豆腐ハンバーグ肉なし。 豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

人気のおからハンバーグレシピ10選【ヘルシーでも美味しい!】

豆腐ハンバーグ肉なし

お肉なし豆腐ハンバーグは、お肉を一切使わない、お豆腐100%のベジタリアンハンバーグです。 ヘルシーなおかずをお探しの方はぜひお試しください。 豆腐が入っているのでふんわり、軽めの食感のハンバーグです。 お肉のハンバーグのような噛みごたえはありませんが、ちょっと食べ過ぎた日の次の日や、ダイエット中の方、お豆腐好きの方におすすめなレシピ! このレシピはこんな方にオススメ!• 豆腐が好きなベジタリアンの方• 豆腐で簡単な主菜を作りたい• お肉なしでヘルシーなおかずを作りたい お肉なしに加え、豆腐の水切りも不要です。 ひじきを乾燥のまま入れることで、豆腐の水分をしっかり吸い取ってくれるので、楽チン簡単です。 では、必要な材料と作り方を解説しますので、詳しくみていきましょう。 レシピご覧の方は下の方へスクロールしてください。 コンテンツ• お肉なし豆腐ハンバーグに使う材料 豆腐ハンバーグに使う材料はこちらです。 こちらは面倒な時は省いても大丈夫です。 パン粉を加える• 塩胡椒で味付けする• 大きすぎると、ひっくり返すときに形が崩れてしまうので、小ぶりなサイズにしてください• 焼き色が付くまで片面3分づつ焼きます 出来上がり! お皿に取り出し、お好きなソースをかけてお召し上がりください。 ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースや、醤油・みりん・酒で照り焼きソース、なんかもいいと思います。 献立づくり : 一汁三菜と色を食べる お肉なし豆腐ハンバーグをおかずに、献立を考えてみましょう。 献立を考える時は、 一汁三菜 汁物1品、ごはん、副菜ふたつ、主菜ひとつ 、色々な色の素材を入れることを意識するといいと思います。 サンプル献立:• ごはん• お肉なし豆腐のハンバーグ 白菜、しめじ、にんじん、インゲン、油揚げ、ひじき、大豆、アスパラガス、ゆで卵、豆腐、玉ねぎ、と全部で12品目含まれています。 色でカウントすると、 緑、白、茶色、黒、オレンジの5色!様々な色を食べることで、異なる栄養を取り入れられるので、栄養バランスがきになる方はちょっと意識してみてください。 まとめ さて、豆腐ハンバーグの作り方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? お肉が入っていないのに、食べ応えしっかり。 和食から洋食まで、調理プロセスの詳しい解説を含めたレシピを発信しています。 こんなレシピが知りたい、この素材ってどう使うの?など、ご質問があればお気軽に下のコメント欄より送信ください。

次の

冷凍豆腐!満腹感あるレシピ15選|まるでお肉!低カロリーで旨い!

豆腐ハンバーグ肉なし

まずは基本の豆腐ハンバーグの作り方 用意するのは普通の木綿豆腐で大丈夫です。 木綿豆腐のほうがしっかりとしているので、水切りしやすくておすすめです。 ではさっそくノーマルの豆腐ハンバーグの作り方を見ていきましょう。 2.豆腐にパン粉を混ぜて、ペースト状にする。 3.材料をすべて合わせて混ぜる。 4.粘り気が出てきたら、人数分に成形する。 5.初めは強火で焼き、焼き色がついたらひっくり返してホイルや蓋をかぶせて蒸し焼きにする。 6.ハンバーグを押してみて、透明な汁が出てきたら火を止めて完成。 簡単に作れるソースの紹介 ハンバーグを焼き終わったフライパンの肉汁が残っているところに、材料を足してもいいのですが、今回はもっと手軽にできる混ぜるだけのソースを紹介します。 【材料】 3人分 ケチャップ 大さじ2 ソース 大さじ2 この2つを器の中で混ぜ合わせたら完成です。 とっても簡単にハンバーグのソースができあがります。 器に盛ったら、豆腐ハンバーグのできあがりです。 豆腐が入っているのでふわふわとした食感で、ふっくらとしていておいしいです。 今回紹介したレシピはお肉が少な目なので、あっさりとしていて、まったくくどくないです。 2.ペースト状になるまでよくこねる。 3.成形できるぐらいの粘り気が出てきたら人数分に分けて焼く。 4.普通のハンバーグ同様、中に火が通れば完成。 かなり生地が軟らかいので、ひっくり返すときには注意が必要です。 初めに焼きに入る時に、やや強火で焼き目をつけておくのが失敗しないポイントです。 焼き目が付いてハンバーグの表面がしっかりと火が通っていたら、軟らかめの生地でも崩れることなくひっくり返せます。 究極!肉も卵も使わない豆腐ハンバーグ 最後に、肉も卵も使わずに作れちゃう豆腐ハンバーグのレシピを紹介します! 冷蔵庫を開けたら何もない!というような時でも豆腐さえあれば常備のもので作れるので覚えておくと便利です。 2.豆腐の水が切れたら残りの材料、調味料を加えて混ぜる。 3.成形できるくらいの粘り気が出たら人数分に分けて焼く。 4.普通のハンバーグのように両面焼いて完成。 肉も卵も使わずに豆腐ハンバーグが完成しました! 気になるお味は、はんぺんのようなイメージです。 下味で醤油を入れていますが、かけるのも醤油でOKです。 お好みでわさび醤油にしてもおいしいと思います。 しかし、玉ねぎのみじん切りが入っているので食感はしっかりハンバーグですよ! 肉がなくても「ハンバーグを食べたぞ!」という満足感を得られるはずです。 この肉なしハンバーグ、想像よりもおいしいですよ。 おかずはもちろん、一口サイズに成形しておつまみにもなりそうです。 お弁当の中に入れてみるのもいいですよね。 ぜひ一度試していただきたい新しいハンバーグです。 まとめ 簡単に作れちゃう豆腐ハンバーグの作り方やさらにはそれをベースとして、さまざまな材料がなくても作れちゃうアイデアレシピも紹介してみました。 豆腐が入っているとハンバーグがふんわりとしてとてもおいしいですし、ヘルシーに仕上がるので嬉しいことだらけですよね! 豆腐が入っているからといって、ハンバーグのうまみは損なわれずしっかりと満足していただけるお味です。 どれも簡単に作れるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!.

次の

人気のおからハンバーグレシピ10選【ヘルシーでも美味しい!】

豆腐ハンバーグ肉なし

お豆腐は木綿豆腐を使います。 しっかり水を切ったお豆腐をキッチンペーパーにくるみます。 軽く重しをして水分を抜きます。 一晩おくと、かなり弾力のある状態になります。 水分が抜けたお豆腐を使いやすい大きさに切ります。 ひとつずつラップにくるんで保存袋に入れて冷凍庫で冷凍します。 使うときは、この冷凍した豆腐を解凍して使います。 その時、しっかり水切りして使うのがポイントです。 凍らせることでそぼろ肉や高野豆腐のような食感になります。 冷凍豆腐は、1か月以内に食べきるようにしましょう。 また一度解凍させた豆腐を再度冷凍させることは避けましょう。 それでは、この冷凍豆腐を使ったレシピを紹介しましょう。 キャベツ、ニラはみじん切りにして冷凍豆腐は解凍してよく水を切ります。 キャベツ、ニラ 、水切りした冷凍豆腐、玉子、チューブのしょうが 、パン粉、醤油、ごま油、塩をボールに入れて均一に混ざるまでよく手で捏ねて餡を作ります。 餃子の皮のまわりにみずをつけて 餡を包みます。 油を入れたフライパンで餃子を焼き表面がきつね色になったら水を入れ蓋をしたら水分が蒸発するまで蒸し焼きにして出来上がりです。 肉を使ってないので低カロリーでダイエットにもおすすめです。 食物繊維の多いキャベツやビタミンE の豊富なごま油はお通じや美肌の効果もあります。 解凍後 水気をよく絞った冷凍豆腐1丁を崩してボールに入れます。 豚挽き肉 玉子 チューブの生姜とにんにく 片栗粉 味醤油 塩コショウを加えます。 これをよく捏ねたら4等分にして形を整えて フライパンで両面焼き色をつけます。 ここにレトルトのミートソースと水2分の1カップをいれます。 中まで火が通るまで煮込みます。 煮詰まってきたら 溶けるスライスチーズ乗せます。 蓋をしチーズが溶けたら出来上がりです。 煮込むことでしっかり味がつき淡泊なお豆腐もボリュミーになり満足感もあり節約にもなる料理です。 冷凍豆腐の水分を程よく切ります。 ボールで塩コショウと小麦粉を加えて良く練ります。 そこに枝豆を加えて、適当な大きさと形に整えます。 フライパンに油をひき中火の弱火で両面に焼き色を付けます。 レンジの500Wで1分半加熱し中まで温めます。 カットしたトマトにコンソメと水と少しの砂糖を加えて煮立たせます。 溶き片栗粉でとろみをつけたら、盛り付けたハンバーグにかけて出来上がりです。 疲れた時にも簡単に作ることができて、タンパク質も豊富。 トマトソースの旨みとの相性も良く、さっぱりとしながら美味しく頂けます。 冷凍豆腐は前日から冷蔵庫で解凍しておきます。 解凍してスポンジ状になった豆腐の水気をしっかりと絞ります。 ぽろぽろとしたそぼろ状になるまで崩します。 そこにツナ缶、小麦粉、調味料を加え、よく混ぜてタネを作ります。 フライパンに多めの油で、スプーンですくったタネを入れます。 こんがり色づくまで揚げたら完成です。 お豆腐とツナ缶を使ったお財布にもやさしい節約メニューです。 栄養面でもタンパク質がしっかり摂れて、女性にはうれしい大豆イソフラボンを摂れるのにも期待できそうですね。 大人も子供も大好きなナゲットは、夕飯のおかずにも、お酒のおつまみにもぴったりです。 鍋でココナッツオイルを暖めクミンシードを炒めます。 クミンシードがはじけてきたら、みじん切りの玉ねぎ、にんにく、生姜を加えよくいためます。 解凍した豆腐の水気をとり、ぼろぼろにして鍋に入れます。 次に、カレー粉、ケチャップ・醤油、水を加えます。 沸騰したら弱火にし蓋をして10分煮込みます。 最後に、グリーンピースを加え火が通ったら塩で味を調整してできあがりです。 挽肉を使わず動物性油の体への摂取を抑えるので、健康を増進しダイエットにも効果的です。 一味違うおいしい健康的なカレーなのでおすすめです。 冷凍豆腐を解凍ししっかりと水分をきっておきます。 スライスした豆腐を両面こんがりと焼き別の皿に取っておきます。 同じフライパンでピーマン、キャベツ、玉ねぎに火を通したら焼いた豆腐を戻します。 調味料を入れて味を絡め、ご飯を盛り回鍋肉を盛ります。 最後に温泉卵を乗せ出来上がり。 お肉の様なしっかりとした歯ごたえがあり、食べごたえも十分にあるためにダイエット中でも満足できる一品になる事間違いなしです。 水分を切った冷凍豆腐をボールに入れます。 そこに、みじん切りにした玉ねぎやひき肉と卵加えます。 さらに、塩コショウ、ナツメグをいれ混ぜ合わせます。 フライパンに油を引いたら形を整えて両面焼いて出来上がり。 大根おろしと照焼きソースで和風味などソースはお好みで。 冷凍豆腐を入れることで焼き上がりもふわふわのハンバーグになります。 まとめ いかがでしたか?豆腐はアレンジしやすいので、いろんなメニューが楽しめます。 ハンバーグだけでも、何通りものアレンジができますね。 ヘルシーですので、多少食べ過ぎてもカロリーが気にならないのはいいですね。 冷凍豆腐は、わざわざ作らなくても料理などで豆腐が余ったら冷凍しておいてもいいですね。 今晩の夕食のメニューに取り入れてみたはいかがですか?.

次の