スズキ kei。 【みつかる!90台】Keiワークス(スズキ)

Keiワークス(スズキ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

スズキ kei

搭載されるエンジンは、オールアルミ製の660cc 直列3気筒DOHC12バルブユニット、可変バルブタイミング(VVT)機構付きエンジン(54馬力)と、インタークーラーターボエンジン(Sターボ:64馬力)の2種。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 フロアシフト式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは、ベーシックな「A」と充実装備の「Bターボ」(エアインテーク用ボンネット装備)の2種。 スポーツモデルに、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した「Keiワークス」。 Bターボは加えて14インチタイヤや電動リモコンドアミラーを装備し、4WDも選べる。 Keiワークスは、スモークガラス、フォグランプ、15インチアルミホイール、レカロシート、本革ステアリングを標準で装着する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンは、オールアルミ製の660cc 直列3気筒DOHC12バルブユニット、可変バルブタイミング(VVT)機構付きエンジン(54馬力)と、インタークーラーターボエンジン(Sターボ:64馬力)の2種。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 フロアシフト式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは、ベーシックな「A」と充実装備の「Bターボ」(エアインテーク用ボンネット装備)の2種。 スポーツモデルに、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した「Keiワークス」。 Bターボは加えて14インチタイヤや電動リモコンドアミラーを装備し、4WDも選べる。 Keiワークスは、スモークガラス、フォグランプ、15インチアルミホイール、レカロシート、本革ステアリングを標準で装着する。 ボディカラーの見直しがなされている。 今回、一部改良を行いフロントバンパー及びグリルに新しいデザインを採用するとともに、電動格納式リモコンドアミラーを標準装備するなど、スタイリングと装備を充実させた。 また、全車に新たな車体色とシート・ドアトリム表皮を採用、ヘッドランプマニュアルレベリング機構を追加するなど機能も向上させた。 搭載されるエンジンは、オールアルミ製の660cc 直列3気筒DOHC12バルブユニット、可変バルブタイミング(VVT)機構付き(54馬力)、中低速トルク重視型ターボ(60馬力)の2種。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 フロアシフト式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは、ベーシックな「A」と充実装備の60馬力ターボの「Bターボ」(エアインテーク用ボンネット装備)の2種。 Bターボは加えて14インチタイヤや電動リモコンドアミラーを装備し、4WDも選べる。 また、高出力スポーツ型ターボ(64馬力)を搭載した「Keiワークス」もラインアップ。 エアロパーツやローダウンフォルムを採用し、スモークガラス、フォグランプ、15インチアルミホイール、レカロシート、本革ステアリングを標準で装着するモデルとなる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンは、オールアルミ製の660cc 直列3気筒DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング(VVT)機構付き、60馬力の中低速トルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型の2種のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 フロアシフト式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは、ベーシックな「A」と充実装備の60馬力ターボの「Bターボ」(エアインテーク用ボンネット装備)の2種。 スポーツモデルに、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力ターボの「Keiワークス」、袈装車としてワンメイクレースベース車となる64馬力の「KeiスポーツR」(2WD・5MT)も車種ラインアップされる。 Bターボは加えて14インチタイヤや電動リモコンドアミラーを装備し、4WDも選べる。 Aは、排出ガス中の有害物質であるNMHC(非メタン炭化水素)、NOX(窒素酸化物)を、平成17年排出ガス基準値に対して50%低減。 CO(一酸化炭素)も基準値をクリアすることで、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」車の認定を取得、Bターボは平成12年排出ガス規制値を25%以上下回る「良-低排出ガス」車の認定を取得する。 今回、Bターボ4WDモデルは、デアイサー標準装備としている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンは、オールアルミ製の660cc 直列3気筒DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング(VVT)機構付き、60馬力の中低速トルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型の2種のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 フロアシフト式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは、ベーシックな「A」と充実装備の60馬力ターボの「Bターボ」(エアインテーク用ボンネット装備)の2種。 スポーツモデルバリエーションとして、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力ターボの「Keiワークス」、袈装車としてワンメイクレースベース車となる64馬力の「KeiスポーツR」(2WD・5MT)も車種ラインアップされる。 Bターボは加えて14インチタイヤや電動リモコンドアミラーを装備し、4WDも選べる。 Aは、排出ガス中の有害物質であるNMHC(非メタン炭化水素)、NOX(窒素酸化物)を、平成17年排出ガス基準値に対して50%低減。 CO(一酸化炭素)も基準値をクリアすることで、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」車の認定を取得、Bターボは平成12年排出ガス規制値を25%以上下回る「良-低排出ガス」車の認定を取得する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンは、オールアルミ製の660cc 直3DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング(VVT)機構付き、60馬力の中低速トルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは、ベーシックな「A」と充実装備の60馬力ターボの「Bターボ」の2種。 また、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力ターボの「Keiワークス」、袈装車としてワンメイクレースベース車となる64馬力の「KeiスポーツR」(2WD・5MT)も車種ラインアップされる。 Bターボは加えて14インチタイヤや電動リモコンドアミラーを装備し、4WDも選べる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンはオールアルミ製の660cc 直3DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング(VVT)機構付き、60馬力の中低速でのトルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 自然吸気ユニットは「優-低排出ガス」、ターボユニットは「良-低排出ガス」認定を取得している。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4ATと5MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは54馬力のベーシックなEタイプと充実装備の60馬力ターボのN-1の2種。 エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力の「Keiワークス」、袈装車としてワンメイクレースベース車となる64馬力の「KeiスポーツR」(2WD・5MT)も車種ラインアップされる。 Eタイプにはカラード外装に装備が拡充されるAパッケージとBパッケージも選べる。 普通車や小型車のなかで主流になりつつあるSUVのコンセプトを、軽自動車にクロスオーバーさせたのがKei。 搭載されるエンジンはオールアルミ製の660cc 直3DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング VVT 機構付き、60馬力の中低速でのトルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4ATと5MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは54馬力のベーシックなEタイプと充実装備の60馬力ターボのN-1の2種。 その他、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力の「Keiワークス」、袈装車としてワンメイクレースベース車となる64馬力の「KeiスポーツR」 2WD・5MT も車種設定される。 Eタイプにはカラード外装に装備が拡充されるAパッケージとBパッケージも選べる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 UA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンはオールアルミ製の直3DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング VVT 機構付き、60馬力の中低速でのトルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD、フロア式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 特別仕様車「Eリミテッド」は、運転席・助手席SRSエアバッグ、エアコン(抗菌処理タイプ・エアフィルター付)、パワーステアリング、キーレスエントリー、パワードアロックなどを装備した「E」タイプに対し、さらに電動格納式リモコンドアミラー、スモークガラス リヤドア・クォーター・バックドア 、タコメーターを装備する。 搭載されるエンジンはオールアルミ製の直3DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング VVT 機構付き、60馬力の中低速でのトルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4ATと5MTが組み合わされる。 グレードは54馬力のEタイプと充実装備の60馬力のN-1、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力のKeiスポーツの計3モデル。 国際スキー連盟「FIS」とタイアップし、軽乗用車「Kei」、軽四輪駆動車「ジムニー」及び小型四輪駆動車「エスクード」に、特別仕様車「FISフリースタイルワールドカップ リミテッド」を設定した。 この大会のもつ自由で躍動的なイメージに合わせて、ルーフレールや専用部品等の装着によるスポーティーな外観と、上級仕様のステレオや専用シート表皮などによる特別感の高い内装を採用するなどし、ウインタースポーツを楽しむユーザーに向けて発売する。 普通車や小型車のなかで主流になりつつあるSUVのコンセプトを、軽自動車にクロスオーバーさせたのがKei。 搭載されるエンジンはオールアルミ製の直3DOHC12バルブ、54馬力の可変バルブタイミング(VVT)機構付き、60馬力の中低速でのトルク重視型と64馬力の高出力スポーツ型のインタークーラーターボ付きの計3ユニット。 自然吸気ユニットは「優-低排出ガス」、ターボユニットは「良-低排出ガス」認定を取得している。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4ATと5MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは54馬力の「Eタイプ」と充実装備の60馬力の「N-1」、エアロパーツやローダウンフォルムを採用した64馬力の「Keiスポーツ」の計3モデル。 袈装車としてワンメイクレースベース車となる64馬力の「KeiスポーツR」(2WD・5MT)も車種設定される。 Eタイプの駆動方式はFFのみで、エンジンは自然吸気ユニット。 他のモデルは2つの駆動方式に、各々のターボエンジンが組み合わされる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 LA-HN22S 658cc 5 5MT FF 4名 22. 搭載されるエンジンはオールアルミ製可変バルブタイミング(VVT)機構付き直3DOHCと中低速でのトルクを重視した直3OHCインタークーラーターボの2ユニット。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4ATと5MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードはEタイプとGタイプ、そして装備充実のお買い得モデル・21世紀記念スペシャルEX、ビレット調グリルなどでカスタマイズ感を演出したDJの4モデル。 Eタイプの駆動方式はFFのみで、エンジンは自然吸気ユニット。 DJはFFが自然吸気、4WDがターボユニットを搭載。 他のモデルは2つの駆動方式に、ターボエンジンが組み合わされる。 21世紀記念スペシャルEXとEタイプは5万円高で、これらの装備をオプション装着できる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 TA-HN12S 657cc 5 5MT FF 4名 20. 今回の一部改良では、ヘッドランプとフロントグリル、バンパーのデザインを変更し、外観イメージを一新するとともに、シート表皮の変更など内装の質感を向上させた。 搭載されるエンジンは、オールアルミ製可変バルブタイミング機構付き直列3気筒DOHCと中低速でのトルクを重視した直列3気筒OHCインタークーラーターボの2種類。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 ミッションは、フロア式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは「Eタイプ」と「Gタイプ」、そして装備充実のお買い得モデルの「21世紀記念スペシャルEX」。 全グレードともに2WDと4WDの駆動方式をラインアップするが、Eタイプの2WDモデルのみエンジンが自然吸気(NA)となる。 力強い走りをイメージしたスポーツデザインの「Keiスポーツ」もラインアップする。 普通車や小型車のなかで主流になりつつあるSUVのコンセプトを、軽自動車にクロスオーバーさせたのがKei。 搭載されるエンジンはオールアルミ製可変バルブタイミング機構付き直3DOHCと中低速でのトルクを重視した直3OHCインタークーラーターボの2種類。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 式のサスペンションに、フロア式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは「Eタイプ」と「Gタイプ」の2タイプ。 ともに2WDと4WDの駆動方式をラインアップするが、Eタイプの2WDモデルのみエンジンが自然吸気(NA)となる。 なお、「FISフリースタイルワールドカップリミテッド」は4WDモデルをベースにする特別仕様車。 街中での日常使用から遠距離ドライブまで幅広い行動範囲と、高い快適性、乗りやすさを追求した軽乗用車Kei。 今回の一部改良では、ヘッドランプとフロントグリル、バンパーのデザインを変更し、外観イメージを一新するとともに、シート表皮の変更など内装の質感を向上させた。 搭載されるエンジンは、オールアルミ製可変バルブタイミング機構付き直列3気筒DOHCと中低速でのトルクを重視した直列3気筒OHCインタークーラーターボの2種類。 駆動方式はFFとフルタイム4WD。 ミッションは、フロア式の4速ATと5速MTが組み合わされる。 リヤシートはリクライニング機構付きのシングルフォールディング・5対5分割可倒式。 グレードは「Eタイプ」と「Gタイプ」。 両グレードともに2WDと4WDの駆動方式をラインアップするが、Eタイプの2WDモデルのみエンジンが自然吸気(NA)となる。 力強い走りをイメージしたスポーツデザインの「Keiスポーツ」もラインアップする。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-HN11S 657cc 5 5MT FF 4名 20. 5ドアのみのボディ設定で、グレード展開は64馬力のツインカムターボを搭載するSタイプ、60馬力のシングルカムターボを搭載するXタイプ、Gタイプの計3種。 全タイプにFFと4WDがラインアップされる。 ミッションはFF、4WDともに5MTと4AT。 ただし、Sタイプに採用される4ATは、Dレンジで停車した時、自動的にニュートラル状態に近づけ、燃費消費を低減するニュートラル・スリップ制御機構付きとなる。 サスペンションはフロントがストラット、リヤが3リンク。 リヤシートは5対5のシングルフォールディング分割可倒式。 シングルだが、完全にフラットなラゲッジになる設計となっている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-HN11S 657cc 5 5MT FF 4名 20. 3ドアと5ドアの2タイプボディを用意。 グレード展開は3ドア、5ドアともに同一で64馬力のツインカムターボを搭載するモデルがSタイプ、60馬力のシングルカムターボを搭載するモデルがXタイプとGタイプの2種。 全タイプにFFと4WDがラインアップされる。 ミッションは5ドア系と3ドアSタイプが、FF、4WDともに5MTと4AT。 3ドアXタイプと3ドアGタイプのFFが5MTと3AT。 3ドアGタイプの4WDは3ATのみの設定。 サスペンションはフロントがストラット、リヤが3リンク。 リヤシートは5対5のシングルフォールディング分割可倒式。 シングルだか、完全にフラットなラゲッジになる設計となっている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-HN11S 657cc 5 5MT FF 4名 20. 3ドアと5ドアの2タイプボディを用意。 グレード展開は3ドア、5ドアともに同一で64馬力のツインカムターボを搭載するモデルがSタイプ、60馬力のシングルカムターボを搭載するモデルがXタイプとGタイプの2種。 全タイプにFFと4WDがラインアップされる。 ミッションは5ドア系と3ドアSタイプが、FF、4WDともに5MTと4AT。 3ドアXタイプと3ドアGタイプのFFが5MTと3AT。 3ドアGタイプの4WDは3ATのみの設定。 今回発売する特別仕様車「リミテッド」は、中低速で扱いやすく燃費の良いSiターボエンジンを搭載したXタイプをベースに、外観・内装を一層スポーティーなイメージとし、オーディオ、SRSエアバッグを装着したモデルとなる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-HN11S 657cc 3 5MT FF 4名 21.

次の

スズキ Keiの燃費

スズキ kei

yahoo. 13万キロだとしたら、それなりに不具合の出るころです。 およそISCVというアイドリングをコントロールする部品が悪くなると、アイドリングは安定しません。 各メーカーまちまちですが、およそ1万から3万円程度の幅が有ります。 スズキは小さな部品で安いけど、ダイハツはクーラントが回るから高いとかね。 とにかく情報不足ですので、最低限メーカーと車種くらいは書きましょうね。 スズキのkeiにも何種類かエンジンの種類があります。 まずF6Aだとして、加速中も不安定との事から、プラグコードの劣化が考えられます。 純正品で4700円にプラグ3本交換で症状が改善する可能性が有ります。 ISCバルブは27100円、エアバルブの不良だった場合、部品は2350円しかしません。 もう1つのK6Aエンジンだとして。 加速中の不良の一番怪しい点火系だと、イグニッションコイルが1個8000円で3個で24000円もします。 また、ISCバルブは24100円エアバルブは2350円 スズキの場合、ISCバルブが壊れることは少なく、そこをコントロールしてるエアバルブが悪くなることが多いです。 いずれにせよ、ディーラーへ持ち込めばすぐに原因の特定が出来るレベルだと思いますので、素直にディーラーへ持ち込んでみてください。 部品価格は全国共通ですが、工賃は指数は同じでも単価は変わってきます。 お近くのディーラーで確認する方がいいですよ。 ちなみにスズキの軽自動車にエアフロセンサーは使ってませんので、mtamihideさんの断言は意味不明です 笑 回答した人: 3e834ikqqrさん 回答日時: 2010-04-14 20:48 0• yahoo. 普通に走っていて止まると不安定になるのですね? たぶんスロットルボデーに付いているiscが作動不良起こしてると思います。 エンジンが温まっていてもアイドリングが不安定でエアコンのスイッチ入れると止まりますね? スロットルボデーを取り外して空気の通り道のカーボンの詰まり汚れを清掃すれば直ると思いますが、距離がノシテるからisc本体かも知れませんね。 自分で清掃やればクリーナー1000円でお釣りが来ます、此の場合工賃5~6000円くらいじゃないでしょうか。 普通工賃の基準は30分6000円前後です。 加速も不安定で信号待ちのときエンジンの回転数が不安定になりエンストするですね? 故障してるのはエアフロですね!断線やカプラーの接点不良でもなりますが、スズキ販売店に持って行って下さい。 販売店に同車種のエアフロ(中古)が有れば交換して調子を見れば直ぐに分かります。 修理も車が古いから中古品でと言えば安く済みます。

次の

【毎日更新】Kei(スズキ)の査定相場・買取価格なら【買取カービュー】

スズキ kei

No 型式 登録年月 排気量 ミッション 使用燃料 駆動方式 過給機 コメント エコシステム WLTC燃費 JC08燃費 10・15燃費 実燃費 1 HN22S 2006年04月 660cc 5MT レギュラー FF ターボ ワークス ベースグレード -- -- 19. 6~18. 6~17. 6~20. 6~20. 2~17. 2~19. 0~18. 5~21. 走行性能は、2WDにもかかわらず、雪道にも強い。 2年前の大雪で、新雪20cmの状態でスタッドレスのみで特に問題なく通勤できました。 軽ですが、ターボエンジンなので、一般的な加速については特に不満がありません。 小気味の良いハンドリングと相まって、片道16kmの通勤快速として活躍しています。 参考になった人: 1人 2015年09月19日 01時11分 分類:その他 投稿ユーザー: さん 総合評価: 2012年10月に、元々通勤用として中古で購入した14年式HN-22S N-1 Mターボ 2WD 5MT(購入時:走行18,000km)のレビューになります。 購入時はディーラーオプションが殆ど付いていない、いわゆる「どノーマル」でした。 それからヤフオクで安くパーツが手に入ることを知り、手始めにリアスポイラー、ワークス用の15インチアルミホイール、そしてKeiスポーツ用フロントバンパーと買っては付けを繰り返しました。 中古で購入時点でほぼ10年落ち、購入時に調べたら車検切れた後お店に約1年間放置されていたクルマですが、足回りやエンジンは快調で、安く手に入れた分色々弄って楽しんでいます。 マイルドターボはターボラグが小さく、曲がり角やカーブからの立ち上がりに不満を感じることはありませんが、あまりブン回し過ぎるとお財布に優しくないのはターボ車の宿命。 なお走行距離が少ないとはいえ経年車ですので、最初はショックアブソーバーのガスが抜けていて、標準のサスペンションもストロークが長いおかげでぽよんぽよんと不安な走りでした。 そこで2014年の車検時にショックをKYB New SR、サスをエスペリアのスーパーダウンサスに換装した所一気に安定した走りになり、高速道路での横風も恐怖を感じることはなくなりました。 経年車、10年落ちだけど安い中古車だからこそ、不満な所は弄って改善する楽しみがあります。 これから2005年式以降の後期型が安く出回ると思いますので、新車か中古車か迷う方は思い切って30万円台の良品中古を手に入れて、30万でガッツリ弄ってみるというプランを考えては如何でしょうか。 2015年8月に走行距離は5万kmを越えましたが、まだまだ弄って乗り続けたいと思っています。 中古で購入し2年たち走行も14万キロですが、エンジンは多少のオイルにじみはありますが絶好調・気持ちよくまわります。 ターボなしのATでも軽自動車とは思えないような加速です。 冬で平均12~13km/L、春から秋は15km/Lでエアコンを使用してもほとんど変化しないので不思議です。 他の方も記載されていますが今時の軽と比べると室内はせまいですが荷物は乗るし、車中泊もこなせるし良い車です。 MTならばもっと燃費が良かったと思うとちょっと残念です。 自動車メーカーの方には燃費重視のユーザーがたくさんおられると思いますからMT車を作り続けていただきたいです。 運転も楽しめますしね。 追記します。 中古で12万キロ購入でしたが、時折エンジンが始動しにくい時がありました。 ネットで参照しながら原因を探ったのですが、カムポジションセンサーを2ケ交換したところピタリと治ってしまいました。 またひどいオイル漏れはなかったのですが、プラグホールへオイルが混入しておりタペットカバーのガスケット交換を実施しました。 過走行車は多少手をいれておけばまだまだ大丈夫と改めて思いました。 比較的簡単に作業できますので、ご参考までに追記致します。 参考になった人: 2人.

次の