蜂蜜 血糖 値。 血糖值高可以吃蜂蜜嗎

血糖值高可以吃蜂蜜嗎

蜂蜜 血糖 値

牛奶中的蛋白質是高生物價的完全蛋白質,含有人體一切必需胺基酸,可以充分被人體吸收,用來修補、組成身體。 鈣質可以增強牙齒與骨質的密度,尤其在預防骨質疏鬆症這點上最為人所熟知。 除了礦物質,牛奶中的維生素也很多樣,像是維生素可以預防夜盲症,有抗氧化的功能,可以防止皮膚乾燥暗沉,使皮膚白晰有光澤;維生素能促進皮膚新陳代謝、滋潤肌膚、美容養顏、預防口角炎以及眼睛病變。 蜂蜜是由兩種單醣類的葡萄糖與果糖所構成,人體可以吸收,不用先分解為單糖。 除了葡萄糖、果糖,蜂蜜的成分中還有各種維生素、礦物質和胺基酸,不僅美味,另有抗氧化、抗發炎、抗菌等效果,既可食用,也可入藥,可謂液體黃金。 蜂蜜的主要組成成分中97%是碳水化合物。 蜂蜜之所以能入藥,主要是因其所含的植物抗氧化劑以及酵素。 根據實證,蜂蜜的功效有:幫助改善記憶功能、降低口腔黏膜炎發生率、有益心血管健康、調控血脂、緩解因感冒所引發的咳嗽症狀等。 蜂蜜有抗氧化、抗菌的特性,食用蜂蜜有助消除胃部問題並穩定腸道功能。 (二)消炎。 蜂蜜成分中有類黃酮和多酚,這兩個抗氧化劑可以對抗炎症並消除慢性炎症。 (三)改善失眠。 蜂蜜的糖分會增加血液中胰島素含量,並使血清素轉化為褪黑激素。 褪黑激素對睡眠來說很重要,量不足會導致睡不好、失眠。 蜂蜜中的葡萄糖、維生素、鎂、磷、鈣可以調節神經系統功能,緩解神經緊張,促進睡眠,而且不用擔心會有其他藥物所有的副作用,像是壓抑、疲憊、分神等。 (四)預防癌症。 蜂蜜中黃酮類等抗氧化劑以及其他營養成分可以預防某些癌症,還能緩解心臟壓力。 (五)消除疲勞。 在所有天然食品中,大腦神經原所需要的能量屬蜂蜜含量最高。 蜂蜜中的果糖、葡萄糖可以很快被身體吸收利用,改善血液中所含養分。 中醫認為,蜂蜜性味甘、平,歸脾、肺、大腸經,有補中緩急、潤肺止咳、滑腸通便的功效,對腹痛、乾咳、便祕等都很有療效。 中醫對蜂蜜的評價很高,指它是「草木精英,含露氣以釀成」,《本草綱目》中也說,蜂蜜有:「和營衛,潤臟腑,通三焦,調脾胃」等功能。 其他功效:滋補健身。 作法:將牛奶稍微加熱後加入蜂蜜即可。 牛奶能提供多種且豐富的營養素,是最均衡的天然食品。 除有品質良好的蛋白質,還有多量的維生素、礦物質,而且牛奶所含脂肪顆粒小,成高度乳化狀,易於消化吸收,可以作為熱量主要來源,為人體提供能量。 正因為牛奶的營養素豐富、功效多樣、價格便宜、方便取得,所以有「天然的營養聖品」之稱。 備註:• 便溏者、一歲以下嬰幼兒不要吃蜂蜜,蜂蜜也不要與生蔥一起吃。 糖尿病患者、凝血功能障礙患者、有服用調節血糖藥物或相關降血糖保健食品者以及抗凝血劑者需謹慎食用蜂蜜。 有缺鐵性溶血、消化道潰瘍病、膽囊炎、胰腺炎患者不宜飲用牛奶。 本文出自世茂出版《超級蔬果綠拿鐵》一書.

次の

蜂蜜會影響血糖嗎?認識蜂蜜與糖尿病的關係

蜂蜜 血糖 値

しかしメタボリックシンドロームとは何か、具体的に説明するとなると、少しとまどってしまうのではないでしょうか。 メタボリックシンドロームとは、お腹がぽっこり出る内臓脂肪型の肥満(厚生労働省の基準で、腹囲:男性 85 cm以上、女性 90 cm以上)に加えて、高血糖・高血圧・高脂血症のうちの 2 つ以上の症状が現れている状態をいいます。 高血糖・高血圧・高脂血症はそれぞれ独立して存在しているのではなく、すべてが肥満を土台としてつながっており、さらに根本の、氷山で言えば水面下に当たる目に見えない部分に、生活習慣の乱れによる体のエネルギー消費の不調があるからです。 生活習慣病に至る関門「インスリン抵抗性」 さて、このメタボリックシンドロームの初期に、「インスリン抵抗性」という、注意が必要な状態が見られます。 インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンで、摂取した食べものから血液に吸収されたブドウ糖を、肝臓、筋肉および脂肪の細胞に取り込ませたり、エネルギーとしての消費を促したりすることで、血液中の糖の濃度(血糖値)を低下させる働きがあります。 インスリンの働きによって臓器に取り込まれた糖は、ブドウ糖がつらなった形をしているグリコーゲンや、脂質の一種である中性脂肪として蓄えられ、最終的に、エネルギーとして活用されます。 「インスリン抵抗性」とは、このインスリンが効きにくくなっている状態のことです。 健康な状態や初期のインスリン抵抗性の状態のときには、空腹時の血糖値や食後の高い血糖値を下げるインスリンの力は正常ですが、長期に渡ってインスリン抵抗性が悪化した状態にあると、血糖値が上がってしまうだけではなく、糖・脂質などがうまくエネルギーとして使われず、体内に滞って、糖尿病や動脈硬化の進行を引き起こしてしまいます。 では、なぜインスリン抵抗性が起きるのでしょうか。 その原因として、過食や運動不足、そして肥満が挙げられます。 体内の脂肪の増加のほか、糖質の摂りすぎによって血糖値の高い状態が続くと、血糖値を下げようとインスリンの分泌が過剰となり、最終的にインスリンの効果が発揮されにくい状態であるインスリン抵抗性が引き起こされてしまうのです。 さらに、インスリンが過剰に分泌される状態が続くと、膵臓が疲れてインスリンの分泌量が減少し、糖尿病へと徐々に進行していきます。 したがって、メタボリックシンドロームを初期段階で予防するには、インスリン抵抗性の予防が効果的で、その方法としては、食事内容の見直しや日常的な運動のほか、食事による血糖値の急上昇をなるべく緩やかにすることが挙げられます。 これにより、インスリンの過剰な分泌を予防することができるのです。 アカシア蜂蜜は低 GI かつ低 II の食品だった! さて、ミツバチ産品の中で糖質をたくさん含む食品といえば、なんといっても蜂蜜です。 蜂蜜は糖質を約 80 %含んでおり 、その甘さを利用して様々な料理に使われています。 甘味の強い蜂蜜は、一般的に高 GI 食品と認識されており、実際に、百花蜂蜜を GI 値 87 の高 GI 食品とする報告があります。 しかしその一方で、ルーマニア産アカシア蜂蜜は、GI 値 32 の低 GI 食品であるとの報告もなされているのです。 つまり、蜂蜜は蜜源植物の種類によって GI 値が異なると考えられます。 もし低 GI の蜂蜜の種類がはっきりと分かれば、糖尿病を予防するために血糖値に注意している方が甘い料理を楽しむための一助となり、健康的で豊かな生活を送る上で、有意義な情報となるでしょう。 そこで山田養蜂場では、低 GI の蜂蜜の種類を特定するため、山田養蜂場の蜂蜜 4 種類(国産里山あかしあ蜂蜜、国産里山れんげ蜂蜜、ルーマニア産熟成アカシア蜂蜜、カナダ産クローバー蜂蜜)と、他社の蜂蜜 2 種類(A 社中国産レンゲ蜂蜜、B 社中国産・アルゼンチン産蜂蜜)を用い、それぞれの GI 値と II 値を調べました。 試験では、被験者 34 名を 6 グループに分け、それぞれの蜂蜜を、糖質に換算して 50 g分含む飲料を飲用してもらい、飲用前と、飲用後 30分、60 分、90 分、120 分の血糖値およびインスリン値を測定しました。 そしてその値と、代表的な糖であるブドウ糖を飲用したときの値とを比較して、GI 値と II 値を算出しました。 試験の結果、国産里山あかしあ蜂蜜とルーマニア産アカシア蜂蜜を飲用した場合に、上昇した血糖値とインスリン値が、ブドウ糖を飲用したときよりも速やかに正常値に戻ることがわかりました。 また、GI 値・ II 値ともに最も低い蜂蜜は国産あかしあ蜂蜜であり、次いで、ルーマニア産アカシア蜂蜜であるという結果になりました。 つまり、アカシア蜂蜜は、国産・ルーマニア産ともに低 GI ・低 II の食品であることがわかりました。

次の

蜂蜜の効能 糖尿病

蜂蜜 血糖 値

Sponsored Link 糖尿病とはちみつは意外にも関係が! 糖尿病対策に はちみつがおすすめです。 はちみつは、 ブドウ糖などに比べ食後の血糖値上昇を緩やかにしてくれるので糖尿病予防や対策に効果が期待できると言われています。 だから、糖尿病患者の糖の補給にブドウ糖に代わりはちみつを使用することもあるそうなんです。 糖尿病は、インスリンの働きに異常が起こることで発症する病気で 糖代謝の異常とも言います。 インスリンが、血液中のエネルギー源の血糖を体内へ運ぶ働きをしますが、 インスリンの分泌量が少なかったり働きが悪くなると、血液中の血糖が吸収できなくなり大事なエネルギーが体外へ尿として排出されます。 これが 糖尿病です! 糖尿病の基本療法は大きく分けると食事と運動で、 普段からこの2つを気をつけていれば糖尿病の予防や対策をすることが出来るそうです。 食事療法 炭水化物はブドウ糖になります。 ブドウ糖の摂りすぎは血糖値を急激に上昇させてしまうので 野菜などを先に食べたりして消化のスピードを緩やかにし血糖値の急上昇を防く。 運動療法 運動をすると体はエネルギーとしてブドウ糖を消費します。 糖尿病では血液中に多くの糖がある状態になっているので 運動をすることで効率よく糖を消費させる。 Sponsored Link はちみつが糖尿病対策や予防に? はちみつのカロリーは、100g約290kcalです。 大さじ1杯15gとすると約40kalとなります。 砂糖100g約390kcalです。 同じ分量でもはちみつの方がずいぶんと低いんです。 それに 低GI値のはちみつは血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。 砂糖3分の1の量で同じ甘さになるんですって! 普段、料理に使う 砂糖をはちみつに変えるだけで糖尿病の引き金 肥満 を予防できるのでリスクはかなり低くなりますよね。 栄養豊富でカロリー控えめ、さらに血糖値も砂糖よりは上げづらいはちみつですが、摂り過ぎればカロリーが過剰になり血糖値も上がるので注意しましょう。 はちみつ選びのポイントは… アカシアです! Sponsored Link アカシアはちみつだけが低GI値であると言われているので、できれば天然のアカシアはちみつを使いましょう。 ビタミンやミネラル、アミノ酸や有機酸、ポリフェノールやグルコン酸などが豊富に含まれているので。 疲労を回復させる はちみつは、単糖類なので体内に入るとすぐに吸収しエネルギーになります。 胃腸の負担も少なく効率良く栄養が吸収されるので疲労回復に効果的です。 また、はちみつはクエン酸との相性が良く疲労回復効果も上がります。 だから、はちみつレモンが商品になっているんです。 腸内環境を整える はちみつには、オリゴ糖やグルコン酸が豊富に含まれています。 オリゴ糖には、腸内で善玉菌を増やす働きがあるんです。 善玉菌が増えると便秘や下痢などの予防や改善に効果があります。 美肌にしてくれる はちみつには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 ミネラルの亜鉛には新陳代謝を活発にする働きがあるので、 肌代謝も促進し美しい肌の維持に効果があるんです。 さらに、美肌効果があるといわれているナイアシンも含まれています。 アンチエイジング はちみつには、強い抗酸化作用を持つポリフェノールやビタミン、新陳代謝を促進する亜鉛などが豊富です。 これらが 酸化を防いでくれるので老化を防いでくれるのです。 栄養価の高い食品なので、これだけの効果が期待できるんだそうです。 最後に 不思議に思うことがありましたので調べてみました。 よく糖尿病の人が具合悪そうにしてると、アメを舐めさせなくちゃ!と言います。 その理由は、薬の服用で血液中の糖が不足して低血糖状態になるからだそうです。 低血糖症になると怖いらしく命の危険さえあるんですって! 私は、えっ!糖尿病は、糖を摂っちゃいけないじゃないの?と思ってたから不思議でした。

次の