泡だて器。 泡だて器が嫌い・・・

泡だて器のおすすめ人気ランキング10選

泡だて器

最近お菓子作りに目覚めたBUBYです。 ネットで探してきたレシピを元に、このところクッキーから始まり、マフィンやパウンドケーキなどを作っているのですが、最初に室温に戻したバターと砂糖を混ぜる作業ってよくありますよね? そのときに大体道具としてレシピに出てくるのが泡だて器・・・私これが嫌いなんです(泣) バターもかなり溶けたような状態ならいいんですが、少し固め(でも室温にはしっかりもどしてある)だと泡だて器のワイヤー?の中に全部入り込んでしまって何度もほじくって出さなくてはならないとか、最後にワイヤーに付いた材料をスプーンとかでそぎ落とすのが面倒とか・・・。 私はもっぱらゴムべらでしゃかしゃかかき混ぜてます。 これって普通のことで皆さん何度もほじくっているのかしら・・・それとも何か原因があるとか? ちなみに私が使っているのは、たぶん何年も前に100均で購入した超安物泡だて器です。 これを機にいいやつに買い換えようかなあ・・・でも結局同じことならどうしようかな〜と悩んでいます。 お菓子作りの先輩方! どんな泡だて器をお使いですか? 私の悩みは解決するんでしょうか? ユーザーID: それはバターが硬すぎます。 冬は半日室温に戻したって使える柔らかさにはなりません。 レンジのお世話になるか(でも、これは最新の注意が必要)よほど暖かいところに置くか。 クッキーやパウンドの場合、目安はマヨネーズよりちょっと固めくらいです。 そして、泡だて器は100均のものはやはり使いにくいです。 メレンゲなんか泣きたくなります。 お菓子を作るなら、それなりのものを使ってみてください。 使い勝手のよさに驚くこと請け合いです。 さらに、これは安くてもいいので電動の泡だて器(ハンドミキサー)があると、ぐっと楽です。 お菓子つくりが楽しくなります。 ユーザーID:• 趣味・教育・教養ランキング• バターが固い トピ主さんが作っているお菓子は、バターを練って作るものが多いですよね。 バターの練りこそ頑張らないとできない、みたいな。 バターに関しては、みんな同じように、ワイヤーの中に入り込んだらその都度ほじほじしては柔らかくしていると思います(笑) 私は卵の泡立てには電動のものを使いますが、バターに関しては逆に電動だと面倒です。 バターを練るときは空気を含むように、という理由もあるようで、だから、しゃもじとかでなく泡だて器なんだと思います。 硬い時はしゃもじでも、柔らかくなってきたら泡だて器に変えた方が、食感のよい生地ができるかもしれませんよ。 ちなみに、バターは硬いからと言って、変わりにマーガリンを使う人がいらっしゃいますが、これは栄養士さんに言わせると「とんでもない」そうです。 マーガリンは栄養学的に摂ってはいけないものだそうで・・。 今では病院でも一切出されていないと思います。 ユーザーID:• 私のやり方 BUBYさん、今後もお菓子作りをされるなら、是非とも「電動泡立て器」を購入してほしいです。 今はホームセンターやディスカウントショップなどで千円以下で売ってることもあります。 (上等の泡立て器よりはるかに安い!) 外国製(クイジナート等)の物よりパワーは落ちますが、基本的な性能は問題ないはずです。 パウンドケーキなどは、まずバターを白っぽくふんわり(空気を含んだ状態)するまで混ぜることが重要ポイントなので、道具はへらではなく泡立て器が適切なんです。 ワイヤーに入り込んだままになるのは、混ぜる時の振り切る力が足りないからなんです。 お菓子作りは腕力と時間の勝負ですから、そこで電動の力を借りれば最後の振り切りもできて一挙解決です!(笑) 電動があれば、力も手間も省けて段取りがはかどりますから、お菓子作りがもっと楽になってレパートリーも広がりますよ。 ユーザーID:• 泡立て器でなくてもOKでは? はじめまして。 長いことお菓子教室に通っているものです。 バターケーキを作るにあたって、バターのホイップはとても重要です。 泡立て器にからむの、やっかいですよね。 ポイントをいくつか・・・・・ 1 やはり道具は良いものを使った方が楽です。 ワイヤーが多く、握り部分のしっかりしているもの。 更に、ボウルと大きさが合っていた方が良いです。 (一般的に、ボウルの直径と泡立て器の長さが同じ位が良いと言われていますが。 2 室温のバター・・・ この季節の室温・・って、実は泡立てるには、低すぎるのです。 指がすっと入る位のやわらかさになっていれば、そんなにからまないと思います。 分量のバターを薄く切ってボウルに貼り付け、暖かいところに置いておくと、早くやわらかくなりますよ。 もし、発酵機能つきオーブンをおもちでしたら、低温に設定して、しばらく入れておいてもいいですね。 バターがたっぷり入った手作りのお菓子、ほんとに美味しいですよね。 これからも楽しんでお作りください。 ユーザーID:• お気に入り まず100均の泡だて器はそれほど丈夫ではないので、 ちょっと卵をかき混ぜたりするには良いですが、 本格的にお菓子を作るには向いていません。 やっぱりもう少し丈夫なもの、 そして使うボールに見合うサイズのものだと、 作業効率が大幅にアップします。 形としてはデザイン性などに凝らず、 先端のワイヤー部分から円筒形の柄が伸びているものが 丈夫ですし様々な持ち方に対応できて使い易いです。 またバターのように力を加える作業には、 ワイヤーと柄の境目辺りを持つと良いです。 それからバターは冷たい状態だと混ぜ難いので、 しっかりと室温に戻す必要があります。 簡単なのは分量のバターをラップで包んで、 手の温度を伝えながらこねます。 これなら中心までムラなく柔らかくなります。 泡だて器の中に詰まってしまうのは、 事前にバターを柔らかくしておけば大分ましです。 それでも中に詰まったら、 泡だて器ごとボールの底に叩きつけます。 振り回すと周りに飛び散るので、 泡だて器を垂直に立てそのまま下に落とすと良いです。 少々残るのは気にせず混ぜて大丈夫です。 砂糖などが入れば自然に詰まらないようになります。 ユーザーID:• エクボができる固さ その作業、メロンパンのクッキー生地を作る試験で何度もやりましたが、バターを室温に戻しただけでなく、ラップで包んだ上から押すと、軽くエクボができるほどの固さまで待たなければダメです。 ぐっと押すと、ぐにゃっとなる固さででなければ、ホイッパーでほぐれないと習いました。 もう少しの辛抱だったわけです。 パウンドケーキなどを作る時、フードプロセッサーのメタルプレードでこのバターを柔らかくしてお砂糖を混ぜる作業をやらせても出来ますが、けっこう長く時間をかけ、様子を見ながらの作業だったように思います。 途中で止めてスパチュラで何度も立て直します。 この部分がケーキ作りのヤマ場なので、後は混ぜていくだけでラクですが、コツさえ掴めばどうってことないです。 練習を重ねることです。 ユーザーID:• すり鉢とすりこぎ 自分のトピを見つけられずにいたのですが、こんなにたくさんの方にアドバイス頂けていたなんて! 本当にありがとうございます! 結局のところ、ハンドミキサーを購入しました。 というか、今届くのを待っています。 その他にも、いろいろな道具を注文したので、これからは思う存分お菓子作りを楽しもうと思っています。 泡だて器の中にバターが入り込んでしまう原因も、室温に戻すのが自分では十分だと思っていたのを無理やり泡だて器でかき回そうとしたからだと思います。 先日レンジで様子を見ながらしっかりやわらかくして混ぜ、アドバイス頂いた通りに回すのではなく横にかしゃかしゃ動かしたところ結構うまくいきました! 泡だて器も100均ではなく、ハンドミキサーの様子も見ながらそれなりのものを購入しようと思います。 まだまだ完璧!と呼べるようなケーキやクッキーにはなっていませんが、がんばります! ユーザーID:• うちでは冷蔵庫から出して一晩でバッチリですが.

次の

【楽天市場】【4つから選べるおまけ特典】 ハンドブレンダー ミキサー BRUNO(ブルーノ) マルチスティックブレンダー 離乳食 氷も砕ける みじん切り スムージー ハンドミキサー ハンディブレンダー フードプロセッサー 泡だて器 電動 BOE034:セレクトショップ・AQUA(アクア)

泡だて器

1.泡立て器 泡立て器は英語で whisk です。 *whiskは「泡立てる」という意味の動詞としても使います。 2.お玉 お玉は英語で ladle です。 3.へら へらは英語で spatula です。 *木べらならwooden spatula、シリコン製ならsilicon spatulaです。 4.まな板 まな板はアメリカ英語で chopping block 、イギリス英語で chopping cutting board です。 5.ガスコンロ ガスコンロは英語で gas stove です。 *stoveと言うと、暖房器具ではなく通常ガスコンロを意味します。 6.ざる、ふるい ざる、ふるいは英語で sieve です。 *ちなみに「小麦粉をふるう」の「ふるう」はsiftということが多いです。 7.茶漉し 茶漉しは英語で tea strainer です。 8.めん棒 めん棒は英語で rolling pin です。 スポンサーリンク ここに広告が入る 9.おろし金 おろし金は英語で grater です。 *動詞はgrateで「すりおろす」という意味。 10.フライ返し フライ返しは英語で turner です。 11.アルミホイル アルミホイルは英語で foil です。 *発音は「ホイル」ではなく「フォイル」です。 12.サランラップ サランラップはアメリカ英語で kitchen wrap または cling wrap 、 イギリス英語で cling film です。 13.食卓用ナイフ、スプーン、フォークなど 食卓用ナイフ、スプーン、フォークなどはまとめて cutlery と英語で呼びます。 *日本語でも「カトラリー」と言うことがありますね。 発音がやや難しいので注意です。 14.コルク コルクは英語で cork です。 *ちなみにコルク抜きはcork screwです。 15.鍋 鍋は種類によって名称が異なります。 深めの両手鍋は pan 、フライパンは flying pan 、ソースパンは sauce pan です。 最後に 15個中全て知っていた人は案外少なかったのでは?外国語大学卒の私も、外資系不動産管理会社に入って、物件のinventory(全物品リスト)を確認するときには、キッチンの前で「??」の連続でした。 一度覚えてしまえば、外国の料理番組や料理本も楽しく見たり読むことができます。 この機会に、全部まとめて覚えてしまいましょう。 語学力&貯金ゼロでも海外転職を実現させる方法• 日本でどんなスキルを身につけるべきか• 英語の履歴書の書き方、面接対策 など、を参考にして『海外生活』の可能性をぜひ確認してみてください! 留学メディア「THE RYUGAKU [ザ・留学]」とは? THE RYUGAKU[ザ・留学]は、海外留学、ワーキングホリデー、海外在住者のための海外生活、学校などの情報が集まる情報メディアです。 語学留学もコミカレ・大学・大学院留学も、留学先を探すときはTHE RYUGAKUから!実際にかかった留学費用、準備すると便利な持ち物、成功するために工夫したハウツー情報、ワーホリの仕事の探し方、学生寮・ホームステイの注意点やルームシェアの探し方、現地に滞在する日本人からお勧めまとめなど、短期留学でも長期留学でも役立つ情報が毎日たくさん公開されています!アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、韓国、中国、フランス、ドイツなど各国・各都市から絞り込むと、希望の留学先の記事が見つかります。 「どこに留学したらいいか分からない」「おすすめの学校が知りたい」「経験者による体験談が知りたい」「留学生活での節約方法を知りたい」。 初めての留学は分からないことだらけで、不安になったり、予算が心配だったりしますよね?THE RYUGAKUなら全て解決できます。 最新情報をチェックして、ぜひ充実した留学にしてください!.

次の

「泡だて器」「お玉」の英語は?意外と知らないキッチン用品の英語15選

泡だて器

最近お菓子作りに目覚めたBUBYです。 ネットで探してきたレシピを元に、このところクッキーから始まり、マフィンやパウンドケーキなどを作っているのですが、最初に室温に戻したバターと砂糖を混ぜる作業ってよくありますよね? そのときに大体道具としてレシピに出てくるのが泡だて器・・・私これが嫌いなんです(泣) バターもかなり溶けたような状態ならいいんですが、少し固め(でも室温にはしっかりもどしてある)だと泡だて器のワイヤー?の中に全部入り込んでしまって何度もほじくって出さなくてはならないとか、最後にワイヤーに付いた材料をスプーンとかでそぎ落とすのが面倒とか・・・。 私はもっぱらゴムべらでしゃかしゃかかき混ぜてます。 これって普通のことで皆さん何度もほじくっているのかしら・・・それとも何か原因があるとか? ちなみに私が使っているのは、たぶん何年も前に100均で購入した超安物泡だて器です。 これを機にいいやつに買い換えようかなあ・・・でも結局同じことならどうしようかな〜と悩んでいます。 お菓子作りの先輩方! どんな泡だて器をお使いですか? 私の悩みは解決するんでしょうか? ユーザーID: それはバターが硬すぎます。 冬は半日室温に戻したって使える柔らかさにはなりません。 レンジのお世話になるか(でも、これは最新の注意が必要)よほど暖かいところに置くか。 クッキーやパウンドの場合、目安はマヨネーズよりちょっと固めくらいです。 そして、泡だて器は100均のものはやはり使いにくいです。 メレンゲなんか泣きたくなります。 お菓子を作るなら、それなりのものを使ってみてください。 使い勝手のよさに驚くこと請け合いです。 さらに、これは安くてもいいので電動の泡だて器(ハンドミキサー)があると、ぐっと楽です。 お菓子つくりが楽しくなります。 ユーザーID:• 趣味・教育・教養ランキング• バターが固い トピ主さんが作っているお菓子は、バターを練って作るものが多いですよね。 バターの練りこそ頑張らないとできない、みたいな。 バターに関しては、みんな同じように、ワイヤーの中に入り込んだらその都度ほじほじしては柔らかくしていると思います(笑) 私は卵の泡立てには電動のものを使いますが、バターに関しては逆に電動だと面倒です。 バターを練るときは空気を含むように、という理由もあるようで、だから、しゃもじとかでなく泡だて器なんだと思います。 硬い時はしゃもじでも、柔らかくなってきたら泡だて器に変えた方が、食感のよい生地ができるかもしれませんよ。 ちなみに、バターは硬いからと言って、変わりにマーガリンを使う人がいらっしゃいますが、これは栄養士さんに言わせると「とんでもない」そうです。 マーガリンは栄養学的に摂ってはいけないものだそうで・・。 今では病院でも一切出されていないと思います。 ユーザーID:• 私のやり方 BUBYさん、今後もお菓子作りをされるなら、是非とも「電動泡立て器」を購入してほしいです。 今はホームセンターやディスカウントショップなどで千円以下で売ってることもあります。 (上等の泡立て器よりはるかに安い!) 外国製(クイジナート等)の物よりパワーは落ちますが、基本的な性能は問題ないはずです。 パウンドケーキなどは、まずバターを白っぽくふんわり(空気を含んだ状態)するまで混ぜることが重要ポイントなので、道具はへらではなく泡立て器が適切なんです。 ワイヤーに入り込んだままになるのは、混ぜる時の振り切る力が足りないからなんです。 お菓子作りは腕力と時間の勝負ですから、そこで電動の力を借りれば最後の振り切りもできて一挙解決です!(笑) 電動があれば、力も手間も省けて段取りがはかどりますから、お菓子作りがもっと楽になってレパートリーも広がりますよ。 ユーザーID:• 泡立て器でなくてもOKでは? はじめまして。 長いことお菓子教室に通っているものです。 バターケーキを作るにあたって、バターのホイップはとても重要です。 泡立て器にからむの、やっかいですよね。 ポイントをいくつか・・・・・ 1 やはり道具は良いものを使った方が楽です。 ワイヤーが多く、握り部分のしっかりしているもの。 更に、ボウルと大きさが合っていた方が良いです。 (一般的に、ボウルの直径と泡立て器の長さが同じ位が良いと言われていますが。 2 室温のバター・・・ この季節の室温・・って、実は泡立てるには、低すぎるのです。 指がすっと入る位のやわらかさになっていれば、そんなにからまないと思います。 分量のバターを薄く切ってボウルに貼り付け、暖かいところに置いておくと、早くやわらかくなりますよ。 もし、発酵機能つきオーブンをおもちでしたら、低温に設定して、しばらく入れておいてもいいですね。 バターがたっぷり入った手作りのお菓子、ほんとに美味しいですよね。 これからも楽しんでお作りください。 ユーザーID:• お気に入り まず100均の泡だて器はそれほど丈夫ではないので、 ちょっと卵をかき混ぜたりするには良いですが、 本格的にお菓子を作るには向いていません。 やっぱりもう少し丈夫なもの、 そして使うボールに見合うサイズのものだと、 作業効率が大幅にアップします。 形としてはデザイン性などに凝らず、 先端のワイヤー部分から円筒形の柄が伸びているものが 丈夫ですし様々な持ち方に対応できて使い易いです。 またバターのように力を加える作業には、 ワイヤーと柄の境目辺りを持つと良いです。 それからバターは冷たい状態だと混ぜ難いので、 しっかりと室温に戻す必要があります。 簡単なのは分量のバターをラップで包んで、 手の温度を伝えながらこねます。 これなら中心までムラなく柔らかくなります。 泡だて器の中に詰まってしまうのは、 事前にバターを柔らかくしておけば大分ましです。 それでも中に詰まったら、 泡だて器ごとボールの底に叩きつけます。 振り回すと周りに飛び散るので、 泡だて器を垂直に立てそのまま下に落とすと良いです。 少々残るのは気にせず混ぜて大丈夫です。 砂糖などが入れば自然に詰まらないようになります。 ユーザーID:• エクボができる固さ その作業、メロンパンのクッキー生地を作る試験で何度もやりましたが、バターを室温に戻しただけでなく、ラップで包んだ上から押すと、軽くエクボができるほどの固さまで待たなければダメです。 ぐっと押すと、ぐにゃっとなる固さででなければ、ホイッパーでほぐれないと習いました。 もう少しの辛抱だったわけです。 パウンドケーキなどを作る時、フードプロセッサーのメタルプレードでこのバターを柔らかくしてお砂糖を混ぜる作業をやらせても出来ますが、けっこう長く時間をかけ、様子を見ながらの作業だったように思います。 途中で止めてスパチュラで何度も立て直します。 この部分がケーキ作りのヤマ場なので、後は混ぜていくだけでラクですが、コツさえ掴めばどうってことないです。 練習を重ねることです。 ユーザーID:• すり鉢とすりこぎ 自分のトピを見つけられずにいたのですが、こんなにたくさんの方にアドバイス頂けていたなんて! 本当にありがとうございます! 結局のところ、ハンドミキサーを購入しました。 というか、今届くのを待っています。 その他にも、いろいろな道具を注文したので、これからは思う存分お菓子作りを楽しもうと思っています。 泡だて器の中にバターが入り込んでしまう原因も、室温に戻すのが自分では十分だと思っていたのを無理やり泡だて器でかき回そうとしたからだと思います。 先日レンジで様子を見ながらしっかりやわらかくして混ぜ、アドバイス頂いた通りに回すのではなく横にかしゃかしゃ動かしたところ結構うまくいきました! 泡だて器も100均ではなく、ハンドミキサーの様子も見ながらそれなりのものを購入しようと思います。 まだまだ完璧!と呼べるようなケーキやクッキーにはなっていませんが、がんばります! ユーザーID:• うちでは冷蔵庫から出して一晩でバッチリですが.

次の