ぎえい らく。 瓔珞(えいらく)全話を日本語字幕付き動画で見る!ネタバレも

永楽食堂

ぎえい らく

ふぁんしゃんの部屋 なれなれしいハイランチャは威嚇しちゃう、俺の女宣言。 ハイランチャはふこうが心配。 確かに今のふこうの不幸は… 皇后の部屋 えいらくの入内に賛成とは余裕だね、面白がってるし。 純貴妃の牽制用ねえ。 そんなこと言って、いつまでそうやって静観してられるかな。 ま 見てなって 純貴妃の部屋 こちらも余裕発言かい。 メイクの人が上手いのか、3年でめっちゃ感じ悪い顔になってる。 愉妃、この人恩を忘れちゃったの?排除案まで献上して、…いや、これは何かある。 純貴妃も信用してないか、さすがにナーラン氏なんかとは違う。 悲惨な過去を知る者は避けたい、そうかな、悲惨な時に差し伸べられた手を忘れられる? 延禧宮 原題の延禧ってここからか。 予想通り、荒れた内部。 モチベーションだだ下がり ババーン!貴人登場。 おぉ= 眺めてからのー「みぇんりー」カリスマあふれる瞬間。 なのに、わきまえんなー琥珀、ダメだこいつ、明玉はさすが。 えいらくの部屋 怒る明玉 かわいいな前はムカついたけど&まるっとお見通しだ、さすがのえいらく。 琥珀配属まあまあの罠ね、地味にイライラ募りそう。 以前は皇后様の庇護下、そうだね、これからは慎重に。 延禧宮 こんな小者に悩まされるなんて。 限界来たらどうする?って、笑ってるよえいらく。 なんでなんで? 明玉、純貴妃の呪縛解けたか、よし、揃って復讐開始ー! 皇太后の寿康宮 画面の焦点合う前からもう笑えるわー、男装いえらく。 ふぁんしゃん忌々しげ、沼へようこそ。 さっさと去り際、メンズ挨拶ウケる。 変わり種は皇太后のお気に入り。 またまた悪く言うふぁんしゃん、悪あがきね、どこまで我慢できるか。 母の勘ではどう見えたかな。 ふぁんしゃん食事中 今日の札選びー、えいらく札選びたいのに選ばない、そんなあなたはあまのじゃく。 寿康宮 頻繁に会う作戦進行中。 ふぁんしゃん1ヵ月無視かい。 よく耐えてるなニヤリ 駆け引きネクストステージへ移行、えいらく、恋のエキスパートか! ふぁんしゃん部屋 かわいいほどにまんまとはまってるよふぁんしゃん。 散歩ねぇ 延禧宮 不遜琥珀、杖刑にされたいか。 ふぁんしゃんキィーック!この瞬間のえいらくの顔ったら! 俺の女をいじめていいのは俺だけ。 80回、死ぬかも、あら、助けないんだ貴人えいらく。 ふぁんしゃん!無礼を許してたのは作戦です!w 俺の対面~?言い訳はいいってばよ。 by 火影 お祝い?怒って帰っちゃったけど? うーわ、えいらくの策略怖っ! こうなるようにわざとだったんだ、琥珀踊らされてたのね。 嫌がらせ人事逆手、ふぁんしゃん完落ち寸前、スタッフ総ビビり、一石三鳥じゃん。 恐ろしい子…。 姫川 亜弓 寿康宮 ふぁんしゃん違うよ、それは浅はか女。 現れたよ心を奪う女子…、ナーラン氏、あんたじゃない。 城内通路 作戦めっちゃ効いてる、毎日会って突然会わなくなる、なるほどー。 お試しあれ 降りてきた明玉、高いところにいるってバカな真似なの? 屋上 まあ、いい感じにしつらえて。 ふぁんしゃん、そーっと触るのかー?…どついたw。 膝?ほっぺ?いや、ちょっと、ダメだ、恥ずかしすぎる。 再生ストーップ深呼吸 俺のすること全部が掟だぜ、すること…。 みんな一応下がったけども、ちょっとオープンすぎやしませんか。 そういう嗜好? 通路 明玉&ハイランチャ、うん、ほんとに、わかるように説明して。 なぜ泣く 巻き込んだ、えーっとこれは何かの計略? 抱きついたりして、まさかハイランチャを利用する? それはやめたげて 延禧宮 翌朝お祝い、目的に一歩近づけたことだけが嬉しいの?冷静えいらく。 皇后の部屋 朝のご機嫌伺い。 めんどくさいルーティン おバカなナーラン氏を筆頭にモラルを語る妃達。 妬んどるだけやろ 朝露集めデジャブ、Wゴマすり効果ね。 ニューヒロイン誕生を面白がってる皇后。 私は違うのよってか 後宮内どこか あれ、この人死んだんじゃ、妹って双子? 嘉嬪の部屋 重症作戦、私だって!って同じことして許されるかどうか、やってみ。 お疲れ様 延禧宮 「主はお留守さあ室内チェックするがいい作戦」絶賛進行中~!.

次の

らくえい

ぎえい らく

中国の数多くのアワードで 最優秀ドラマ賞等 36部門を制覇! 中国版エミー賞と呼ばれている 国劇盛典にも 4冠に輝く! ドラマ部門総再生回数が 180億回越えという人気ドラマ!! 清王朝の最盛期の時代に陰謀が渦巻く後宮で女官から皇后へと成り上がっていく 痛快歴史エンターテインメントです。 王朝内にある刺繍工場で働く女官の 魏瓔珞(ぎえいらく)は周りの人たちからの虐めをもろともせず、一生懸命働いていました。 何故王朝内で働き始めたかというと、それは宮中で殺された 姉の 死の真相を掴むため。 死んだ姉の遺品の中から皇后の弟、 富察傅恒(フチャふこう)の持ち物が見つかります。 瓔珞は犯人だと思い、傅恒への復讐の念を燃やします。 妃嬪たちの権力争いに巻き込まれていく瓔珞は、聡明さを皇后である 富察容音(フチャようおん)に認められ侍女へとなり、富察傅恒へと接近していきますが、段々と惹かれあっていく2人。 それと同時に 乾隆帝(けんりゅうてい)(愛新覚羅弘暦)からも好意を向けられていく・・・。 元々持ち合わせている正義感と頭の良さで数々の試練を乗り越えていきます。 それは宮中で 謎の死をとげてしまった姉の死の真相を突き止めること。 なぜお姉さんは死んでしまったのでしょうか・・・? 姉の死の真相を探っていくと、皇后の弟である 富察傅恒の持ち物が姉の遺品の中から見つかります。 瓔珞は一気に疑いの目を傅恒へと向け、 復讐してやろうと怒りを募らせます。 瓔珞は傅恒へとむけて疑いの目を向けます。 一方で妃や女官たちからも瓔珞の聡明さが妬まれ、 様々な虐めや陰謀が企まれます。 たとえ上の人であってもめげたり、泣き寝入りをしないことから首を絞められたり、沢山の女官たちに囲まれて脅されることもあります。 なんだか小学生のようなことをしていますね・・。 清王朝が280年続くのですが、その中で最盛期を築いた方です。 たくさんの妃嬪がいた皇帝として有名で、正室の富察と一緒に秀女を探そうとします。 そんな乾隆帝(愛新覚羅弘暦)も瓔珞の逞しさに 惹かれていき、 瓔珞を皇后の座へとのし上げてあげようと持ち掛けます。 瓔珞に後ろから抱きしめられて、乾隆帝もドキドキしています。 瓔珞からは姉の仇と疑われます。 瓔珞との逢瀬を重ねていく傅恒。 でも瓔珞は乾隆帝からも愛されている身です。 乾隆帝(愛新覚羅弘暦)から多くの愛を受けていましたが、 身ごもった子供を亡くしてしまい失意の底にいました。 また瓔珞の飛びぬけた聡明さに心を奪われ、 彼女を侍女へと昇格させます。 刺繍工房の女官だった瓔珞が皇后の侍女へとなっていくなんて・・・。 後に悲劇の皇后へとなる 悲しい運命をたどります。 同じ時期に嫁いできたはずの高寧馨のほうが位が高い貴妃として選ばれ、長い間乾隆帝(愛新覚羅弘暦)にお仕えしているのにまだ妃の位なのです。 輝発那拉淑慎は母親からも位が低いことから 家が繁栄しないと怒られます。 その上乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は紫禁城から輝発那拉淑慎がいる承乾宮(しょうけんきゅう)に顔を出そうともしません。 可愛そうな妃です。 乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は皇后と一緒に秀女を選んでいます。 年齢16歳の納蘭淳雪が現れ、あまりの 可愛さにハッと息をのみます。 あんなに可愛い女の子だからしょうがないですね。 すると納蘭淳雪の耳に 3つの耳飾りがついていることに気が付きます。 「その耳飾りは何なのだ?」と乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は聞くと、 祖先を忘れないように3つの耳飾りをつけるのはしきたりだと答えます。 その答え方が気に入った乾隆帝(愛新覚羅弘暦)は納蘭淳雪を 後宮の妃として迎え入れました。 なんとかして皇后になりたいがために、 自分の目障りになる人物は様々な手を使ってつぶしにかかります。 秀女選びの際に乾隆帝(愛新覚羅弘暦)からたくさんの寵愛を受ける皇后を目のあたりにしました。 あまりの嫉妬に高寧馨は怒り狂います。 高寧馨はとにかく悔しいのです。 私もこの寵愛を受けたい!!!と思っているのでしょう。 後宮の妃の一人。 皇后にどうしてもなりたい高寧馨と手を組んで、悪事を働いていきます。 その度に瓔珞から命を救われ、 瓔珞のことを信頼しています。 薬で堕胎させられようとしたり、首を絞められて殺されそうになったり高寧馨は様々なことを仕掛けてきます。 珂里葉特阿妍が皇帝の子供を身ごもったときも、なんとかして隠そうとします。 後に皇后と協力して 皇帝殺害の計画を企てるようになる。 紫禁城の太監で、瓔珞の刺繍に魅了されたことから瓔珞と仲良くなります。 傅恒とは仲が良く、友達です。 皇后の富察容音の侍女でお世話をします。 傅恒のことを憧れていますが、同じく富察容音の侍女になった瓔珞に対して ライバル心を燃やします。 皇后富察容音の侍女の一人。 瓔珞を演じたウー・ジンイェンは本作で熱狂的なファンを獲得し、中国のトップ女優の仲間入りをされました。

次の

永楽食堂

ぎえい らく

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」の劇中に何度も茶や菓子が登場します。 日本では見た事のない料理に興味が湧きました。 登場人物がおいしそうに頬張るお菓子や、腹を下してしまったお菓子、最低限の食糧として登場した料理などをピックアップしました。 芙蓉糕(ふようこう) 37話で瓔珞(えいらく)が明玉(めいぎょく)の額に練り切りを押し付けて「芙蓉糕(ふようこう)作りよ!」とからかう場面にて登場。 銀耳と蓮の実 36話で純妃(じゅんひ)が乾隆帝に贈った茶菓子。 宮入り前の富察皇后(ふちゃこうごう)が純妃(じゅんひ)に作ってあげるとすすめたのが銀耳。 本当は純妃(じゅんひ)は緑豆糕(りょくとうこう)が好物だった。 緑豆糕(りょくとうこう) 35話で少女時代の純妃(じゅんひ)が富察皇后(ふちゃこうごう)に食べたいと言ったお菓子。 三清茶 23話で登場しました。 乾隆帝が御花園(ぎょかえん)にて弘昼(こうちゅう)ら皇族に出したお茶です。 ブッシュカンや龍井(ロンジン)などを入れた茶です。 金瓜貢茶 22話で登場しました。 富察皇后は雲南の金瓜貢茶が好きでした。 鉄観音 22話に瓔珞(えいらく)が覚えている訪問客の茶として登場しました。 富察傅恒(フチャふこう)は鉄観音が好きす。 皇后は金瓜貢茶が好きでした。 バウルサク 18話で愉貴人(ゆきじん)が故郷の食べ物バウルサクを喜んで食べる場面がありました。 食べ過ぎて皇子に黄疸が出てしまいたいへんな騒ぎになりました。 実は高貴妃(こうきひ)が裏で糸を引いていたのでした。 元宵団子(げんしょうだんご) 4話で高貴妃(こうきひ)が食べていた餅。 瓔珞(えいらく)が好きでも無いのに欲しがる芝居をしました。 粥(かゆ) ドラマの中で「お粥」は繰り返し登場します。 赤ん坊の離乳食や病人食としてたびたび使われていました。 お粥の棗と砂糖を入れたものが永珹(えいせい)皇子に与えられました。 主人公の瓔珞(えいらく)は袁春望(えんしゅんぼう)にお粥を食べさせてもらいました。 また、水害に遭った避難民にも配られました。 饅頭(まんとう) 小麦粉を蒸したものです。 辛者庫(しんじゃこ)の太監や女官の食事として登場したほか、水害に遭った避難民に配られました。 果物 ドラマの中に、茘枝(レイシ)、葡萄、瓜などの果物が登場しました。 乾隆帝は葡萄と水を食べ過ぎて5回も便通があったそうです。 関連記事• 富察傅恒(ふちゃふこう) 富察傅恒(ふちゃふこう)は1722年に生まれ、1770年に没した清王朝の大臣・軍人です。 満州族出身の名門貴族です。 乾隆帝の第一皇后、富察氏の実弟です。 軍機大臣、大學士を務めました。 概要侍衛(しえい)を経て内務府大臣、戸部尚書、軍機大臣、保和殿大学士を務めました。 一等忠勇公を授かりました。 皇太子を補佐する太子太保、太保を務めました。 大金川の戦いで総指揮をとりました。 乾隆帝からは文忠の号を贈られました。 息子は嘉勇郡王に封じられました。 誕生傅恒は満州族の名門、富察族に生まれました。 戦争1747年~1749年 大金川の戦い(現在のアバ・チベット族チャン族自治州)。 1754年~1756年 内乱を鎮圧しました(現在のイリ・カザフ自治州)。 1768年~1769年 軍の最高司令官となりビルマへ侵攻し、戦に敗れて停戦を結びました。 逝去ビルマへの遠征から戻り、北京でマラリアにかかって亡くなりました。 家族父は李栄宝(りえいほう)です。 妻は那拉氏(ならし)です。 姉は乾隆帝の皇后、孝賢純皇后富察氏(こうけんじゅんこうごうふちゃし)です。 甥の明瑞は乾隆帝の義理の息子ですがビルマ征服に失敗し自害しました。 富察傅恒(ふちゃふこう)が登場するドラマ瓔珞(えいらく)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃富察皇后(ふちゃこうごう)の弟として侍衛(しえい)という皇帝の護衛役で登場します。 乾隆帝の弟、弘昼(こうちゅう)や海蘭察(ハイランチャ)の友人という設定です。 wikipedia. 爾晴(じせい)の姓は喜塔腊(ヒタラ)氏という実在した歴史上の一族です。 爾晴(じせい)を演じる役者さんの美しさに気になった人も多いのではないでしょうか?虚実が入り混じっているドラマですが、つい興味が出ちゃいます。 ここではドラマの重要部分をネタバレしていますのでまだ見ておられない方はご注意ください。 目次 概要喜塔腊氏喜塔腊(ヒタラ)氏は満州族の一族の姓で正白旗といって皇帝を輩出する上三旗のひとつです。 清王朝の時代は舅氏子、老娘家と呼ばれていました。 一族の始祖は昂果都理巴顔です。 昂果都理巴顔は尼雅満山に住んでいて7人の息子がいました。 息子たちの名前は都里金、那奇布、武特嘉、喜特庫、薩璧図、恩都理、叶成額です。 都里金の祖先はヌルハチの生母、宣皇后の父です。 宣皇后、來保、孝淑睿皇后、庫理、裕禄といった人物を輩出しました。 来保(らいほ)爾晴(じせい)の父、來保(らいほ, 1681年~1764年)は歴史上に実在する人物で喜塔腊(ヒタラ)氏の出身です。 来保(らいほ)は内務府に隷属し工部尚書、刑部尚書、礼部尚書、武英殿大学士、吏部尚書(前任者はドラマにも出て来る高斌)、軍機処、、文華殿大学士などを担当し内務府總管になりました。 字は学圃、諡号は文端です。 爾晴(じせい)爾晴(じせい)は架空の人物です。 來保の孫娘という設定で富察皇后(ふちゃこうごう)の奴婢です。 奴婢といっても高貴な身分なので劇中で高貴な貴族との縁談を乾隆帝から賜りました。 蘇青という1989年生まれの女優さんが爾晴(じせい)を演じています。 放送時に何と29歳でした!思ったよりお歳を召していましたね。 ドラマの35話で、乾隆帝は傅恒(ふこう)と身分が釣り合うように爾晴(じせい)の一族を上三旗の包衣(奴隷)から上三旗にして身分を上げたと語る場面がありました。 36話では結婚式の場面がありました。 福晋那拉氏実は、富察傅恒(フチャふこう)の妃は福晋那拉氏(ふくしんならし)という以外、記録に残っていません。 乾隆帝と私通があり福康安を出産したとか、清王朝始まって以来の美女… 儲秀宮(ちょしゅうきゅう) 儲秀宮(ちょしゅうきゅう) 写真はwikipediaから引用しました 儲秀宮(ちょしゅうきゅう)は現存する中国の紫禁城の中にある歴史建築です。 明王朝と清王朝の側室が占有する住居でした。 儲秀宮(ちょしゅうきゅう)が建てられたのは1420年の永楽帝の時代で当初は「寿昌宮」と名付けられました。 1585年に「儲秀宮」という名前に改められました。 1884年に西太后が大規模な改修を行いました。 中国ドラマ「瓔珞(えいらく)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」に登場する儲秀宮(ちょしゅうきゅう)。 ドラマの中では高貴妃(こうきひ)が住んでいました。 実際に乾隆帝の時代に長春宮に移る前の富察氏や、高氏、魏佳氏が住んでいました。 wikipedia.

次の