手羽 元 柔らか 煮。 使うのは酢じゃなくて◯◯!「手羽元」で夏のさっぱり煮を作ろう(クックパッドニュース)

圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮~お酢のチカラ!

手羽 元 柔らか 煮

お財布にやさしい「手羽元」 給料日前におすすめしたいのはズバリ「手羽元」。 骨つきで豪華見えするのに、安価で手に入ることが多く、節約レシピにはとってもお役立ちなんです。 今回はそんな手羽元を、これからの季節でもおいしく食べられる煮込み料理に仕上げてみます。 さっぱりレモン煮込みを作ってみよう 煮込み料理といえば、ちょっと寒い季節が似合いますが、使う材料をちょっと夏仕様にしてみると、暑い季節にもぴったりのおかずが出来上がります。 今回チョイスしたいのは「レモン」。 煮込むときにレモンを追加することで酸味が加わり、さっぱりとした味わいに仕上がります。 盛りつけたあとにレモンを添えたら、さらに爽やかさもアップですね。 もし手に入らない場合は、皮を取り除いて使用しましょう。 安価な手羽元で、さっぱりレモン煮込み。 夏向けの煮込み料理、覚えておいて損はなさそうですね!(TEXT:はまずみゆきこ).

次の

調味料いらずで鶏肉を柔らかくする効果も! やしろ優お手製手羽元煮の隠し味:昼めし旅|テレ東プラス

手羽 元 柔らか 煮

【手順1】 鍋に手羽元、マーマレード、酒、しょう油を入れます。 火をつけ20程煮込みます。 【手順3】 ちんげん菜を縦半分に切り、塩を振り耐熱容器に入れて2分程加熱します。 【手順4】 (1)に(2)入れ、5分程加熱します。 【手順5】 しめじの房を取り除き、(1)に加え、5〜10分程加熱します。 【手順6】 平皿にちんげん菜、プチトマトを盛り付け、中央に手羽元と卵をのせます。 ソースをかけ、レモンを絞ったら出来上がりです。 また取り出す際には熱いので十分注意してください。 自衛隊員の奥様の田中さん。 ご主人は仕事柄信じられない位の量を召し上がるんだそうで…お米の消費量は1カ月に15kg無くなる程!愛するご主人の為、食生活にも気配りを怠らない頑張り屋さんの田中さん、365日ほぼ毎日の食事作りはもちろんのこと、朝、昼と2つのお弁当を作って送り出す事もあるんだそうです。 挑戦してくれたレシピは、手間も入らずでさらに失敗なし!という手羽元のマーマレード煮。 確かに材料も少なく、煮込むだけ。 審査員の先生方が注目していたレシピだけあり、つやつやに仕上がった手羽元には食欲をそそられましたね。 しかし惜しくも一次予選敗退。 レシピの女王への想いが強く、帰り際涙を流していたのが印象的でした。 今回は残念な結果となりましたが、田中さんの愛情の込もったお料理はご主人の支えとなっていること間違いなしです!またぜひ挑戦してくださいね。

次の

レシピ詳細

手羽 元 柔らか 煮

わずか加圧1分ほどで、ゆで卵が簡単にできました。 ツルンツルンに剥けました 笑。 後は ティファールの圧力鍋で仕上げていきます。 鍋にサラダ油を入れて手羽元を焼いていきます。 本当はテフロン加工のフライパンで焼いてから圧力鍋に移していくのが良いのですが、時間と手間を短縮するために、圧力鍋1つで調理して行きます。 手羽元がある程度炒まったら、スライスしたしょうがと半月状に切った大根を入れて更に炒めていきます。 調味料と水カップ1杯を入れて約8分加圧します。 ここで我が家の圧力鍋はゴムパッキンがすり減ってきて、手で押さえてやらないと加圧できなくなりました 笑。 手間がかかる鍋です 笑。 圧が下がったら ゆで卵を入れて煮込んでいきます。 水分が無くなるまで煮詰めて全体に照りが出てきたら、圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮の完成です。 1日1回お願いします! 圧力鍋で作る手羽元の柔らか煮レシピのまとめと感想 お酢を入れているので、とても柔らかく仕上がりました。 しかも圧力鍋を使用したので、食べる時に鶏肉が骨からスルッと剥がれ落ちて非常に食べ易かったです、軟骨なんかボリボリ行けてしまいます 笑。 今回もズボラレシピだったので、圧力鍋だけで作りましたが、できれば手羽元はフライパンで焼いた方が綺麗に仕上がると思います。 圧力鍋で直接手羽元を焼くと、鍋底に引っ付いてしまい仕方がありませんでした 笑。 その他の改良点は、大根は下茹でしておいた方が味がしみやすく、出来上がりが美味しく仕上がります。 手羽元+圧力鍋の組み合わせなら、 チキンカレーを作っても美味しいですね。

次の