しい言葉。 やさしい気持ちになれる言葉。 「ありがとう」「嬉しい」「優しい」「手伝おうか?」「なにか困ってる?」 「すごいね!」などなど 「ちくちく言葉」 言われて嫌な言葉。 悲ししい気持ちになる言葉。 「バカ」「うるさい!」「あっちいけ」「死ね」などなど だそうです。 授業で習うとのこと。 ほほぅ。 今はそんな風に習うんだね~。 と感心しつつ。 ママがちくちく言葉を使っていたら教えてね。 と伝えると、指摘が多い・・。 日ごろから結構使っているんだな~と・・・反省。 ただ、この指摘、私にとっては「イライラ度」がすごく治まる。 「あっ。 また使ってた?ごめんね。 」ってなるんですよ。 逆のパターンも。 先日は、私がくどくど言っていると 「うるさいな~」 という娘。 「今のちくちく言葉じゃない??」 と話すと 「(かわいく)うるさいな~」 ってなったりします。 「やさしく言えばいいって問題じゃないじゃん(笑)」 と、笑いが起きるのですが、 これって結構お互いがヒートアップする前に収まるのですごくいいな~と思いました。 指摘するときは基本的に「ちくちく言葉」だけの時ですが、 「ちくちく言葉」を使ったときに、 今はどんな気持ちだった? 相手はどんな気持ちだった? どんな言葉を使えばよかった? をお互いに話す機会になります。 そう言えば、あまり関係ないのですが、 先日、国語のテストが返ってきた時も、家族で話すことに。 問題 「アリ」のことをもっと知りたくなりました。 ほほぅ。 旦那が登場。 その場合は、2)の回答が、 絵本のコーナーで「アリ」の本を探す。 もしくは 図鑑のコーナーにいき「アリ」の本を探す。 だったら正解になるのでは? 今回の場合は「もっと」知りたくなっただから、自分で調べたという行為は終わっている段階だから、3)が正解になっているんじゃないかな。 というと 娘は、 だとすると問題に「もっと」ではなく、自分で調べたけど、って言葉を入れてほしい。 「もっと」に、自分で調べたというところまでわからない・・・。 私には。 という回答。 テストの回答は間違いでしたが、回答だけではわからない、娘の考えを話す機会や聞く機会ができるのは充実した時間になるな~と思いました。 日常的に、話す、聞く、考える時間が増やせたらいいなと思いました。 そして、 「ちくちく言葉」娘以外でも、 使っている可能性あるので、日々私自身も考えていきたいなと思いました。

次の

【朗報】なんJ、今日から「ちくちく言葉」を規制し全レス「ふわふわ言葉」を義務付ける

ふわふわ 言葉 ちくちく 言葉

私はお腹がすいていなかったし、コーヒーだけで充分。 子どもが欲しがって買ってあげたものだから特に欲しいとは思っていなかったんですが、 「どうぞ、どんどん、よばれてね~」 と、差し出すんです。 あったかい気持ちになった。 」 と、言うと、 「それは『ふわふわ言葉』だからだよ。 」 と自慢げに言う。 そこから、「『ふわふわ言葉』って何?」と話ははじまりました。 「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」の意味 ネットで調べると、「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」を題材にした道徳の学習指導案があったり、人権作文があったりと、わんさか情報がありました。 小学校の低学年の道徳の授業で習う言葉だそうです。 「ふわふわことば」は言われると嬉しい言葉で「ありがとう。 ごめんね。 すごいね。 かわいいね。 一緒に遊ぼう。 元気だね。 仲良くしようね。 大好きだよ。 楽しいね。 嬉しいね」。 「ちくちくことば」は言われると悲しい言葉、傷つく言葉で「バカ。 キモい。 ウザい。 そんなことも知らないの。 一緒に遊ばない。 どっか行け」などです。 大人の世界ではポジティブストロークとネガティブストロークと難解な言葉に置き換わってしまいますが、低学年向けに分かりやすい言葉の「ふわふわことば」の方がなんだか素敵な感じがします。 家庭や職場などでは「ちくちくことば」を見聞きすることが多く、実は、大人にこそ「ふわふわことば」が必要なのではないでしょうか? (より引用) 入学してまだ一か月ちょっとですが、息子も「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」というのを小学校で習ったそうです。 昔は、言葉には力があるから、良くない言葉・否定的な言葉を言ったり言われ続けてはいけないと、どこかで…母親?学校?で習ったような気がしますが、小学校1年生ではなくて、もっと大きくなってからだったと思います。 今はなんでも早く教えるんですね!それにかわいい表現。 「ふわふわ言葉」「ちくちく言葉」なんて。 問題文の「~なさい」・「~ましょう」 大人になると「ちくちく言葉」に対して感覚がマヒするというか… と思ってしまうものも、子どもにとっては「ちくちく言葉」なんだそうで、 息子にとって 「~なさい」は「ちくちく言葉」なんだそうです。 さっきの「どうぞ、どんどん、よばれてね~」を「どうぞ、どんどん、たべなさいね~」にしたら、なんか少しキツイ感じになるというのはわかります。 でも、 ワークや教材の問題文の「~なさい」まで、「ちくちく言葉」で良くないと言うんです。 受験用問題集 トップクラス問題集の問題は「~なさい」。 購入直前に【これは「~なさい」と書いてあるからいけない】と言っていたのは、そういうことだったのか…と、今頃わかりました。 (他の同様の問題集も同じような書き方で、結局この問題集が良いと本人が決め、少しずつ取り組んでいます。 「~なさい」は、こういう問題の世界では当たり前。 入学試験や検定試験にだって平気で出てくる言葉です。 いつかは慣れて欲しいと思うのですが、 幼児期から続く進研ゼミやまなびwithといった通信教育の問題文は、小学生のコースになっても「~ましょう」のままなんです。 幼児期から続く通信教育 進研ゼミのチャレンジ1年生 まなびwith小2コース さすが、子どもの心をとらえて離さない通信教育!「ちくちく言葉」なんてないし、どれもあったか~い気持ちになる紙面。 受験生や大人がギスギスしているのは、「~なさい」に代表される 大人や本人たちが気付かない「ちくちく言葉」に囲まれているからかもしれないですね。 いつか子どもが受験生になったら、あたたか~い空間づくりや言葉がけに精を出そうと思います。 お年寄りの優しい「ふわふわ言葉」を、次の世代の子どもたちに託して この出来事を夫に話すと、 「よばれてね~」は方言だ、私や私の母が使っていたというんです。 けれど、いつも私は「たべてね」の方を使いますし、私の母は遠方に住んでいるので滅多に会いません。 受ける影響は少ないはずです。 あちこちで使っていることがわかります。 小学校で優しいお年寄りとふれあい、こういう 古いけれど心が安らぐ「ふわふわ言葉」を子どもたちが受け継いで使い、残していって、「ふわふわ優しい気持ちいっぱいの日本」になるといいな〜。 shimausj.

次の