私 も 同じ です 英語。 「〜についても同じことが言える」を英語で

「私も同じです」に関連した英語例文の一覧と使い方

私 も 同じ です 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 1• Weblio Email例文集 14• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 日本語WordNet 1• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 4• Tanaka Corpus 3• FreeBSD 1• Gentoo Linux 3• JM 13• PEAR 6• Python 3• XFree86 2• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 33• 官公庁発表資料• 特許庁 5• 特許庁 63• 経済産業省 1• 書籍・作品• O Henry『ハーレムの悲劇』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 1• John Stuart Mill『自由について』 2.

次の

ネイティブが使う「今同じこと考えてたよ!」 を英語で?

私 も 同じ です 英語

一言で収まるので、 とても便利ですよね。 そして簡単な反応ではありますが、 その後の会話が しっかり広がるワードです。 実は「私も!」という表現は 大きくこの2種類に分けられているのです。 」のフレーズも 使えるようになりましょう。 2単語だけで構成されるので、 非常に簡単で使いやすい言い方。 (私も!私たち砂糖中毒者だね。 ) ・I like action movies. (アクション映画が好きだな。 They are exciting! (私も!熱くなるよね!) ・ I love cats. (私はネコが大好きです。 (私も。 (私も東京出身です。 しかし、 場合によっては ふさわしくない表現。 実はこれは 「私もそうです」 という意味で使われる、 相手に同調するときの 定番のフレーズなのです。 したがって、 会話の中でこの文章単体では 使うことはなく、 相手の話を受けて 初めて使うことができるのです。 つまり、 使ったことで相手に失礼はない ということなのです。 例えば、 取引先とアポを取るときの こんな会話を想像してみてください。 I have a meeting. (明日の午前中は忙しいんです。 ・I drink coffee every morning. (毎朝コーヒーを飲みます。 (私もです。 でも、実は一つだけ 注意点があります。 相手の話を受けて、 微妙に形を変える必要があるのです。 英語で同意するときの表現方法についてもご紹介。 ・So do I. ・So did I. ・So am I. ・So was I. ・So have I. ・So would I. 先ほど紹介した 「注意が必要」というのは、 まさにこの真ん中の部分のこと。 これを相手の文章に合わせて 変化させる必要があるのです。 もしも相手が、 ・I loved pizza when I was young. 表現のコツは とにかく相手の発言の 「動詞か助動詞をそのまま使う」 という点です。 このポイントがつかめれば 素早く言葉に表すことが できるのではないかと思います。 否定形のときには注意が必要 次に、否定形の 「私も〜ではないのです」 という表現も見ておきましょう。 例えば、 「私はピザが好きではありません」 と相手が言ったとします。 そして、 あなたもピザが好きではない場合、 日本語では 「私もです」と答えますよね。 その理由としては、 相手の「〜ではない」という否定文に 同調しているためで、 正しくは 「私もそうではないのです」という 表現にしなければなりません。 (私もそうです) ・I have never eaten chocolate pizza. 口語で短く反応する時に 使われる英語表現なので、 良い文章ではないのです。 そのため文書上では 使われることはないでしょう。 では通常はどうやって 「私も」を表すのが適切なのでしょうか? Me too. Me neither. こう答えるのが 正しい英語とされています。 日本人からすると慣れるまでに ちょっと練習が必要そうですよね。 ただ一度身についてしまえば、 英語がより楽しくなるかと思います。 大切なのは、 その場で相手の会話に対して どれだけ瞬時に対応できるかです。 ですので、 日ごろから会話に対して反応できる トレーニングをしておくと 良いかもしれません。

次の

レストランで役立つ!「私も同じものを下さい」を英語で

私 も 同じ です 英語

アメリカに35年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 日本語でも同じフィーリングを伝えるのにいろいろな表現が状況によって使われていると同じように英語でもいろいろな言い方をそのTPOにあった言い方をします. また、文法的にも変わってきてしまう言い方もありますね. 私もよく使う、So am I. So do I, Either am I. Either do I. などはその人が言った文章によって、be動詞にするか、doにするかかわってきますし、また、その文章が現在形でなければ、同じ時制を使う事になりますね. A: I went fishing last week! B: Really? So did I!!! Where did you go? と繋がっていくわけですね. ちょっとめんどくさい事はめんどくさいですが、me tooのように、おかしな意味になるような事もないわけです. (この釣りに行ったという会話では問題なくMe too! はつかえますね. ) 状況などを言われた場合などは、same hereと言う言い方も使います. A: It's so hot here in Atlanta. B: Yeah, same here! (セントルイスに住んでいる人 また、 A: Jack, I just can't stand teenagers. Jack: Same here! またこのような状況でも、Join the crowd 仲間になれよ、ということなんですが、別にそのグループが実在するわけでなく、思っている事が同じだ、という会話的な表現なんですね. 普通悪く感じる事をいったときに使いますね. A: My wife has not cooked for a month now because she plays golf everyday and she gets tired she says!! So my dinner has been a Bigmac and Coke! おれのカミさんたらよ、もう1ヶ月も料理作ってくれないんだ、毎日ゴルフで疲れているって言う理由でね. おかげで、こっちは毎日の「晩餐」はビッグマックにコークだよ. B: Join the crowd! Same as my wife!! 同じだな. 俺のワイフも同じさ. また、少し畏まった言い方をする必要があれば、同じ意見です、と言うフィーリングのI agree with you とか、同じように感じます、というフィーリングのI feel the same. もっと強く、反対する余地はないね、というフィーリングで、I can't agree with you more. と言う言い方もしますね. as wellですが、それも、というtooによく似た使い方をしますね. それもついでに、というフィーリングも入っているんですね. 店員: What would you like? 何にしましょうか. A: Well, I will take this one, this one also, and that one as well. じゃ、これと、これもね、そして、せっかくだからそれももらうよ. しかし、私は、短い表現と言うものは英語としては覚え易いと思いますが、使うのは逆に難しいと言う事にもなりかねませんね. Me, too. の代りに、I do too. と相手が言った文章を受けて、省略した形にして、それにtooをつけるような、応用の利く表現と言う物も大切だと思います. これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 I agree. I agree with you. なんて良く使います。 直訳すればあなたの意見に賛成 となりますが、 私もそう思う みたいなニュアンスでも使います。 まあ会話にもよるのですが。 I think so too. も 私もそう思うな って感じですよね。 Me either, Me niether, nither do I, なんかは否定形の 私も同じく これもよく使いす。 でも一番良く使うのはやっぱり me too だとおもいます。 使い方はそのままです。 私も とゆうふうに。 I love icecreem. me too! といった感じに。 私も同じように なになに とゆう文なら話す内容によっていろいろ言い方があると思うます。 When I cook meat,I always put pepper and solt. I do that samething when I cook meat. ~ とか。。。 具体的な例を挙げてくれればその文に適した言い方を挙げられるかもしれません。 とにかくいろいろな表現がありますが、 会話の内容にもよりますのでたくさん会話をして、 学んでいくといいと思います。 私もまだまだです。。 me too について ちょっと横道にそれますが、必ずしも「わたしも」の意味ではないという例 A: 'I love you' B: "Me too" 一見、A 「きみを愛してるよ」B『わたしもあなたを愛してるわ』と思えるんですが、 実際は、A「きみを愛してるよ」B『わたしもわたしを愛してるわ!』になってしまいます。 同じように、'Nice to meet meeting you' に対して "Me too" では、 わたしもわたしに会えてよかったになるので、ここでは "you too" です。 (上の例は I love you, tooや It was nice meeting you, too の前の部分を省略したものと考えればわかりやすいと思います) A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 Q こんにちは。 いつもお世話になっています。 「~もまた・・・だ。 」という表現で「also, too, as well」は同じ意味合いですか?表現の内容によっては使い分けるのでしょうか? また、常に「tooとas well」は文末で用い、「also」は主語のあとに置くものなんでしょうか? 例1)彼もまたそう思っていた。 2 He was also thinking it. 3 He was thinking it as well. 2 Did you watch that movie as well? 3 Did you also watch that movie? 英語勉強中なので、分かりやすく教えて頂けると幸いです。 また、文法や表現の間違いがあれば指摘して頂けると私自身勉強になりますので宜しくお願いします。 こんにちは。 いつもお世話になっています。 「~もまた・・・だ。 」という表現で「also, too, as well」は同じ意味合いですか?表現の内容によっては使い分けるのでしょうか? また、常に「tooとas well」は文末で用い、「also」は主語のあとに置くものなんでしょうか? 例1)彼もまたそう思っていた。 2 He was also thinking it. 3 He was thinking it as well. どれが一番きれいな英文ですか? 例2)あな... A ベストアンサー まず、意味合いは大体同じような感じじゃないのかなぁ?、と思います。 敢えて言うならalsoは少し堅い感じがしてtooの方は口語的というか、それぐらいの違いしか意識したことはありません。 ただ、各副詞 句 の位置に関してはちょっと違いますね。 副詞というのは文全体・形容詞・動詞・一部の他の副詞などに対して修飾する語句ですので、文頭、文末、動詞の前 be動詞・助動詞がある時はその後 、修飾したい語句のそば、のようにそれだけ挿入位置に関しては幅があります。 これは別に自由に好き勝手に置いていいのではなく、何をどの部分を修飾したいのかによっても変わり得ます。 ・also 通常は「動詞の前 be動詞・助動詞がある時はその後 」に挿入されます。 主語の後というわけではありません。 また、意味の違いによる誤解が生まれる文章ではアクセントの有無に頼らないと区別できないことがあります。 例 He also went to China. 「彼"も"中国に行った」のか「彼は中国に"も"行った」のか分かりにくい。 質問者さんが示された例1でもheにかかってるのかitにかかってるのかと迷えなくもないですよね? この場合は普通はheの方だと思うでしょうが… しかし、例2などはまさにyouなのかmovieなのかどちらか紛らわしいですね。 ・too 文末 というか節も含むかな? に置くことが多いが、上記のalsoの時のような意味のはき違えがおこる時には修飾したい語句の直後に置きます。 例 He,too,went to China. とHe went to China,too. のように。 尚、カンマの有無について付けないこともあるようですが、書き言葉に於いて特に意味のはき違いを避けたい時にはつけます。 次のような例では必ず付けます。 例 He,too,often goes to China. カンマがある場合は「彼"も"しょっちゅう中国に行く」となり、ない場合は「彼はしょっちゅう中国に行き"すぎる"」となり文意がかなり変わります。 敢えて言うならalsoは少し堅い感じがしてtooの方は口語的というか、それぐらいの違いしか意識したことはありません。 ただ、各副詞 句 の位置に関してはちょっと違いますね。 副詞というのは文全体・形容詞・動詞・一部の他の副詞などに対して修飾する語句ですので、文頭、文末、動詞の前 be動詞・助動詞がある時はその後 、修飾したい語句のそば、のようにそれだけ挿入位置に関しては幅があります。 これは別に自由に好き勝手に置いてい... A ベストアンサー 他の方が回答されている内容でまったく問題ないと思いますが、あえて別の表現で。 You are very welcome always to visit Japan. こうすると「来てください」という命令形にならず「いつでも歓迎します」という感じになります。 具体的なスケジュールが決まっていないわけですからこの方がいい?かな... You'll be missed very much. これは We miss you very much. の受動態ですが私自身がアメリカから帰国する際に送っていただいた言葉で「なるほどそういう言い方もできるのか」と印象に残ったフレーズです。 他には定番ですが Keep in touch 「連絡くれよ」というのもありますね。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、 May happiness lead your life always. May your life be always fulfilled with Happiness. 最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ! と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います. そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、 I wish you be always filled with Happiness! アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。 囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました. Wish you be always filled with happiness. Wish happiness be always in you. Wish happiness be always with you. May God always fill your heart with happiness また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う... I will wait for you. どちらでも。 I will talk to you then. I wait for your call. or message いずれでも大丈夫です。 waiting for youだけを取り出すとリスクがある響きですが、ご指定の状況なら特に問題ありません。 不特定多数に対して waiting for you というとあらぬ誤解を招く事があります。 」・「オッケー」・「了解!」・「うん、いいよ。 」 的なやり取りで返事をしたい場合、 I see. All right. I got it. Yes, Yeah, 等の言い方がありますが、 一般的に良い使われ方や注意するべき不適切な用法とかありますか? 例えば日本語で上の例みたいな場合、 目上の方とかに「了解」は使わない方がいいって聞いたことがあったりしますが・・・。 また、普通なとき(ノーマルなテンション)と、くだけた時でなんとなく使い分けていたりしますが、そういうニュアンスであるとか。 (想定しているメールの相手は友人です) A ベストアンサー 注意点についてのご質問ですね。 「Alright. 」(「All right」は、ありがちなミススペル)などは目上の人に対しても友達に対しても使える無難な表現だと思います。 「I see. 」は「なるほど」ですから、必ずしも「賛成」という意味にはなりませんので注意。 つまり、「なるほど、それはそれとして聞いておくが、私は賛成できない」という意味も含みますので。 「ok. 」もそういうニュアンスを含む場合があります。 賛成の意などを表したいなら、もう一言付け加えておいた方が無難かもしれません。 「Yeah. 」は、わりと普通にみんな使ってしまいますが、きちんとした人は目上に対して使いません。 とかく国民性がカジュアルだと思われがちな米国の小学校に通っていた頃、先生に注意されたことがあります。 A ベストアンサー アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am watching the movie. 観ている I will see the movie. 見る経験を持つ予定 I will watch the movie. 観るつもり I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり 上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie. と言う感じですね。 確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね 、と言うフィーリングになるわけです。 I saw him. 彼を そのときの みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him. と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。 ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。 こう考えてもいいと思いますよ。 see a movie watch a movie は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now. などですね。 seeは見ると言う経験をする watchは観ると言う行為をする。 I saw the movie 見た経験・事がある I watched the movie. 観た I am seeing the movie now. 使わない (下を参照) I am...

次の