ファクタリング 買掛 金。 ファクタリングの会計処理と仕訳

ファクタリングとは図解でわかりやすく説明【売掛金を現金化】

ファクタリング 買掛 金

ファクタリングは、売掛金を売却することで現金化できる資金調達手段の1つです。 ファクタリングを利用する場合は、手数料などの契約条件を確認することはもちろん、会計処理についても理解しておくことが欠かせません。 ファクタリングの会計処理は、一般的な掛け売りの取引と比較すると仕訳が複雑になります。 特に、ファクタリングを利用しているなかで売掛金の入金があった場合の処理がポイントです。 そこで、ファクタリングにおける売掛金入金に関する仕訳の方法などについて解説します。 会計処理の基本は取引の都度仕訳を行うこと ファクタリングの会計処理を行うためには、仕訳を理解することが大切です。 ファクタリングの会計処理は、そのほかの商取引と同様に、取引ごとに仕訳を作成することが基本となります。 仕訳とは、事業を進めていくなかで生じた取引について、その取引内容を勘定科目に分類して金額とともに記載する会計処理の最小単位です。 すべての仕訳を一定の方法で集計することによって、貸借対照表や損益計算書が完成します。 仕訳は、会計処理に欠かせない部品なのです。 勘定科目は、その性質によって5つのグループに大別されます。 どの勘定科目も、資産か負債、純資産、収益、費用のいずれかに分類される仕組みです。 資産と負債、純資産は、貸借対照表を構成します。 また、収益と費用は、損益計算書の作成に必要となるものです。 資産や費用が増加した場合は、仕訳では借方に記載します。 負債や純資産、収益が増加した場合は、貸方に記載するのがルールです。 1つの仕訳において、借方と貸方の合計金額は同じになるように作成します。 また、それぞれの科目が減少した場合は、借方と貸方を逆に記載することが必要です。 仕訳は、取引ごとに行うことになります。 そのため、まとめて処理しようとすると混乱したり作業が大変になったりするでしょう。 毎日仕訳を作成しておけば、資産や負債の最新状況を常に確認できる状態を保て、経営判断にも役立ちます。 売掛債権とは?掛け取引の基本をおさらい ファクタリングは、売掛債権の一種である売掛金をファクタリング会社に譲渡して、その売却代金を受け取る取引です。 売却した売掛金からはファクタリング手数料が差し引かれるため、受け取る資金は売掛金よりも少なくなります。 融資取引ではなく売買取引であるため、担保を求められないことが特徴です。 ファクタリングを行わない場合は、売掛金の決済日まで待てば資金を受け取れます。 ファクタリングは、決済予定日前に売掛金を現金化できることも特徴です。 そのため、ファクタリングの会計処理を把握するためには、通常の売掛金に関する取引を理解することが欠かせません。 売掛金は、掛け取引によって生じる勘定科目です。 掛け取引とは、売買した商品などの代金をその場で現金授受を行うのではなく、後日決済する取引方法のことです。 飲み屋で後払いにしてお酒などを飲んだ場合、「つけ」で飲んだといいます。 掛け取引の「掛け」は、飲み屋の「つけ」にあたると理解しておけばよいでしょう。 売掛は、販売する商品などの代金を後日支払ってもらう方法で売ることです。 あとで代金を受け取る権利が売掛金になります。 買掛はその逆で、購入する商品などの代金を後日支払うことです。 この場合は、買掛金が生じます。 企業間の商取引では、現金払いではなく掛け取引が主流です。 手形取引のように書類は残しませんが、一般的には、包括的な取引基本契約などで「月末締め翌月払い」といった形で掛け取引の条件を決めておきます。 売掛取引で現金が手元に入るのはいつ? 売掛取引を行った場合、商品の引き渡し時点やサービスの提供が完了した時点で売上代金を受け取ることはせず、後日において支払ってもらうことになります。 その決済日をいつにするかは、取引先との交渉によって決まるのが一般的です。 業界によっては標準的な期間が設定されている場合や、慣習によって決まるケースもあるでしょう。 また、下請法などの法規制などで最長の期間が定められることもあります。 納品から売掛金入金日までの期間が長くなれば、資金繰りには不利になります。 逆に、決済日までの期間を短くできれば、運転資金は少なくて済み、資金繰りには有利です。 一般的な決済日は、商品の引き渡しなど売上が成立する条件を満たしてから1カ月~数カ月程度後になります。 また、納品日などを基準にするやり方だけでなく、月末締めで期間を定めるケースも多いです。 大切なポイントは、販売時点で決済日を決めておくことでしょう。 販売時点で売掛金の入金日まで決めておくことがビジネスの基本です。 そのため、売買契約を締結する前に、販売金額や納期だけでなく、売掛金の入金日についても合意しておくことが重要になります。 売掛金の入金日の決め方は、大きく分けると2種類あります。 個々の売買契約ごとに決済日を定める方法と、取引基本契約などで包括的に決済日を定める方法です。 どちらの形態がとられるかは、業種や取り扱う商品、取引先の方針などによって異なります。 ファクタリング取引の基本を理解しよう ファクタリング取引とは、掛け売りの取引を行ったことによって生じた売掛金などの売掛債権を、ファクタリング会社に買い取ってもらう取引です。 売掛金を譲渡した会社は、その対価として資金を受け取ることになります。 売掛金は、売買契約などで定めた決済日が到来しないと現金化することができません。 しかし、ファクタリングを利用することによって、決済日前で現金化することが可能です。 急に資金が必要になった場合、金融機関に対して融資の申し込みをしても、審査期間が長いなどの理由で支払い時期に間に合わないこともありえます。 また、融資を断られるケースもあるでしょう。 そういった場合でも、資金調達できることがファクタリングの魅力です。 また、売掛金の決済日までの期間が長い場合は、多くの運転資金が必要になります。 売掛金が多くなると、資金繰りが苦しくなることも珍しくありません。 そういったケースでも、ファクタリングの利用は有効です。 売掛金を譲渡して早期に現金化すれば、その資金を仕入れなどに回すことができます。 運転資金が少なくて済むようになり、キャッシュフローを改善させることが可能です。 ただし、ファクタリング手数料の負担が生じるため、売掛金の額面全額を現金化できないことを理解しておきましょう。 ファクタリングを利用する場合は、仕組みを理解したうえで賢く利用することが重要です。 2社間ファクタリングでの入金のタイミング ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。 ファクタリングの会計処理を知るためには、それぞれの形態の特徴を理解しておくことも大切です。 2社間ファクタリングでは、売掛金譲渡会社とファクタリング会社の2社間で契約を交わすことになります。 2社間ファクタリングの特徴は、売掛金譲渡会社が2回の入金を受けることです。 それぞれの入金タイミングで会計処理を行うことになるため、通常の掛け取引よりも処理は複雑になります。 1回目の入金タイミングは、ファクタリング契約を締結してファクタリング会社から売却代金の入金を受けるときです。 売却代金からはファクタリング手数料が控除されますが、残額については売掛金決済日前に現金化できます。 2回目のタイミングは、売掛金の決済日です。 2社間ファクタリングの場合、売掛先会社にはファクタリング契約が締結されたことは通知されません。 そのため、当初の契約条件通り、売掛先会社は商品を仕入れた会社に対して支払いを行うことになります。 しかし、売掛金はすでにファクタリング会社に譲渡されているため、売掛金譲渡会社が受け取る資金は、直ちにファクタリング会社に送金することが必要です。 受け取った資金をそのままにすると、二重に資金を受け取ったことになってしまいます。 3社間ファクタリングでの入金のタイミング 3社間ファクタリングとは、契約者が3社になるファクタリングのことです。 売掛金譲渡会社とファクタリング会社に加え、売掛先会社も契約当事者となります。 3社間契約の場合は、売掛先会社も対象となる売掛金についてファクタリングが行われることを知っているということです。 3社が契約当事者になるため、売掛金が決済されてファクタリング成立する可能性が2社間ファクタリングよりも高くなります。 そのため、2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングのほうが手数料は安くなるのが一般的です。 3社間ファクタリングの場合、売掛先会社が支払う先はファクタリング会社になります。 契約当事者であるため、売掛金が譲渡された先であるファクタリング会社に直接支払う形です。 売掛金決済に先立って、ファクタリング会社は売掛金譲渡会社に買い取った売掛金の代金を支払います。 その段階で手数料を差し引かれるのは2社間ファクタリングの場合と同じです。 売掛金譲渡会社が資金を受け取るのは、このファクタリングを行って売掛金の売却代金を受け取るときだけになります。 売掛金の決済は直接ファクタリング会社に対して行われるため、2社間ファクタリングのようにファクタリング会社に送金する必要は生じません。 2社間ファクタリング入金時の仕訳 2社間ファクタリングの入金は2回あるため、それぞれ会計処理を行う必要があります。 まず、ファクタリングによって売掛金の売却代金を受け取るタイミングの処理です。 たとえば、売掛金1000万円、手数料100万円、入金先が普通預金である場合、まず、「借方:未収金900万円、売掛債権譲渡損100万円/貸方:売掛金1000万円」と処理します。 その後、ファクタリング会社から入金があった段階での仕訳は、「借方:普通預金900万円/貸方:未収金900万円」です。 結果的に、900万円の普通預金の増加と1000万円の売掛金の減少、100万円の手数料が処理されたことになります。 売掛金の譲渡とファクタリング会社からの入金が同時に行われる場合は、未収金勘定を通さず省くのが一般的です。 次に、売掛金が決済されてファクタリング会社に送金する段階での処理です。 売掛金の入金時は、「借方:普通預金1000万円/預り金1000万円」と処理します。 受け取った資金は自社のものではないため、預り金勘定を使用します。 資金をファクタリング会社に送金するときの仕訳は、「借方:預り金1000万円/貸方:普通預金1000万円」です。 この段階での2つの処理は、結果的に相殺されることになります。 ファクタリング会社の代わりに資金を受け取り、その資金を渡すだけの取引であるため、売掛金譲渡会社の財産や損益は変動しません。 3社間ファクタリング入金時の仕訳 3社間ファクタリングの会計処理は、2社間ファクタリングよりも簡単です。 3社間ファクタリングを利用する場合は入金のタイミングが1回しかありませんので、ファクタリングを行ったタイミングで仕訳を作成すれば処理は完了します。 売掛金1000万円を譲渡して、ファクタリング手数料を100万円負担する場合、売却代金が普通預金だとすると、仕訳は、「借方:普通預金900万円、売掛債権譲渡損100万円/貸方:売掛金1000万円」です。 売掛債権譲渡損は、手数料にあたる勘定科目で、営業外費用に該当します。 売掛金譲渡と売却代金入金のタイミングがずれる場合は、2つに分けて処理することが必要です。 ファクタリングによる売掛金譲渡と売却代金の入金を分けて処理する場合は、まず、「借方:未収金900万円、売掛債権譲渡損100万円/貸方:売掛金1000万円」と処理して未収金を認識します。 債権譲渡取引は、販売取引ではないため売掛金ではなく未収金を使用することがポイントです。 ファクタリング会社から手数料控除後の売却代金入金があった場合は、「借方:普通預金900万円/貸方:未収金900万円」と処理します。 売掛金の決済は、売掛先会社からファクタリング会社に直接行われることになるため、売掛金決済時における会計処理は不要です。 負債を増やさず資金調達するならファクタリング ファクタリングの利用は、通常の掛け取引よりも会計処理が複雑になるという課題もあります。 しかし、早期に資金化できキャッシュフローを改善できるというメリットに加えて、負債が増えず負債関連の経営指標が悪化しないという点も魅力です。 手数料コストがかかったとしても、利用することが経営にプラスに働くこともあるでしょう。 資金調達は必要だが、金融機関から融資を受けて負債が増加することは避けたいという場合は、ファクタリングの活用が有効です。 会社経営においては、状況に応じて資金調達方法を変えることも必要になります。 資金調達方法の選択肢を増やすためにも、ファクタリングの会計処理を理解して利用してみることをおすすめします。

次の

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリング 買掛 金

このページの要約 仕入代金や買掛金が払えなければ「債務不履行」となって訴訟を起こされる可能性があります。 最終的には、会社の資産を差し押さえられてしまいます。 そうならないための解決法としては、• 相手先の企業に分割や先延ばしの相談をする• 銀行へ融資を頼む• 「ファクタリング」で資金を調達する という方法があります。 詳しくは本文を参考にしてください。 「債務不履行」で訴えられる可能性がある 最初から払わないつもりでいたのであれば「詐欺」ですが、最初は約束の日までに払うつもりでいたものの、経営状況が悪化したりキャッシュフローが回らなくなったりして、仕入代金や買掛金が払えなくなってしまったのであれば、 民事上の「債務不履行」という扱いになります。 債務不履行になると、刑事事件ではありませんが、金額の大きさや過去の支払い状況によって、 民事で訴えられる可能性はあります。 また、あなたの対応次第では相手が「詐欺」と主張してくる可能性も考えられますので注意が必要です。 自宅を差し押さえられることも・・・ 通常、法人の負債であれば、社長であっても、自宅や自家用車など個人の財産を差し押さえられることはありません。 ただし、取締役に恋や重過失がある場合には、会社債権者から損害賠償請求をされ個人の財産を差し押さえられてしまう場合もあります。 会社法により役員責任(取締役の第三者責任)を追及されればの話にはなりますが、可能性はゼロではありません。 計画的に払わないと思われてしまう要素 あなたに悪意はなかったとしても、次のような要素があると計画的に払っていないとみなされてしまう可能性はあります。 他にも未払いを重ねている仕入れ先がある• 電話をしても居留守を使う、FAXやメールに応答しない• 連絡もなく事務所を移転する 状況によっては払わずに済む方法もある どうしても払えないけれど裁判になったり差し押さえられたりするのは困る…という方はどうすればいいのでしょうか? 解決策は次の4つになります。 相手先へ分割や先延ばしの相談をする• 銀行へ融資を頼む• 「ファクタリング」で資金調達をする• 2年以上経っていたら「消滅時効」で処理することも 相手先へ分割や先延ばしの相談をする あなたの会社の経営状態が悪いように、もしかしたら相手の企業もあなたが仕入代金や買掛金を払わないことで経営が悪化している可能性もあります。 だとすれば、このまま払えない状態が続けば相手先も連鎖倒産という事態に追い込まれることにもなりかねません。 「払えない!」とわかっていながらギリギリまで連絡もせずにいるのは、 自分だけでなく他の会社にも迷惑をかける結果になります。 まずは相手先へ分割や先延ばしの相談をしてみましょう。 銀行へ融資を頼む• 「やはり相手先に相談するのは無理」• 「相談したけど断られた」 こういった場合は、銀行融資を受ける方法を考えてみましょう。 赤字だと銀行は融資をしてくれない、と思っている経営者の方も多いと思います。 しかし日頃から取引のある銀行や借入をしている銀行、役員や家族の口座のある銀行であれば、「取引先の会社が倒産…」という事態は避けたいので、融資に応じてくれる可能性はあります。 「ファクタリング」で資金調達をする• 「銀行で融資が受けられない」• 「赤字ではないが一時的に資金繰りが難しくなった」• 「融資がおりるのを待っていられない」 こういった場合なら、売掛金を買い取ってもらう 「ファクタリング」という方法もあります。 「ファクタリング」とは、 あなたの会社で持っている売掛債権を買い取ってもらう金融サービスで、中小企業の資金調達法のひとつです。 ファクタリングは、もともとはアメリカで19世紀末から20世紀初頭に始まったものです。 融資の場合は返済しなければなりませんが、ファクタリングは売掛分のお金をファクタリング会社(ファクター)から先払いしてもらうので、返済の必要がありません。 ファクタリングは「債権譲渡」の1種です。 返済をしなくていい• 売掛債権の範囲内で現金化できる• 早ければ1日で現金を手にできる• 税金を滞納していても口座の差し押さえがなければOK!• 調達のためのコストが金額の5~25%と高め ファクタリング大手の「資金調達プロ」なら、 最短即日で、1,000万円まで調達可能です。 買掛金の買取依頼の前に、ネット上で簡単な査定も可能です。 このことを「消滅時効」といいますが、商品仕入代金の売掛金の時効期限は2年です。 ですので、支払えなくて困っている買掛金が2年以上請求されていないのであれば、時効は消滅しています。 ただし、途中で裁判をされると、時効期間が10年間延長されますし、差押をされる可能性もあります。 また、支払いをしないで放置していると、信用を失います。 会社経営には資金力も大切ですが、長続きさせるためには 金融面における信用も獲得していかなければいけません。 未払いの代金がある場合、「ファクタリング」や「ビジネスローン」など、事業用資金を準備する際の足かせになってしまうこともあります。 「時効の援用」をすることで正式に支払わなくてもいいことに 売掛金を支払わずに2年が経過したときにも「2年が過ぎたからチャラね」と単純に済ませることはできません。 正式に相手の請求する権利が消滅するには、相手先に時効制度を利用する旨を伝える 「時効の援用」というステップを踏まなければならないのです。 といっても、手続きそのものは決して難しくありません。 ポイントは時効援用することを記した書面を「内容証明郵便」で送ること。 ただし、相手先に内容証明が届けばそれで時効が成立するわけではなく、金額が大きくなれば「時効は認めない」として訴訟を起こしてくる企業もあります。 ですので、 支払額が多いのであれば初めから司法書士や弁護士など専門家に依頼したほうがいいかもしれません。 まとめ 会社のお金の管理の見直しを 売掛・買掛取引については、キャッシュフローをきちんと把握しておかないと、倒産に直結する可能性があります。 「ピンチはチャンス」でもあります。 今後の経営方針を見直すよい機会だと前向きに捉えましょう。 「販売管理費を減らせないか?」• 「在庫を減らすにはどうすればいいか?」• 「遊ばせている固定資産はないか?」• 「増資はできないか?」 細かいことですが、こういったことを見直してください。 2018年11月19日• 2018年11月19日• 2018年11月19日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年10月2日• 2018年7月26日• 2018年7月26日• 2018年7月19日• 2018年7月5日• 2018年6月28日• 2018年6月21日• 2018年6月19日• 2018年6月19日• 2018年6月14日• 2018年6月14日• 2018年6月14日• 2018年6月13日• 2018年6月13日• 2018年6月13日• 2018年6月13日• 2018年6月13日• 2018年6月13日• 2018年6月13日• 2018年6月11日• 2018年6月8日• 2018年6月8日• 2018年6月8日• 2018年6月8日• 2018年6月8日• 2018年6月7日• 2018年6月7日• 2018年6月7日• 2018年6月7日• 2018年6月7日• 2018年6月7日• 2018年6月7日• 2018年6月6日• 2018年6月6日• 2018年6月6日• 2018年6月6日• 2018年6月6日• 2018年6月6日• 2018年6月6日.

次の

リバースファクタリングの仕組みとは

ファクタリング 買掛 金

Contents• 中小零細企業が事業資金調達や運転資金繰りでファクタリングを検討したほうが良い場合 ・早期の資金化を希望する場合 銀行の融資は実際にお金が下りてくるまでに時間がかかることが珍しくありません。 このため、急いでお金が必要というような場合にはファクタリングの方が早く資金化できます。 ・バランスシートのスリム化を図りたい場合 ファクタリングは売上債権という資産を現金化するものですので、勘定科目で言うと資産から資産の交換となり、銀行融資のように「借入金」という勘定科目にはならないため、バランスシートのスリム化にもつながります。 ・黒字倒産の防止 バブル崩壊直後は、仕事を受注して売上があっても、その売上債権が支払い不能となり、資金ショートを起こして倒産するという「黒字倒産」が珍しくありませんでした。 ファクタリングは売上債権を即現金化できるため黒字倒産のような心配は皆無です。 ・急に大きな仕事を受注して多額の運転資金が必要になった場合 突然大きな仕事を受注して多くの運転資金が必要になるというような場合には、手元の売上債権をファクタリングすることで、大口の運転資金にも対応することが可能です。 ・銀行に融資を断られた場合 銀行に運転資金の融資を断られた際の最後の手段としてファクタリングがあります。 銀行融資は自社に対する審査を行い融資の可否を決定しますが、ファクタリング審査のメインは売上債権先の企業の業況の方が重視されます。 そのため、自社の内容が良くないために融資を断られた企業であっても売上債権が優良企業であればその債権をファクタリング会社が買い取ってくれる可能性があります。 確かにファクタリングは銀行融資よりも多くのコストが発生してしまいますが、使い道次第では企業の資金繰りの大きな力となる方法ですので、経営者の方は資金繰りの1つの手段としてファクタリングという方法もあるということは頭に入れておきましょう。 即日融資可能なビジネスローンとファクタリング ファクタリング 売上債権の資金化としては手形の割引や売掛債権担保融資の他にファクタリングというものがあり、実は欧米ではこちらの制度の方が普及しています。 ファクタリングとは、一言でいえば「自社の持っている売上債権を買い取ってもらう」という制度です。 例えば100万円の売上債権を10万円の手数料を支払ってファクタリング会社に買い取ってもらうという制度です。 上記の従来の企業の資金調達方法はすべてが借入金ですが、ファクタリングは債権を売却しますので、勘定科目で借入金とはなりません。 「売掛金」という資産を「売上債権売却損」という費用を支払って「現金」という資産と交換するという手続きとなります。 ちなみに仕分けは以下のようになります。 借方 貸方 現金(90万円) 売上債権売却損(10万円) 売掛金(100万円) また、ファクタリングには2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングがあり、2社間ファクタリングであれば売掛先にファクタリングを行ったことを知られなくて済むというメリットがあります。 売掛先が倒産した際に支払いの責任を負う債権求償権ありのファクタリングと、売掛先が倒産した場合にはその責任をファクタリング会社が負う債権求償権なしのファクタリングが存在します。 ・最短即資金化 ファクタリングのメリットは銀行の売掛債権担保融資制度などと比べて審査に時間がかからないという点が大きなメリットです。 銀行の売掛債権担保融資制度は実際に融資が行われるまでに早くて1週間から数週間程度かかってしまうことも珍しくありませんが、ファクタリングであれば会社によっては最短即日で融資を受けられる場合があります。 ファクタリングには自社への審査はもちろん、売掛先の審査を重点的に行い、当該債権を支払う能力があるかどうかを審査します。 ・償還請求権のあるファクタリング ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に売って資金化することですが、売掛先の倒産や資金繰りの悪化によって、売掛債権が履行されない場合には、通常のファクタリングは自社でその売掛債権を弁済しなければなりません。 ファクタリングには売掛先にファクタリングを行ったことを通知されない2社間ファクタリングと、売掛先にファクタリングを行ったことを通知される3社間ファクタリングがありますが、3社間ファクタリングの場合には償還求償権があることが多く、2社間の場合には償還請求権がない場合がほとんどです。 ・債権求償権がないファクタリング(ノンリコース) 最近は債権求償権がない2社間ファクタリングが多くなっています。 銀行から手形の割引や売掛債権担保融資でお金を借りた場合の最も大きいリスクは得意先の倒産などで、支払い義務をすべて自社が被らなければならないことですが、 債権求償権なしのファクタリング(ノンリコース)の場合には、売掛先にもしものことがあってもそのリスクはすべてファクタリング会社が負ってくれるため、1度債権を売却してしまえば売掛先の資金ショートによる未払いや倒産などの心配は全くなくなります。 ファクタリング会社の中には銀行系の安心できる会社もあれば素性の怪しい悪徳業者もあります。 2社間ファクタリングなのに償還請求権がある契約も存在するようですが、そのような取引を持ち掛ける業者は悪徳業者である場合が多いですので、2社間ファクタリングで償還請求権がある契約は絶対に行わないように注意しましょう。 ファクタリングを行うと、ファクタリングを行ったことが売掛先に通知され、売上債権に所定の掛け目(手数料)を乗じた金額が自社へ入金されます。 売上債権の支払期日に売掛先が直接ファクタリング会社へ売掛金を支払います。 また、3社間ファクタリングは償還請求権があるのが通常です。 ファクタリングの基本は3社間ファクタリングですが、3社間のファクタリングは、取引先にファクタリングによって資金を調達したという事実を知られてしまうことになり、「売上債権を売却したということはよほど資金繰りに困っている」などといったマイナスイメージを与えかねないというデメリットがあります。 ・2者間ファクタリング 3社間ファクタリングのデメリットを克服するために誕生したのが2社間ファクタリングです。 2社間ファクタリングは売掛先にファクタリングを行った事実を通知しません。 売掛金が売掛先から入金されてから自社でファクタリング会社に売掛金を送金するという流れになります。 ファクタリング会社からすると、売掛金の入金があったのにも関わらず支払いが行われないということがないために入金口座をファクタリング会社の指定する口座へ変更されてしまうこともあります。 また、2社間ファクタリングには償還請求権がないのが一般的ですので、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングと比較して手数料が高くなることが多いです。 ・一括ファクタリング 一括ファクタリングとは、これまで説明してきた一般的なファクタリングのことで、売掛金や受取手形などの売上債権を一括してファクタリング会社が買い取り現金化する取引のことを言います。 一括ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。 ・医療報酬債権ファクタリング 一括ファクタリングが売掛金や受取手形などの売掛債権をファクタリング会社が買い取るものであったのに対して、医療報酬債権ファクタリングとは、医療機関に国保や社保から入ってくる医療報酬をファクタリング会社が買い取る方法です。 支払期日に国保や社保がファクタリング会社に料金を支払う仕組みであるため、一括ファクタリングの3社間取引と同じであると言えますが、一括ファクタリングのように国保や社保の同意は必要ありません。 国保や社保は倒産のリスクがほぼゼロであるため、医療報酬債権ファクタリングは手数料も安価に設定されています。 ・国際ファクタリング 国際ファクタリングとは、ファクタリング会社が輸出債権を買い取る制度です。 国際ファクタリングの流れは以下の通りです。 遠隔地にある海外の事業者との取引は代金支払いの未払いなどのトラブルが心配です。 そこで、ファクタリング会社を間に入れることによってファクタリング会社が海外事業者の信用調査まで行いますので、確実に代金回収ができるというメリットがあります。 ・保証ファクタリング 保証ファクタリングとは、一括ファクタリングが売上債権を買い取る制度であったことに対して、売上債権をファクタリング会社が保証するという仕組みです。 このため、もしも売掛先が倒産や資金シュートなどで売掛金や手形が支払不能となった場合にはファクタリング会社が保証した売上債権の全額を支払ってくれる制度です。 保証ファクタリングを付けておけば売掛先が急に倒産した際にも代金の回収ができるため安心です。

次の