九星気学 男女 相性。 九星気学の基本的性格と相性占い

十二支の組合せで見る相性とは?運気アップの干支の組合せは?

九星気学 男女 相性

生年月日に応じて、9種類の傾向が備わる。 ・・・これが、九星気学の根本にある考え方です。 その「9種類」というのが、一白水星〜九紫火星までの 9つの星(=性質)であるわけです。 このサイトでもご紹介している通り、 この9種類の星にはそれぞれ異なる特色があります。 性格、仕事の適性、恋愛における愛情表現の仕方、蓄財力・・・etc もちろん人には個性がありますから、 全てがその星の特徴に当てはまるわけではないでしょうが、 「あ〜、なんか思い当たるわ!」 と感じる部分はあるのではないでしょうか。 さらに、この9つの星は、大きく 「男星」と「女星」の2つに分類することができます。 男星 一白水星 三碧木星 五黄土星(男性) 六白金星 八白土星 女星 二黒土星 四緑木星 五黄土星(女性) 七赤金星 九紫火星 別にどちらが良いとか悪いといったことではなく、 「男(陽)」と「女(陰)」で一つのバランスを取る という考え方がベースにあります。 性別の男女でも、それぞれがお互いに足りないものを補い合うことで 穏やかな家庭生活や社会生活が成り立つわけですよね。 自分、家族、友達、同僚、上司・・・ 身の回りの方がどちらグループに属する星なのかが分かると、 人間関係をうまくやっていくためのヒントが得られるかもしれません。 男星の特徴 九星気学で「男星」に属する方々の特徴をまとめてみましょう。 一見、思い切りがよく豪快なように見えても、 実は非常に論理的に物事を捉えており、行動は計画的。 何も考えていないように見えて、実はかなり先の見通しも考えている。 ふざけているようでいて、実は絶対に揺らがない芯を持っている。 プライドが高い これ、性別の男性にも通ずるものがありますよね。 女性側からしてみれば「えっ、そんなところまで考えていたんだ!」 と驚かされることも多いものです。 言い換えれば、「察する力」が弱いんですよね。 たいていの夫婦喧嘩の原因はここに端を発しているような気がするのは 筆者だけでしょうか(笑)。 ちなみに、男星に属する女性は、 いい意味でさっぱりしていて気持ちが良いですね。 ただ、女性としての艶っぽさに欠けるところがあるので、 あまり男性にちやほやされるタイプではないかもしれません。 男星に属する男性は、筆者の実感では 「硬派」な人が多いですね。 ただ、強いように見えても意外と心の中では傷ついていて、 時には簡単に折れてしまうことも多いようです。 女星の特徴 九星気学で「女星」に属する方々の特徴をまとめてみましょう。 繊細で傷つきやすく見えて、実は行動は大胆だったりする。 思いがけない行動で周りの人を驚かせることもしばしば・・・。 感性が鋭く、敏感。 直感的で勘が鋭い 周りに気遣いをしているように見えて、実はだれよりも自分勝手(笑) 男星に比べて、 理論的に物事を考えるのが苦手な方が多いという印象です。 とりあえず直感で動いてみる!という大胆さは、ある意味では魅力的ですよね。 ただ、ハプニングが起こった場合は感情的になりやすいので、 ビジネスの面ではハラハラさせられることも多いかもしれません。 しかし、場の空気を察する能力や包容力は、男星には足りない部分。 どこかにやわらかい母性のようなものがあるので、 一緒にいると心がホッと安らぐんですよ。 外見に関わらず、内側からにじみ出る華やかさもあるので、 異性にもモテる方が多いという印象ですね。 男性でも女性でも、やはり包容力があってあか抜けた人は人気ですよね。 女星に属する女性は、やっぱり優しい人が多いですね。 おまけに、おしゃべりさんも多い(笑)! 人(や動物、植物)を育てる天性の才能があるので、 人の上に立つ仕事が向いていると思います。 女星に属する男性は、いわゆる「草食系」ですね。 繊細でロマンチスト。 女子会の中に一人混じっていても、違和感がありません。 「太陽と北風」のように、温かな愛情でゆっくりと・確実に 相手の心を開かせることができるタイプの男性が多いですよ。

次の

九星気学【相性占い早見表2020年】本命星と月命星を無料でチェック

九星気学 男女 相性

九星気学とは、• 一白水星(いっぱくすいせい)• 二黒土星(じこくどせい)• 三碧木星(さんぺきもくせい)• 四緑木星(しろくもくせい)• 五黄土星(ごおうどせい)• 六白金星(ろっぱくきんせい)• 七赤金星(しちせききんせい)• 八白土星(はっぱくどせい)• 九紫火星(きゅうしかせい) という9つの星(本命星)に人を分類し、基本性格や方位の吉凶診断を行う占術です。 ここではまずあなたの本命星をわりだし、基本性格を占います。 なお九星気学では、立春2月4日~翌年2月3日までを1年間として扱います。 そのため1月1日~2月3日の間に生まれた人は、生まれ年の前年の西暦で占ってください。 たとえば1980年1月1日~2月3日までの生まれの人は、前年の1979年で占います。 自分の本命星を確かめよう!! 西暦を入れてください.

次の

九星気学であなたの運勢や性格・相性を無料占い

九星気学 男女 相性

月森です、今回は、 「九星気学で結婚に向いている相性とは?一般的な相性とは違うの?」 というテーマでお話ししますが、特に他の占い師さんに 「相性が悪いから別れた方が良い」 と言われたけど、 「好きで諦めがつかない」 そんな方に悪い相性を最高の相性に変え縁結びができちゃう気学の魅力をシェアします。 一般的な相性と結婚向きの相性とは違う 九星気学における人間関係の相性は、一般的には各九星の相生・相克関係で説明されます。 そのため、全面的にその相性を信じる方も少なくありませんが、実際のところ、その全てが恋愛向き・もしくは結婚向きとは限りません。 さらに言えば、仮に相性が良かったとしても、お互いの心が離れていれば当然うまく行きませんし、相性が最悪と言われている夫婦であっても、なぜか衝突せずに長く続いているケースもあるんですね。 詳しくは個別に鑑定する必要はあります。 一般的に広く広まっている相性だけを頼ると、痛い目を見ることになるかもしれません。 たとえば、本命星の相性で二黒土星と四緑木星は合わないという気学的な一般論は9割型当たりません。 そんな適当な占いをされたのなら、鑑定を受け直した方が良いです。 九星別の一般的な相性 ここで、一般的に言われている九星別の相性をお伝えします。 しかし、九星気学の本格的な占いを受けたことがある方ならお分かりかと思いますが、これらはあくまでも基本情報というか鵜呑みにしてはいけないので、参考程度にして下さい。 自分が過去に接した方々と比べてみて、当たっていたか外れていたかどうかを調べる際の参考にしてみてくださいね。 本命星が一白水星の方 ・相性の悪い星 一白水星、六白金星、七赤金星 一般的な相性は、必ずしも個別には当てはまらない 上記の星を調べてみて、当たっていると考えた方もいれば、そうでもないな……と考えている方もいると思います。 一般的な相性というものは、本当に表面的な相性でしかなく、より深く付き合わなければ見えてこないものだからです。 しかも、もともと悪い相性でも改善する方法が気学にはあります。 たとえば、昭和天皇と良子さまの相性を見ると、気学的には悪いです。 しかし、干支の相性は良いということや、気学的な改善策によってお二人は永遠のおしどり夫婦でした。 なので相性は悪いからと言って諦める必要などありません。 にもかかわらず、入り口の段階で相手を見定めてしまう方は本当に多いことを考えると、非常にもったいないと言わざるを得ません。 自分に合った人を探すためには、まず自分を知らなければならない 恋愛に向いている相性や、結婚に向いている相性を知るためには、九星気学を活用したマインドセットによって、まずはあなた自身(自分自身)がどういう人間であるのかを知る必要があります。 答えを知るだけなら、占い師に鑑定してもらえば一定の回答が得られるでしょう。 しかし、誰かに頼るだけでは、万一頼っている人がいなくなってしまったら、誰に聞けばいいか分かりませんよね。 それでは「他人軸」の生き方になってしまい、自分で自分の人生をかじ取りしている実感は持てません。 自分にとって結婚向きの相手・恋愛向きの相手かどうかを自分で判断できるようになるには、自分で知識を身につけてしまった方が簡単です。 もし、今の交際相手と相性が悪くて、他の占い師さんに 「あなたたちは結婚はやめた方が良いわね」 「相性が悪いから別れた方が良いわよ」 なんて言われたり、 宇宙人同士のようにかけ離れた相性だとしても、 「じゃあどうすれば占い的な相性が最悪でも最高に良い相性になれるのか」 それが分かるのが気学の魅力です。

次の